胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

第8回

胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

2019.03.11更新

 発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!
 3月2日、代官山 蔦屋書店にて、著者の増﨑英明先生と最相葉月さん、お二人揃ってのトークイベントが開催されました。胎児への愛が溢れて止まらない増﨑先生と、生命科学の取材に長く携わってこられた最相さんのお話に、会場のみなさんが、穏やかにそして真剣に耳を傾けていました。
 その様子の一部を、2日間にわたりお届けします。

(構成:中谷利明、星野友里、写真:池畑索季)

『胎児のはなし』が生まれたきっかけ

最相 さっそくですが、この本がどのようにして誕生したかをお話しさせていただきます。増﨑先生とは、昨年、下北沢の「ダーウィンルーム」で開催されたイベントに出させていただいた際に、『種の起源』の新訳をされたコーディネーターの渡辺政隆さんのご紹介でつなげていただきました。そのご縁で、増﨑先生から、長崎県の産婦人科医の方々が集まるシンポジウムで話をする機会をいただいて、そこで私はまったく産婦人科の世界とは関係ない、星新一の話をさせていただきました。そしてその後、増﨑先生によるご自身の今までのお仕事を振り返る内容の講演を拝聴したのですが、映像を見せていただいたときに、「胎児ってすごい!」「胎児医療ってこんなことになってるんだ!」と驚いたんです。
 私はクローン羊ドリーの誕生以来、生命科学をずっと取材してまいりました。進歩を続ける医療技術に対して非常に戸惑いを覚えつつ、こういう技術を受け入れていいんだろうかと、一ライターとしてそんな想いをずっと抱えていたのですが、先生の講演を聞いて、「あっ! 『胎児』『胎児』って言うけれども、肝心の当事者である胎児のことを自分は何も知らなかった」と気づいたんです。
 胎児について、今わかっている事実をきっちり知るということが、次に何かを考えるときの大事な手がかりになるはずだということを、そのときにとても強く感じました。それで後日改めて先生に、「ぜひ胎児についての本を作りたいのですがいかがでしょうか」ということをご相談申し上げたら、先生から「ではやりましょう」とお返事をいただきまして。それで始まったのがこの本でした。

生まれる前のほうがかわいい!?

最相 増﨑先生が産婦人科医になられてからの40年で技術が急速に進歩しました。先生が産婦人科医を始められたときと、今とで、一番大きく変化したことはなんだったんでしょうか。

増﨑 まぁ、胎児が見えるようになったんですね。それまでは見えないのが当たり前で、胎児というのは生まれてくるまで見えるものじゃなかったんです。最近では大きさもだいたいわかっていて、2500gと言われれば、2200か2800ぐらいの間で生まれるわけなんです。おおよそね。でも昔のことを思うと、「それで充分だったんじゃないの?」とは思いますね。「わかるようになって何が変わったの?」と言われると、たいしたことは変わってないです。「前のままでもよかったんじゃないの?」と私は思いますね。どうでしょうか? 最相さんは。

最相 「見える」というのはうれしいと同時に悩ましいというか・・・。

増﨑 まぁ個人的に言うとうれしかったです。胎児大好きなので。

最相 増﨑先生はですねぇ・・・、もう胎児フェチというか(笑)

増﨑 そう。生まれるまでは「かわいいね〜」と(笑)。本当に生まれる前のほうがかわいいんです。なぜだかわかりますか? 重力が弱いからですよ。生まれると目もほっぺたもダラーンとなる。生まれる前はピンッとしてるんです。
 1977年に初めて胎児を見てからハマったんですよ。その年は私が医者になった年で、妊婦さんにお願いして、当時、長崎大学病院に1台しかなかった超音波の機械でお腹の中を見たんです。それでめちゃくちゃ感動したんですね。「この丸いのが頭だ!」とね。お母さんはちっとも喜ばなかったですよ(笑)。

最相 それは今でいうエコーですか?

増﨑 そうですね。エコーですね。魚群探知機から発達したやつです。それで胎児にハマっちゃって。ハマらないといい医者にはなれないんですよ。頭だけで考えててもいいお医者さんにならないんですね。ハマるのが大事。

この40年で胎児は私たちの世界の仲間に入ってきた

増﨑 そういえばダーウィンは胎児のことはまったく書いてないんです。

最相 見えていなかったですからね。

増﨑 思いも及ばなかったんだと思うんですね。だから、この40年で胎児は私たちの世界に、仲間に入ってきたんだと私は思ってます。するとお医者さんは病気の子を見つけます。それが仕事だと思ってるんですね。病気の子が見つかると、「治したい」と思うんですよ。それは医者の本能なんです。それでまたいろんなことをやり出すんですが、それがよかったり、人を悩ましたり、いろんなことになっていくわけなんです。
 知らない頃のほうが「授かりもの」でよかったのか、あるいはわかるようになったからいいことになったのか・・・。それは人それぞれかもしれないし、100年くらい経って答えが出ることかもしれない。でも、今、現実にお母さんたちが悩んでることはきっといっぱいあると思うんですよ。それの代表的なのがDNAなんですよね。
 80年代頃にPCRというDNAを増幅する方法が出てきたときに、自分の血液を採って電気泳動っていうのをやったんですね。そしたら、Y染色体の部分がちゃんと出て、「あっ、自分は男だったんだな」と思ったんです。そしてしばらくすると、1997年くらいに胎児のDNAがお母さんに入ってきてるって話が突然出てきて・・・。性別診断ができるようになるんです。それも妊娠6週とかで。

最相 「男女産み分け」ですね・・・。

増﨑 そうなんです。

最相 この本はですね、結論が何かあるわけではなくて、「こんなことが起こっている」という事実をたくさんご紹介しています。「母体に胎児を経由して父親のDNAが入っているとして、じゃあなんなの?」ということを問う研究者の方もいらっしゃると思うんですけれども、もしそう思うなら「ぜひ調べてみてください」という期待を込めて(笑)。たぶん研究者の方も「こんなにまだいっぱい謎があるんだ」と刺激されると思います。

増﨑 そうですね。

最相 NIPT(新型出生前診断)もいま、メディアで取りあげられる機会が増えて、倫理的なことばかりが注目を集めていますけれども、もっともっと科学的に追求する研究が行われてほしいという希望をたくさん書いてます。

増﨑 そのほうがおもしろいと思いますね。めちゃくちゃ妊娠・出産というのはおもしろい! 「なぜ赤ちゃんは0歳で生まれるんですか?」というのをNHKのチコちゃんに聞いてほしいなって本当に思いますよ。

最相 あははははは!

0311_1.jpg

つづく

編集部からのお知らせ

(1)増﨑英明先生と仲野徹先生によるトークライブが開催されます

 新時代の産婦人科界を牽引してきた増﨑英明先生に、ノンフィクションライターの最相葉月さんが、妊娠・出産の「そもそも」から衝撃の科学的発見、最新医療のことまで全てを訊いた『胎児のはなし』(ミシマ社刊)が話題沸騰中です。
 この本の刊行を記念して、増﨑英明先生と仲野徹先生によるトークライブが開催されます。博覧強記の医師2人による、初対談。
 おもろいこと間違いなし! ぜひふるってご参加ください。

◾️日時:2019年03月16日(土) 11:00~12:30(開場10:30)
◾️場所:枚方 蔦屋書店 4F イベントスペース
◾️主催:枚方 蔦屋書店/共催・協力:ミシマ社

(2)長崎でも最相葉月さんと増﨑英明先生によるトーク&サイン会が開催決定!

 増﨑英明先生の地元・長崎でもトーク&サイン会開催が決まりました!はるばる最相葉月さんも駆けつけてくださることになり、著書のお二人によるイベントが実現。地元ならではのお話もあるかもしれません。この機会をお見逃しなく!
◾️日時:2019年4月6日(土) 14:00~(開場13:30)
◾️場所:アミュプラザ長崎 4階会議室(“居酒屋朝次郎“左通路奥)
◾️主催:メトロ書店/協力:ミシマ社

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

06月18日
第9回 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(2) ミシマガ編集部
06月17日
第9回 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1) ミシマガ編集部
03月12日
第8回 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(2) ミシマガ編集部
03月11日
第8回 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1) ミシマガ編集部
03月07日
第7回 仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう(2) ミシマガ編集部
03月06日
第7回 仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう(1) ミシマガ編集部
01月10日
第6回 後藤正文×小田嶋隆 文章を「書く」ことについて(2) ミシマガ編集部
01月09日
第6回 後藤正文×小田嶋隆 文章を「書く」ことについて(1) ミシマガ編集部
10月30日
第5回 対談 坂本美雨×若林理砂 カラダが整うとココロも整う(2) ミシマガ編集部
10月29日
第5回 対談 坂本美雨×若林理砂 カラダが整うとココロも整う(1) ミシマガ編集部
09月28日
第4回 穂村 弘×丹所千佳 京都ワンダーランド(2) ミシマガ編集部
09月27日
第4回 穂村 弘×丹所千佳 京都ワンダーランド(1) ミシマガ編集部
08月30日
第3回 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(3) ミシマガ編集部
08月29日
第3回 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(2) ミシマガ編集部
08月28日
第3回 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1) ミシマガ編集部
08月24日
第2回 釈徹宗×細川貂々 ふたりの「人生の名著」(と、おすすめの本)(2) ミシマガ編集部
08月23日
第2回 釈徹宗×細川貂々 ふたりの「人生の名著」(と、おすすめの本)(1) ミシマガ編集部
04月14日
第1回 平川克美×安田登 その日暮らしの男たち(2) ミシマガ編集部
04月13日
第1回 平川克美×安田登 その日暮らしの男たち(1) ミシマガ編集部
ページトップへ