しごとのわ通信しごとのわ通信

第3回

『まっすぐしなやかに働く しごとの「わ」術』発刊しました!

2018.11.17更新

 もうすぐ、創刊から丸2年を迎えるレーベル「しごとのわ」。大ヒット御礼の『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』以来久しぶりの新刊が、昨日2018年11月16日(金)に発売になりました!

1117_1.jpg

『しごとの「わ」術』チームしごとのわ(インプレス)

 2年前、レーベル「しごとのわ」は、下記のようなコンセプトで立ち上がりました。


仕事について考えるとき、成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。小さい輪でも大きな輪でも構いません。 会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。切り離さなければ、輪はできます。仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いからミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げたレーベルです。

 10冊目となる今回、しごとのわ編集部が、その「輪」とは何なのか、もう少し踏み込んでお伝えしたい、と考えたところから本書は始まりました。

 会社にお手伝いに来てくれている学生さんや、大学で学生さんに教えている先生から、「バイト先から無理なシフトを入れられて、辞めたくて仕方がないのに、休みます、という連絡を入れることができない」「自分のミスのせいで、バイト先の社員さんが、上司に暴力を振るわれてしまい、社会に出るのがこわいと思った」といった話をきくことがときどきあります。

 少し極端な例と感じられるかもしれませんが、こういう気持ちの延長線上で、社会に出て、会社に入って、困惑している若い方たちが、ある程度の数、いるのではないかと想像されます。
また、そこまでではなくとも、自分が働いている会社のあり方に違和感をもったり、変わりゆく社会の中で、自分の働き方はこのままでいいのか、と不安に思っていたりする方も、いると思います。

 できれば「まっすぐしなやかに」働きたいけれど、どうしたものか、と動き出せずにいる。・・・大多数ではないかもしれないけれど、そんなふうに感じている方に向けて、本書は書かれました。

 変化が大きい時代に、成果や時間、お金だけを評価軸にするのではなく、のびやかに働くための指針となるような、何か。それは、ひとりの著者の方に「これこれこういうものです」と、理路整然と書いていただくものでは、おそらくなさそうでした。

 そこで、しごとのわ編集部のメンバーが、これまで出会ってきた著者の方々の言葉や、書籍からもらったヒントを持ち寄り、デザインとイラストを担当くださった大原大次郎さんと何度も打合せをして、インプレス編集部の意見も取り入れながら、文章を練り込んでいきました。最初は普通の文章だったのですが、だんだんと小説仕立てになってゆきました。

「あの人は上司だから」「あの人は気むずかしい人だから」ということにこだわって対立的に向き合ってしまうと、相手が「主」で自分は「従」、というふうに関係性が固定化してしまう。そうではなく、相手が上司であれ、目上の人であれ、同じ「わ」のなかに入って、同じ方向を見て協同的に働く。・・・何か逃れられない関係に閉じ込められているように感じている人は、自分で自分の檻をつくってしまっているのじゃ。

1117_2.jpg

 仕事をすればするほど、生命力が失われてしまうような状況は、やはり、おかしい。本書を読み終えた方が、日々の仕事をする中で、しごとの「わ」を思い浮かべて、これまでとちょっと違う感覚をもってくださったら、とても嬉しいです。

しごとのわ編集部

しごとのわ編集部
(しごとのわへんしゅうぶ)


「しごとのわ」とは?
仕事について考えるとき、成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。小さい輪でも大きな輪でも構いません。会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。切り離さなければ、輪はできます。仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いから、ミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げたレーベルです。

編集部からのお知らせ

大好評8刷! 「しごとのわ」の大ヒット作

0716-7.png

『おカネの教室』高井浩章(インプレス)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ