しごとのわ通信しごとのわ通信

第2回

『おカネの教室』絶好調です!改めてご紹介

2018.07.16更新

 こんにちは。「しごとのわ」編集部のアライです。

 2017年1月からスタートした、インプレスとミシマ社のレーベル「しごとのわ」。おかげさまでスタートしてから1年以上が経ち、これまでで9冊の本を発刊してきました。

 そして今年3月に刊行となった、現役経済記者・高井浩章さんの『おカネの教室』。なんと!発売4カ月で6刷を突破しました。

 おかげさまで多くの方から反響の声をいただいています。

0716-7.png『おカネの教室』高井浩章(インプレス)

 今回は、編集担当・アライが改めて『おカネの教室』の魅力を漫画でお届けします。

 この夏の課題図書に一冊、おすすめですよ!

0716-1.png

0716-2.png

0716-3.png0716-4.png0716-5.png

0716-6.png

著者・高井浩章さんからのコメント

なにより、読んでくださった方々から「面白い」「映画化してほしい」といった感想がたくさん届いているのが嬉しいです。「3回読みました」なんて読者もいて、人ごとのような言い方ですけど、愛されてる幸せな本だな、と。中高生から大人まで、経済に興味のある人も苦手な人も、あるいは単に面白い物語が好きな人も、どなたにも楽しんでいただける間口の広い本なので、できるだけ多くの人に手にとってみてほしいですね。

 本が生まれた流れも面白ければ、中身も面白いというこの一冊。親子でお金や経済のことを考えるきっかけにもなるような本です。

 「しごとのわ」レーベルでは、今後もいろんな目線で「仕事」のことを考える本を発刊していきます。

 次回は9月ごろ刊行になる予定。こちらもお楽しみ!

しごとのわ編集部

しごとのわ編集部
(しごとのわへんしゅうぶ)


「しごとのわ」とは?
仕事について考えるとき、成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。小さい輪でも大きな輪でも構いません。会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。切り離さなければ、輪はできます。仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いから、ミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げたレーベルです。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催します!

    MS Live! 制作室

    2020年の8月に初めて開催した「こどもとおとなのサマースクール2020 」では、全国から参加者が集まり、オンラインだからこそできる親密さのなか、生命力の高まる学びの場が生まれました(講座内容・開催のご挨拶はこちら)。参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました! そしてサマースクール から半年弱。この度、2021年の1月下旬に「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催することとなりました!

  • 料理と利他

    『料理と利他』の「はじめに」を公開します!

    ミシマガ編集部

    12月15日に発刊し、はやくも4刷りが決定した土井善晴さんと中島岳志さんの『料理と利他』。本日は、中島先生による「はじめに」を公開します。土井先生の魅力と謎、中島先生の考える利他とのつながり、などなど、本文を読みたくなる前菜というべき文章、どうぞお読みください!

  • 縁食から世界を変える(1)

    縁食から世界を変える(1)

    ミシマガ編集部

    お金の「円」ではなく、人と人、また人間以外のものとの「縁」をベースに「食」を考えなおした、藤原辰史さんの新刊『縁食論』。「縁食」のようなしなやかなつながりが、コロナ後の社会の鍵となる、とすでに多くの反響をいただいています。 そんな本書の発刊を記念して、『うしろめたさの人類学』の著者である文化人類学者の松村圭一郎さんとの対談イベントをMSLive!で開催しました。 松村さんが投げかける問いから、とてつもないスピード感でおふたりの思考が深まっていき、「縁食論のその後」のようなお話にまで議論が及びました。その模様を、本日と明日の2日間にわたってお伝えします。

この記事のバックナンバー

04月16日
第12回 不揃いでも少量でも。多彩で豊かな世の中を しごとのわ編集部
03月12日
第11回 「関わりしろ」をつくり、お客さんを主役にした売り方(2) しごとのわ編集部
03月11日
第11回 「関わりしろ」をつくり、お客さんを主役にした売り方(1) しごとのわ編集部
01月20日
第10回 響き合う、届け方 しごとのわ編集部
01月19日
第9回 特集 「ほどよい量」は、自分の動機で働く人たちから生まれる (2) しごとのわ編集部
01月18日
第9回 特集 「ほどよい量」は、自分の動機で働く人たちから生まれる (1) しごとのわ編集部
11月25日
第8回 「買う理由」がほしい しごとのわ編集部
11月11日
第7回 「つくりすぎない」理由 しごとのわ編集部
10月23日
第6回 番外編・布と型紙のお店クルール 高階百合子さん しごとのわ編集部
10月17日
第5回 「ほどよい量」を考える しごとのわ編集部
03月16日
第4回 『僕でもできた!「おもしろい」を仕事にする』発刊しました! しごとのわ編集部
11月17日
第3回 『まっすぐしなやかに働く しごとの「わ」術』発刊しました! しごとのわ編集部
07月16日
第2回 『おカネの教室』絶好調です!改めてご紹介 しごとのわ編集部
04月21日
第1回 「時間の裁量権」と「居場所」を考える しごとのわ編集部
ページトップへ