語尾砂漠

第4回

本当の語尾砂漠

2022.07.18更新

 この連載のタイトルが「語尾砂漠」になったとき、正直、思い付きのタイトルだったのですが、「本当に今は語尾砂漠の時代だなぁ」と改めて思ったりしたものでした。
 日本語における語尾の多彩さはこの言語の特徴の一つだと思うのですが、昨今、その多様性が徐々に失われているように思うのです。
 言語の地域性がなくなりつつある、というのも要因の一つですが、もう一つ見逃せないのが「フラット化」です。

 たとえば男女の性差のフラット化。以前は、女性は語尾に「わ」を付ける話し方をしていましたが、今では語尾に「わ」を付けて話す女性など、小説やマンガの中にしかいない気がします。正直、少し前であっても現実に「わ」をつけて話す女性を見たことがないのですが、都会ではもうそんな文化はとっくにすたれてしまったのでしょうか。語尾砂漠ならぬ東京砂漠。
 その一方で、女性が男性的な語尾を使うことも増えてきています。女性から「・・・だぜ」とか言われると、ちょっとおおっと思いますが、いまやそれほど珍しいことでもなく、かえって萌えたりします。
 まぁそんな変態的なあれは置いておいても、文字にしてしまえばその発言が男性のものか女性のものかがまったくわからないというのが、昨今の語尾事情だと思います。

 同様に、最近では職場でのフラット化が進み、上司から部下への言葉も「です・ます」などの敬語を使うのが一般的になりつつあります。
 呼称も役職など付けず、基本的に「さん」付け。呼称は全然いいのですが、私など男性の後輩にさん付けするのはどうしても躊躇してしまいます。でも、それが当たり前になりつつあります。

 その流れ自体はよいと思うのです。慣れていないことには慣れればいい。その一方でやっぱり気になるのが、語尾の枯渇です。そう、まさに語尾砂漠です。
 思えば昔の上司は、部下に対して思うままに語尾を操っていました。
 ちょっと無頼を気取る上司は「だぜ」なんていう語尾を使い、一方で親しみやすい雰囲気を出したければ「だね」などという語尾を、そしてあえて「です・ます」を使うことで、「公私をきっちり分けるエリートビジネスパーソン」色を出すことができました。
 まぁ、本当に自分が演出したい自分が部下に伝わっていたかははなはだ疑問ですが、少なくともそこには自己表現の自由があったわけです。

 あるいは、関西の人が普段は標準語なのに、部下に指導するときだけなぜか「やろ」なんて語尾を使ってみたりもできました。
「どう責任を取るつもりだね、チミ」なんていう語尾を使うことで、小役人っぽさを出すこともできました。いや、あれは語尾じゃないか。

 つまり、語尾とは上司が部下に対して発揮できるアイデンティティ表出の場であったと思うのです。
 フラット化によって、それができなくなってしまったのです。
 さらにいえば、飲み会なども気軽に開けなくなった今、上司は自分をどこでどうやって表現すればいいのでしょうか。
 昨今、ミドルクライシスという言葉が叫ばれています。ミドル世代が自分のアイデンティティを失っているのは、語尾の消失も影響があるのかもしれません。

 ということで、令和の昨今ではありますが、社内で「です・ます」を使わず、「・・・だぜぇ」みたいな妙な語尾を使っている上司がいても、笑って見逃してやってください。それはひょっとしたら、その人の最大限のアイデンティティ発揮であり、それなくしてはその人はメンタルが崩壊してしまうかもしれないからです。
 間違っても、「いまどき○ギちゃんかよ!」とか言わないでやってください。
 それが、日本の職場を救ったり救わなかったりするかもしれないのですから。

松樟太郎

松樟太郎
(まつ・くすたろう)

1975年、「ザ・ピーナッツ」解散と同じ年に生まれる。ロシア語科を出たのち、生来の文字好き・活字好きが嵩じ出版社に入社。ロシアとは1ミリも関係のないビジネス書を主に手がける。現在は、ビジネス書の編集をする傍ら、新たな文字情報がないかと非生産的なリサーチを続けている。そろばん3級。TOEIC受験経験なし。著書に『声に出して読みづらいロシア人』(ミシマ社)『究極の文字を求めて』(ミシマ社)がある。

編集部からのお知らせ

特別寄稿「声に出して読みたいウクライナ語」

『声に出して読みづらいロシア人』の著者である松樟太郎さんに、特別寄稿「声に出して読みたいウクライナ語」をご執筆いただきました。ぜひ、本連載と、松さんの著作と、合わせてお読みください。

記事を読みにいく

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『ええかげん論』、いよいよ明日発売です!!

    『ええかげん論』、いよいよ明日発売です!!

    ミシマガ編集部

    土井善晴さんと中島岳志さんの『ええかげん論』が、いよいよ明日10月15日に、リアル書店先行発売となります!(一般発売日は10/21)こちらの記事では、本書誕生の背景や、特典情報、読みどころをたっぷりご紹介します!

  • 「千利休」「茶の湯」を学ぶならいま!

    「千利休」「茶の湯」を学ぶならいま!

    MS Live! 制作室

    こんにちは、MSLive!運営チームです。 最近、雑誌やテレビ、新聞などのメディアで、「千利休」や「茶の湯」に関する特集が組まれていることをよく目にします。それもそのはず、今年2022年は、千利休の生誕500年という記念すべき年なのです! それまで日本で主流だった中国由来の喫茶とは異なる、日本独自の茶の湯を大成し、日本人の根底に流れる美意識にも影響を与えた「わび茶」という概念を提唱した人物として知られる千利休。千利休を知ることは、日本文化の原点を知ることと言っても過言ではありません。

  • 村瀨孝生さんに聞く「若者と介護」(1)

    村瀨孝生さんに聞く「若者と介護」(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人の大堀です。本日のミシマガは先月刊行した伊藤亜紗さん・村瀨孝生さんの往復書簡『ぼけと利他』から、わたしのように介護やケアにあまりなじみがない若い世代は、ぼけのあるお年寄りとどうかかわっていけばいい? という問いを知るべく、村瀨孝生さんにインタビューをさせていただきました。  ぜひ前編と合わせてお読みください。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

この記事のバックナンバー

11月13日
第8回 ヨーダである、私は・・・ 松樟太郎
10月11日
第7回 「私たちはできます、はい」 松樟太郎
09月25日
第6回 ちむどんどんするさー 松樟太郎
08月18日
第5回 知られざる語尾戦争 松樟太郎
07月18日
第4回 本当の語尾砂漠 松樟太郎
06月21日
第3回 「ませんか」と「ぞなもし」 松樟太郎
05月18日
第2回 ゴワス 松樟太郎
04月21日
第1回 だョ 松樟太郎
ページトップへ