仲野徹×若林理砂 

第7回

仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう(2)

2019.03.07更新

 健康情報が氾濫している現代、「○○だけすれば長生きできる」「××しなければ病気にならない」といった言説が次から次へと登場しています。そんな中で、「(あまり)病気をしない」(仲野徹先生)、「いい塩梅をめざす」(若林理砂先生)、と"ほどほどの健康"をかかげる本を執筆されたお二人。とはいえ、西洋医学の最先端の研究を専門とする仲野先生、東洋医学の臨床スペシャリストの若林先生、「健康」や「医学」へのアプローチはまったく違います。
 果たして、それぞれが考える「健康」に共通項は見出されるのか? 仲野先生の歯に衣着せぬツッコミからスタートしたこの対談、会場の下北沢B&Bは、爆笑に包まれました。パワフル・ポジティブなお二人のお話、どうぞお楽しみください。

(構成:須賀紘也、星野友里、写真:岡田森)

■前編の記事はこちら

経絡ってないよね。医学的に。

仲野 中国4000年の歴史で、あ、ここは効くということでツボを考え出して、経絡があるというふうに導いたのはまあよしとしましょう。

※ 「経絡」・・・東洋医学において、気や血などの通り道と考えられているもの。体内の不調は、経絡を通じて経穴(ツボ)に伝えられる。反対に鍼や灸によってこの経穴に刺激を与えて病気をコントロールすることができるとされる。――(出典)ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「経絡」

若林 よしとしましょう。ありがとうございます(笑)

仲野 でも経絡ってないよね。医学的に。というか、解剖学的に。

若林 あれは医学的にはないんですよ。解剖しても見えないから、全身を結ぶラインがあるわけではない。というので、最近は経絡自体というのを、筋膜の表面にあるなんらかの硬結部位なんじゃないかと捉えていますね。

仲野 それがね、ぼくらやっぱりはじめに基礎医学を学んで「こうこうこうこうなってるから、こういう治療をします」という論理体系でいくわけですよ。それが「効くからいいじゃん」的に考えられると、ちょっと困る。むしろ、無理に経絡なんかを仮定する必要があるのかという疑問がわいてくるんですわ。そもそも経絡ってどういう経緯でできたものなんですか?

若林 経絡の起源は、気の流れとかは関係なく、「この辺りのライン上にツボが出やすいよ」っていうのから始まったみたいなんですよ。そこからだんだん、気の流れとかを絡めて考えるようになっていった。

仲野 最初は「このへん押したらきもちいいな」ぐらいだったんですね。僕はそのほうが腑に落ちますね。今の生命科学でいうと、たぶん、経絡なんかではなくて、高次脳機能で説明できる、というか、すべきような気がします。でも理屈がわかったところで、意味ないというたら意味ないですもんね。効きゃええんですから。

若林 そうなんです、結果的に効いているからいいだろうとしか言いようがないものなんですよね。

ツボにまつわるエトセトラ

仲野 温泉の脱衣所とかに、腎臓だの肝臓だの書いてあるいわゆる「足ツボ」が置いてあるじゃないですか? あれは経絡と関係ありますか?

若林 ああ、あれは鍼灸だと思われがちですが違うんです。あれは「リフレクソロジー」というもので、鍼灸とは全然別物です。リフレクソロジーはあるスウェーデン人が。

仲野 ちゃうんですか。

若林 あれね、作ったのは台湾に行ったスウェーデン人の宣教師なんですよ。謎でしょ?

仲野 「足ツボ」は好きな人多いですよね。

若林 多いです。私も「ここは腎臓ですよね?」とかよく言われます。そういうときには、「それは東洋医学じゃないからわかんないです」って言います。

仲野 またひとつ疑問が解けました。今日はむっちゃかしこなってきたなあ(笑)。逆子がなおるツボがあると聞いたのですが。

若林 6〜7割くらい治るというエビデンスを取っている人もいますよ。

仲野 効くんですねえ。あれはツボを刺激している間に逆子が動くんですよね? どういう仕組みで効くんです? 

若林 そうそう、エコーで見るとわかります。どういう仕組みで効くのか、不思議ですよね。だって足の小指の先端にお灸のせるだけなんですよ?

仲野 足の小指の先端? それは鍼ではなくお灸なんですか? 

若林 はい。至陰(しいん)のツボといいます。ここにお灸をすると、胎動が激しくなるんですよ。お灸で効くツボと、鍼で効くツボがあって、使い分けてます。

仲野 そうなんですか。またかしこなった(笑)。

病気をしない劇的な方法なんてない

仲野 この本でもうひとつ、いいことが書いてあるなぁと思ったのは、「若いうちから健康に気をつけなあかん」ということ。

若林 はい。

仲野 120歳まで生きようと思ったら、特にね。

若林 相当若いうちからじゃないと。

仲野 だいたい、気をつけ始めるのは、60歳ぐらいですよ。これでは手遅れなんです。本気で長生きしようと思ったら、生まれたときからアンチエイジングを・・・

会場 (笑)

仲野 いや、もうこうなったらアンチエイジングとはちゃいますけど(笑)。

若林 子どものうちからでも、よい生活習慣をつけようということですよね。仲野先生の『(あまり)病気をしない暮らし』も、同じことを書いてるなと思った。

0307_1.jpg『(あまり)病気をしない暮らし』仲野徹(晶文社)

仲野 この本は『(あまり)病気をしないくらし』というタイトルですけど、その具体的な方法についてはあんまり書いてないんですよね。だからインターネットのレビューに、「病気にならない方法が書いてない」みたいなことが書いてある。わかってる、っちゅうねん。

若林 でも「病気をしないくらし」というのは、結局「寝る」「食べる」「動くこと」に、しっかり気をつけることですよね。

仲野 そうなんですよ。たとえば国立がん研究センターがガンを防ぐために呼びかけているのは、「太りすぎず痩せすぎない」とか、「バランスを取った食事をする」、そのくらいのことなんです。つまり、病気をしない劇的な方法なんてないんです。
 若林さんのこの本で、早寝早起きとラジオ体操をすすめてるんですけど、私もまさにそれやってるんです。研究したり経験したりしてきたことは全然違ってるのに、たどり着くところは同じなんやとびっくりしました。不思議みたいな気がしますけど、まっとうに考えたらそうなるんかもしれんですね。

若林 本当にそうですね。

0307_2.jpg

(終)

 ・・・いかがでしたでしょうか。日常的に、西洋医学も東洋医学も、さらにそれ以外のさまざまな健康法まで身近にあって、多すぎる情報に惑わされがちな方も多いと思います。そんななかで、お二人のご著書は、シンプルに大切なことを教えてくれますので、ぜひこの機会にお手にとってみてください。

編集部からのお知らせ

仲野徹先生と増﨑英明先生によるトークライブが開催されます

 新時代の産婦人科界を牽引してきた増﨑英明先生に、ノンフィクションライターの最相葉月さんが、妊娠・出産の「そもそも」から衝撃の科学的発見、最新医療のことまで全てを訊いた『胎児のはなし』(ミシマ社刊)が話題沸騰中です。
 この本の刊行を記念して、仲野徹先生と増﨑英明先生によるトークライブが開催されます。博覧強記の医師2人による、初対談。
 おもろいこと間違いなし! ぜひふるってご参加ください。

◾️日時:2019年03月16日(土) 11:00~12:30(開場10:30)
◾️場所:枚方 蔦屋書店 4F イベントスペース
◾️主催:枚方 蔦屋書店/共催・協力:ミシマ社

若林理砂さんの「みんなのミシマガジン」新連載スタートします!

 今月3月15日(金)に、若林理砂さんの「みんなのミシマガジン」新連載、その名も「健康番長・若林理砂先生のバッチコイ!」がスタートする予定です。どうぞお楽しみに!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

この記事のバックナンバー

04月26日
第10回 佐藤友亮×平尾 剛「身体的生活」のすすめ ミシマガ編集部
06月18日
第9回 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(2) ミシマガ編集部
06月17日
第9回 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1) ミシマガ編集部
03月12日
第8回 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(2) ミシマガ編集部
03月11日
第8回 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1) ミシマガ編集部
03月07日
第7回 仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう(2) ミシマガ編集部
03月06日
第7回 仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう(1) ミシマガ編集部
01月10日
第6回 後藤正文×小田嶋隆 文章を「書く」ことについて(2) ミシマガ編集部
01月09日
第6回 後藤正文×小田嶋隆 文章を「書く」ことについて(1) ミシマガ編集部
10月30日
第5回 対談 坂本美雨×若林理砂 カラダが整うとココロも整う(2) ミシマガ編集部
10月29日
第5回 対談 坂本美雨×若林理砂 カラダが整うとココロも整う(1) ミシマガ編集部
09月28日
第4回 穂村 弘×丹所千佳 京都ワンダーランド(2) ミシマガ編集部
09月27日
第4回 穂村 弘×丹所千佳 京都ワンダーランド(1) ミシマガ編集部
08月30日
第3回 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(3) ミシマガ編集部
08月29日
第3回 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(2) ミシマガ編集部
08月28日
第3回 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1) ミシマガ編集部
08月24日
第2回 釈徹宗×細川貂々 ふたりの「人生の名著」(と、おすすめの本)(2) ミシマガ編集部
08月23日
第2回 釈徹宗×細川貂々 ふたりの「人生の名著」(と、おすすめの本)(1) ミシマガ編集部
04月14日
第1回 平川克美×安田登 その日暮らしの男たち(2) ミシマガ編集部
04月13日
第1回 平川克美×安田登 その日暮らしの男たち(1) ミシマガ編集部
ページトップへ