『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』特設ページ

第2回

オリジナルCMができました

2020.09.18更新

こんにちは。ミシマ社京都オフィスのアライです。

『今日の人生』の発刊から3年半。第2弾となる『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』が、この秋10月10日に刊行となります。

楽しみだな~でもまだまだ先だな~と思っていたら、いつのまにか朝夕と涼しくなり、なにやら秋の気配・・・。第2弾が出るぞ!出るんです!わ~!と書店員さんをはじめみなさまにご案内をしていたら、あっという間に9月も下旬になりました。10月10日、言うてる間に、やってきます。

ということで勿体づけずに発表します。

『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』初版限定特典があります
なにが特典なのかは、ただいま制作中のため、また追ってこのページでご案内とさせてください。
増刷分からは特典はつきません。増刷分からは特典はつきません。(大事なことなので2回言いました)

全国の書店でご予約受付中ですので、買うなら特典付きを!という方はぜひ、ご予約お待ちしています。

jinsei2.jpg

今作の装丁も大島依提亜さんによるデザイン。カバーは益田ミリさんによる切り絵です。

今日はもうひとつ。

『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』が出ます!というお知らせ第1弾をするときに、簡単ながら告知動画をミシマ社で作成しました。

こんな動画です。読者の方からたくさん寄せられたご感想をもとにつくりました。

この動画をみた益田ミリさんから、「わたしもCMの脚本ひとつ考えてみていいですか?」とメッセージが。

えっ。

え・・・えええっっっっ!!!

ということで、益田ミリさんご協力のもと制作したCMがこちら!

益田ミリさんによる、完全書き下ろしです。
(ここだけの話、作業をしているときに、かわいすぎて何度も見惚れました・・・)

耳をすまして聴いてみると、うしろに音楽が流れているのがわかりますか?
なんと、この音楽も益田ミリさんによる作詞なんです。
作曲はミシマ社いちの音楽好き・タブチ。歌っているのはミシマ社のサトウ(こちらも音楽好き)です。

素敵な歌詞と、それにあわせて益田ミリさんが書き下ろしてくださったイラストをあわせた動画も近日公開予定です。

いよいよ刊行まであと1カ月をきった『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』。
発刊にあわせてのお楽しみや、いろんな試作を計画中です。

どうぞお楽しみに。

***

 ここでひとつお知らせです。
 「『今日の人生』、もう読んだ?」プレゼント企画の締め切りが迫っております!

『今日の人生』、もう読んだ? 感想大大大募集! 
抽選で益田ミリさん10月新刊『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』
プレゼント!(募集期間:8/20~9/20)

kansou.jpg

企画の詳細はこちら

 期間中に『今日の人生』のご感想をお寄せくださった方の中から抽選で10名様に、2作目新刊をプレゼント!という本企画。SNSや読者はがきでご参加いただけます。

 「もう読みました!」「感想も以前送りました!」という方も、あらためて感想ご投稿いただけましたら、ご参加可能です。ぜひご感想お寄せいただけますとうれしいです。

 ご投稿お待ちしております*

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ダンス・イン・ザ・ファームダンス・イン・ザ・ファーム

    珍しい日々 〜「ダンス・イン・ザ・ファーム」刊行に寄せて〜

    中村 明珍

    『ダンス・イン・ザ・ファーム』が、いよいよ明日刊行です。本日は著者の中村明珍さんに発刊までの日々についてご寄稿いただきました。たくさんのご縁と思いが詰まったこの一冊。記事の最後にアップされている動画にもご注目ください!

  • コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    ミシマガ編集部

     2021年1月に刊行した、建築家・光嶋裕介さんによる著書『つくるをひらく』。後藤正文さん、内田樹さん、いとうせいこうさん、束芋さん、鈴木理策さん、5名の表現者とともに「つくるとはどういうことか?」を考え続けた、著者の思考の軌跡が詰まった一冊です。  本書の刊行記念トークイベントの第1弾では、『縁食論』著者の藤原辰史さんと「あいだ」のつくり方、ひらき方についてお話しいただきました。そして、第2弾となる今回は、対談ゲストとして『人新世の「資本論」』著者・斎藤幸平さんがご登場! 人新世、資本主義、気候変動といった大きな問題に対峙し、「コモン」という切り口から、新たなコミュニズムのかたちを提示する斎藤さんと、「コモン」のつくり方、ひらき方について対談した模様を、今日、明日で掲載いたします!

  • 46歳で父になった社会学者

    『46歳で父になった社会学者』感想続々&刊行記念イベントのお知らせ

    工藤 保則

    3月に刊行した『46歳で父になった社会学者』、もうすぐ発売から1カ月を迎えようとしています。連日この本へ寄せられる感想がとにかく熱く、本日はその一部をご紹介します。

ページトップへ