本のこぼれ話

第1回

『日帰り旅行は電車に乗って』がテレビで紹介!

2018.04.26更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。

 リニューアル前の旧ミシマガジンで連載していた「関西は電車に乗って」が、タイトルを新たに『日帰り旅行は電車に乗って』として2018年3月に刊行になりました! 著者は細川貂々さんです。

0426-1.jpg『日帰り旅行は電車に乗って』細川貂々(ミシマ社)

 嵯峨野トロッコ列車、山陽電車、忍者電車、たま電車などなど、いろんな電車に乗って貂々一家が旅をするコミックエッセイ。

0426-2.png

 この、新緑がきれいな過ごしやすい季節にぴったりの一冊なんです!

 そして、関西で超人気の情報番組「ちちんぷいぷい」(MBS)にて、本日26日(木)の放送回でこの『日帰り旅行は電車に乗って』が取り上げられます。

*4/26追記 26日(木)放送と書きましたが、申し訳ありません!! いろいろなニュースの影響で日程が延びてしまいました...。また日にちがわかりましたらお知らせいたします!

*4/27追記 放送日が決定しました! 5日1日(火)の放送回で放送されます。

 著者の細川貂々さん、そして一緒に旅をしたパートナーのツレさん、息子のちーと君も一緒に登場。

 司会の西靖さんとともに、奈良県生駒市にある「生駒ケーブル」に乗っていますよ! 放送圏の方はぜひチェックしてみてくださいね。

0426-3.pngこれに乗ってます! 生駒ケーブルの名物、ブル号とミケ号

 さらに! 著者の貂々さんより、ぷいぷい特別マンガが届きました。
 「ちちんぷいぷい」ってなんじゃそりゃ? という方にも、届いてほしい、このお祭り感!

0426-1.png0426-2.png

0426-5.png

2年間このミシマガジンで連載をしていたものがまとまった本ですが、今回本になるにあたって改めて読み返して、「本当にいろんなところに行ったんだなぁ」としみじみ。私は生まれも育ちも関西なのですが、全然知らなかったことってほんまにたくさん。関西がよりおもしろく感じるようになりました。

阪急電車、京阪電車などのよく知られた電車から、水間鉄道、北条鉄道などの「知るひとぞ知る」な電車まで、全部日帰りで行けてしまう電車の旅をしています。すぐにでも行きたくなるところがいっぱい!

そして、はじめたころは小学2年生だった息子・ちーと君も今や5年生になり、この本は大事な2年間の成長記でもあったりします。
お出かけのきっかけにしていただいたり、子育てコミックエッセイとしても楽しい一冊になりました!関西圏以外の方もぜひ。

 
......この私たちのテンションの高さが伝わりましたでしょうか。

 もちろん、テレビで紹介されるのは嬉しいですが、何よりもとーっても楽しい本なので、多くの方の手にとっていただくきっかけになれば幸いです。素敵な休日のお供にどうぞ!

編集部からのお知らせ

『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』刊行記念 細川貂々さんサイン会

『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』の刊行を記念して、著者・細川貂々さんのサイン会を開催します。

電車に乗ってどこまでもお出かけする貂々さんご一家を描いた本書。
会場となるブックファースト阪急西宮ガーデンズ店さんの最寄駅、阪急電車の西宮北口駅も登場します!(通過するだけ、というのは内緒です)
サインにはかわいいイラストをおつけしていただけるほか、おみやげも。ぜひ、電車に乗って、お出かけください。

・日 時:2018年4月28日(土) 14:00-
・場 所:ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
(西宮市高松町14-2 阪急西宮ガーデンズ4階)

【ご参加方法】
ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店で『日帰り旅行は電車に乗って』をご購入のお客様に、整理券をお渡しいたします。サイン会当日は、整理券とお買い上げ書籍をご持参ください。
※すでにご購入の方は、お買い上げ時のレシートやポイントカードなどをお見せください。

【お問い合わせ先】
 ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
 電話:0797-83-1991

<イベント詳細ページ>http://www.book1st.net/event_fair/event/

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 数学の贈り物数学の贈り物

    数学の贈り物

    森田 真生

    昨日、二年ぶりに、熊本の長崎書店で「数学ブックトーク」があった。会場の「リトルスターホール」は書店と同じビルの三階にある居心地のいい空間である。窓の外では、クスノキたちが気持ちよさそうに葉を揺らせている。大きな窓から、あたたかな春の光が差し込む。二年前と同じ場所で、同じ光に包まれながら、僕は、公演前最後の準備を進める。

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

ページトップへ