『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』特設ページ

第7回

「益田ミリ『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』原画展示」開催中です! @未来屋書店碑文谷店

2020.11.16更新

 こんにちは、ミシマガ編集部です。
 10月10日に刊行した、益田ミリさんのコミックエッセイ『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』

9784909394415.jpg

『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』益田ミリ(ミシマ社)

 発刊から1カ月、読者の方からのご感想を続々いただいております(いただいたご感想の一部を、ミシマガジン上で紹介しております)。作品に描かれている益田ミリさんご自身の「今日の人生」に、時に共感したり、またクスッと笑ったりしながら、何度読んでも引き込まれます。

 そんな『今日の人生2』の原画の展示を、未来屋書店碑文谷店さんで開催しております。〈12月13日(日)まで〉

タイトルパネル案(確認用) (1)のコピー.jpg

 未来屋書店碑文谷店は東急東横線学芸大学駅から徒歩10分、目黒通りに面するイオンスタイル碑文谷店の5階です。以前からミシマ社コーナーを展開いただくなどミシマ社がお世話になっている書店さんです(ミシマ社自由が丘オフィスから自転車で10分とご近所でもあります)。

 イオンスタイルの5階につきましたら、エスカレーターのすぐ隣に、未来屋書店さんが見えます。上りエスカレーターでご来場される方は、降りてそのまま真っ直ぐお進みください。すると、原画展の看板と、益田ミリさんの本がずらっと並んだ本棚が目に入ります。

1116-3.jpg

 原画展はちょうどその看板の、カフェスペースを挟んだ後ろで展開されております。本日はその展示についてご紹介いたします。

展示内容

・『今日の人生2』原画!

IMG_20201106_164712のコピー.jpg

 『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』の原画を、本には収録されなかった原画も合わせて計8枚展示しております。未収録原画のストーリーをご覧いただけるのも、原画展ならでは!
 書籍は打ち文字になっているテキストも、原画ではミリさんの手書きの文字です。
 益田ミリさんがその手で綴られた「今日の人生」を、直筆の原画でぜひお楽しみください。

・益田ミリさん直筆イラスト

1116-5.jpg

 『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』の「今日の人生 ポーランドごはん」(p113〜124)にちなんだ、益田ミリさんによる本展示のための描き下ろしイラストを6枚展示しております!
 ポーランドの食べ物などを、益田ミリさんがカラフルなイラストでご紹介されています。その「ポーランドごはん」のイラストが鮮やかに額装されていて、心奪われます。

 そのほかにも、益田ミリさんが『今日の人生2』本文のレイアウトを考えるために制作されたダミー本や、この本のページを抜き出して制作した飾りも展示しております。

1116-6.jpgダミー本

1116-7.jpg

本の飾り

1116-8.jpg

展示は撮影OKです。
SNSで投稿される場合は、ぜひ「#益田ミリ今日の人生2原画展示」のハッシュタグも合わせてご投稿ください。

1116-9.jpg

作中に登場するがまぐちや猫やミリさんの飾りも散りばめられています

ポストカードの特典も!

20201106_165054484 (2).jpg  『今日の人生2』の帯にも描かれているブルドッグ。作中に登場するイラストの中でも、かなりの存在感を放っています。
 ミシマ社刊の益田ミリさんの書籍(絵本も含みます)をご購入いただいた方への特典として、このブルドッグが刷られた特製ポストカードを製作いたしました。
 ぜひ手にとっていただき、このなんとも言えない表情のブルドッグを見つめていただきたいです!

本の展開コーナー

 本の展開はお店の入り口、エスカレーターのすぐ隣です。

1116-11.jpg

 『今日の人生2』(現在はサイン本も!)はもちろん、益田ミリさんのコミック、エッセイ、平澤一平さんとの絵本、脚本と、ミシマ社から刊行の書籍を全て展開しております。
 書籍の展開と合わせて、ミシマ社の益田ミリさんの本の一節が綴られている「今日の一節おみくじ」(テイクフリー)や『今日の人生2』の書籍デザインの秘密のご紹介パネルもございます。

1116-12.jpgおみくじ

・ミシマ社コーナー

 益田ミリさん本コーナーのすぐ隣で、ミシマ社コーナーも展開中です。碑文谷店の書店員さんがオススメする『ど忘れ書道』や、近所自由が丘の本『自由が丘の贈り物』『自由が丘3丁目 白山米店のやさしいごはん』を始め、幅広く揃っております。

20201106_165123231 (1).jpg

***

 ご覧いただきましたように、『今日の人生2』の魅力をぎっしり詰め込んだ展示となっております。著者の益田ミリさんにご協力いただき、自由が丘から近所の碑文谷店さんでこの原画展示を開催できて、非常に嬉しく思っております。

 みなさまも是非、益田ミリさんが日常のふとしたシーンの数々を綴ったこの作品を、原画展でも体感いただけましたら幸いです。ぜひ足をお運びください。

益田ミリ『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』原画展示

日程 11/7(土)〜12/13(日)
会場 未来屋書店 碑文谷店(東急東横線 学芸大学駅西口徒歩10分)
住所 東京都目黒区碑文谷4-1-1 イオンスタイル碑文谷5F
営業時間 9:00~22:00

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

【11/30(月)まで】「おなみだぽいぽい原画展」@ニジノ絵本屋さん(東京都都立大学)

おなみだぽいぽい.jpg『おなみだぽいぽい』後藤美月(ミシマ社)

2017年6月に刊行した、後藤美月さんの絵本『おなみだぽいぽい』。じわじわと届き続けて、おかげさまで、先月、増刷をすることもできました。

そしてこのたび、ニジノ絵本屋さんで1カ月間、原画展を開催させていただくことになりました。言葉にしづらい気持ちが、この絵本に出会って楽になったという声をたくさんいただいているこの絵本を、今こそあらためて、多くの方に届けられたらと思います。

 原画はどれも本当に素敵です。また、『おなみだぽいぽい』にちなんだ仕掛けの展示やサイン本の販売もございます。足をお運びいただける方は、ぜひ直接ご覧ください。

 会場のニジノ絵本屋さんは、未来屋書店碑文谷店さんの最寄り、学芸大学駅の隣の都立大学駅の近くです。

 未来屋書店碑文谷店さんからは、最寄り駅の碑文谷五丁目バス停からバスにご乗車いただき、都立大学北口バス停で降りていただくと便利です。ぜひ合わせて足をお運びください。

ニジノ絵本屋さん原画展ポスター.jpg

展示概要

会場 ニジノ絵本屋
会期 2020年10月28日(水)~11月30日(月)
時間 12:00~18:00 ※火曜定休
会場アクセス 東京都目黒区平町1-23-20(東急東横線都立大学駅徒歩3分)
TEL. 03-6421-3105

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • いしいしんじが三崎に帰ってくる! 次の土日はいしいしんじ祭(1)

    いしいしんじが三崎に帰ってくる! 次の土日はいしいしんじ祭(1)

    ミシマガ編集部

    週末の土日はぜひミシマガ読者のみなさまにお伝えしたいイベントが開催されます。三崎いしいしんじ祭、5年ぶりの開催が決定しました!

  • 『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』ついに発売!

    『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』ついに発売!

    ミシマガ編集部

    『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』が、ついに書店先行発売日を迎えました!  時代劇研究家の春日太一さんが、時代劇のロケ地=聖地を巡り綴った、まったく新しい、時代劇+旅のガイドブックです。そのおもしろさを、たくさんの写真・動画とともにお伝えします!

  • 藤原辰史さんより 『小さき者たちの』を読んで

    藤原辰史さんより 『小さき者たちの』を読んで

    ミシマガ編集部

    『小さき者たちの』の刊行を記念して、著者の松村圭一郎さんと歴史学者の藤原辰史さんによる対談が行われました。 開始早々、「話したいことがたくさんあるので、話していいですか?」と切り出した藤原さん。『小さき者たちの』から感じたこと、考えたことを、一気に語っていただきました。その内容を余すところなくお届けします。

  • ひとひの21球(中)

    ひとひの21球(中)

    いしいしんじ

    初登板の試合で右手首骨折、全治三週間。が、しかし、日々着実に成長をつづける小学生のからだの、どこが生育するかといえば、それは骨だ。しかも末端だ。指先や手首の骨は、ほっておいてもぐんぐん伸びる。折れた箇所も、呆れるほど早くつながってしまう。

  • 春と修羅

    春と修羅

    猪瀬 浩平

    以上が、兄が描いた線をめぐる物語だ。兄はわたしの家から、父の暮らす家までしっそうし、そしてまた父の暮らす家から千葉の町までしっそうした。兄が旅したその線のすべてを、わたしはたどることができない。始点と終点を知っているだけだ。その点と点との間の兄の経験がどんなものだったのか

  • GEZANマヒトゥ・ザ・ピーポー&荒井良二の絵本『みんなたいぽ』が発売!

    GEZANマヒトゥ・ザ・ピーポー&荒井良二の絵本『みんなたいぽ』が発売!

    ミシマガ編集部

     GEZANのフロントマン、マヒトゥ・ザ・ピーポーがはじめて手がけた絵本『みんなたいぽ』を2023年2月22日にミシマ社より刊行します。絵は、国内外で活躍する絵本作家、荒井良二によるもの。本日2月17日からは、リアル書店での先行発売が開始しました。3月以降、各地で原画展やイベントを開催予定です。

  • 『おそるおそる育休』、大阪で大盛り上がり!

    『おそるおそる育休』、大阪で大盛り上がり!

    ミシマガ編集部

     こんにちは! 京都オフィスの角です。『おそるおそる育休』の発売を記念して、著者の西靖さんと、大阪・梅田の本屋さんを訪問してきました!

ページトップへ