語尾砂漠

第10回

イカ語尾という発明

2023.01.12更新

 犬は「だワン」、猫は「だニャー」、牛は「だモー」。
 マンガやアニメ、絵本などに出てくる動物は、流暢な日本語をしゃべりつつ、なぜか語尾に鳴き声をぶっこんできます。
 まるで、そうしないと自分のアイデンティティが保てないとでもいうように。
 いや、もともと犬や猫が日本語喋る時点でアイデンティティも何もあったもんではないのですが、意外とすんなり受け入れられているようです。
 日本語にとっていかに語尾が自由自在かを示す、象徴的な例のような気がします。

 もっとも、彼らはまだ「鳴き声」なので許せるのですが(別に私に許す権利も罰する権利もありませんが)、問題は「名前をそのまま語尾につける系」です。
 「象だゾウ」とか、「ワニだワニ」とか。マンガや絵本に出てくるゾウやワニは結構な確率でこんなしゃべり方をしている気がします。もはや鳴き声でもなく、ただ自分の名前(種族名?)を連呼しているだけ。これを「種族系語尾」と名付けます。
 そういえば小学生の頃とか、自分のことを名前で呼ぶ女子とかいましたが、あんな感じでしょうか。「ミユって、そういうのあんまり好きじゃないでしょ」みたいな。知らんがな。あと、ミユは種族ではありませんが。

 問題は、「種族系語尾」によって、発言に制限がかかるケースです。
 例えばカニは「そうじゃないカニ?」などと、語尾のせいですべてが婉曲表現になってしまいます。
 自分のアイデンティティを示すときですら、
「私はカニであるカニ?」
 と疑わなければなりません。もはや哲学的ですらあります。私は本当にカニなのか。そもそもカニとは何か。我思う、故に我あり。そういえばタラバガニはカニじゃなくてヤドカリの仲間なんだそうです。どうでもいいですが。

 くだらない前置きがやたらと長くなりましたが、今回ご紹介したい語尾は、そんな「種族系語尾」の中でも私が最高峰かつ極北だと思っているものです。
 それは「イカ」の語尾です。

 『侵略! イカ娘』という漫画(およびアニメ)があります。海底から地上を侵略せんとやってきたイカの化身? の少女が、なぜか海の家で働かされるというほんわかコメディなのですが、その「イカ娘」が、このような語尾を使うのです。

「そうでゲソ」
「そうじゃなイカ?」

 ポイントは、同じイカ発祥の語尾で通常文と疑問文の2つが作れること。これは革命的です。こうなるとほぼ、何でも表現することができるからです。

死のうと思っていたでゲソ。ことしの正月、よそから着物を一反もらったでゲソ。お年玉としてでゲソ。着物の布地は麻でゲソ。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていたでゲソ。これは夏に着る着物じゃなイカ。夏まで生きていようと思ったでゲソ。――太宰治『晩年』より

 語尾をカタカナにするだけでお手軽に種族を誇示できる「じゃなイカ」の語尾も秀逸ですが、やはり白眉は「でゲソ」でしょう。下っ端が使うことで有名で、かつ実際に使っている人を見たことがないことでも有名な、「でゲス」という語尾をほうふつとさせます。
 ちなみにこの「でゲス」という語尾は元々「でございます」から派生したとされており、江戸末期から明治初期は男性の使うごく普通の語尾だったようですが、いつの間にか下っ端感あふれる語尾となってしまいました。「でゲス」という語尾を使っていろいろやらかすトンチキなキャラが出てくる落語の影響じゃないかと思います。

 そして、この「イカ娘」というキャラクターは、わりと不憫というかすっとこどっこいなキャラクターなので、この下っ端感あふれる語尾がイカにもジャストフィットなのです。

 そのあまりの使い勝手の良さに、このアニメが放映されていた頃にはネット界に「イカ語尾」が溢れていたものです。
 私の携帯は今でも「じゃないか」と打つと、AIが勝手に「じゃなイカ」と変換しようとします。それを見るたびに、AIによる人類支配の日も近いんじゃなイカと思ったりします。

 ちなみにこの『侵略! イカ娘』というマンガが面白いのか、と言われるとちょっと困ってしまうのですが、アニメ化までされた理由はやはり「語尾」にあったのではないかと、私は思っています。
 イカに匹敵する、あるいはそれを超えてくる「種族系語尾」が現れる日は来るのか。楽しみに待っていたいと思います。

松樟太郎

松樟太郎
(まつ・くすたろう)

1975年、「ザ・ピーナッツ」解散と同じ年に生まれる。ロシア語科を出たのち、生来の文字好き・活字好きが嵩じ出版社に入社。ロシアとは1ミリも関係のないビジネス書を主に手がける。現在は、ビジネス書の編集をする傍ら、新たな文字情報がないかと非生産的なリサーチを続けている。そろばん3級。TOEIC受験経験なし。著書に『声に出して読みづらいロシア人』(ミシマ社)『究極の文字を求めて』(ミシマ社)がある。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月12日
第10回 イカ語尾という発明 松樟太郎
12月14日
第9回 語尾好きに優しい英語 松樟太郎
11月13日
第8回 ヨーダである、私は・・・ 松樟太郎
10月11日
第7回 「私たちはできます、はい」 松樟太郎
09月25日
第6回 ちむどんどんするさー 松樟太郎
08月18日
第5回 知られざる語尾戦争 松樟太郎
07月18日
第4回 本当の語尾砂漠 松樟太郎
06月21日
第3回 「ませんか」と「ぞなもし」 松樟太郎
05月18日
第2回 ゴワス 松樟太郎
04月21日
第1回 だョ 松樟太郎
ページトップへ