『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』特設ページ

第4回

『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』本日10/10 発売日です!

2020.10.10更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。

 本日10月10日(土)、ミシマ社の新刊『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』が発売日を迎えました。2017年4月に刊行した『今日の人生』から3年半。みんなのミシマガジン上の大人気コミックエッセイ連載「今日の人生」の書籍化、待望の第2弾です。今回は、2017年3月〜2020年9月の「今日の人生」に、書き下ろし「ポーランドごはん」も加え、とっておきの一冊ができあがりました。

 まずは、担当編集の三島より。

◉担当編集より

 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されて以来、多くの人にとって生活のあり方が大きく変わったことと思います。もちろん私も例外ではありません。

 人との接触をできるだけ避ける日常は、やはりさびしく、物足りないものがあります。そして、昔を懐かしんだり、あるいは、今の生活に慣れようとするあまり、以前を忘れようとしてしまったり・・・。そうすることで知らず知らずのうちに、以前と以降の生活に価値付けをしてしまいがちです。

 けれど、どっちかがよくて、どっちがよくない、ということではないはず。そんな当たり前のことを、本書はまったく押しつけることなく教えてくれます。コロナ以前の生活をどうこう言う前に、日々が、日常が、ちゃんと自分の人生のなかにあった。毎日のちいさな出来事は何が起ころうとも、消えていったりはしない。その事実にやさしく触れることで、再び深呼吸ができるようになっていました。

 静かな傑作、だと思っております。レイアウト、造本の面でもいろいろ工夫がありますので、ぜひそのあたりも楽しんでいただければ嬉しいです。

(三島邦弘)

 「レイアウト、造本の面でもいろいろ工夫」とありますね。そうなのです。今回も装丁は、『今日の人生』『しあわせしりとり』『今日のガッちゃん』を手がけてくださった、大島依提亜さんにお願いしました。

 装丁ラフが出た段階で、色校が出た段階で、見本が届いた段階で、とにかくミシマ社の人たちはワーーキャーー声をあげていたわけなのですが、お風呂で読んでブヨブヨになってもいい用と、部屋の本棚に面陳する用の2冊買っちゃうぜ! というぐらいに、とにかくコミックエッセイの話の内容も、本としての存在感も余すところなく、いいんです。

 予定では、この場を借りて、ここはこういう仕掛けになっておりましてね・・・、『今日の人生』と『今日の人生2』では、ここが同じで、ここは違うんですよ・・・、これって実は・・・みたいな装丁にまつわるあれこれを言おうと思っていたのですが、言葉で説明する前に、実際に本屋さんでご覧いただいて、『今日の人生2』を読んでくださった人たちが、だんだん増えてきた頃に、そういう裏バナシを共有してワーーキャーー盛り上がれたらと思いまして、本日は、フォトギャラリーにいたします。

w201010-6.jpgw201010-3.jpgw201010-1.jpgw201010-9.jpg

w201010-4.jpgw201010-8.jpg

w201010-7.jpg

 ぜひ、お近くの書店で手にとってみてください。

 (ありがたいことにすでに2刷が決まっており、特典つきの初版分は、数が限られておりますので・・・お気をつけてダッシュください!)

(本日の文責:編集チームノザキ)

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

『今日の人生2』サイン本情報

全国約90書店さんでは著者サイン本も販売いただきます。
気になる方はぜひチェックしてみてください!
※お店ごと、数量限定ですのでご注意くださいませ。

詳細はこちら

 

前作『今日の人生』、好評発売中!

こちらも合わせてぜひご覧ください*

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ダンス・イン・ザ・ファームダンス・イン・ザ・ファーム

    珍しい日々 〜「ダンス・イン・ザ・ファーム」刊行に寄せて〜

    中村 明珍

    『ダンス・イン・ザ・ファーム』が、いよいよ明日刊行です。本日は著者の中村明珍さんに発刊までの日々についてご寄稿いただきました。たくさんのご縁と思いが詰まったこの一冊。記事の最後にアップされている動画にもご注目ください!

  • コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    ミシマガ編集部

     2021年1月に刊行した、建築家・光嶋裕介さんによる著書『つくるをひらく』。後藤正文さん、内田樹さん、いとうせいこうさん、束芋さん、鈴木理策さん、5名の表現者とともに「つくるとはどういうことか?」を考え続けた、著者の思考の軌跡が詰まった一冊です。  本書の刊行記念トークイベントの第1弾では、『縁食論』著者の藤原辰史さんと「あいだ」のつくり方、ひらき方についてお話しいただきました。そして、第2弾となる今回は、対談ゲストとして『人新世の「資本論」』著者・斎藤幸平さんがご登場! 人新世、資本主義、気候変動といった大きな問題に対峙し、「コモン」という切り口から、新たなコミュニズムのかたちを提示する斎藤さんと、「コモン」のつくり方、ひらき方について対談した模様を、今日、明日で掲載いたします!

  • 46歳で父になった社会学者

    『46歳で父になった社会学者』感想続々&刊行記念イベントのお知らせ

    工藤 保則

    3月に刊行した『46歳で父になった社会学者』、もうすぐ発売から1カ月を迎えようとしています。連日この本へ寄せられる感想がとにかく熱く、本日はその一部をご紹介します。

ページトップへ