昭和生まれ、アナウンサー西靖の育休日記

第1回

第3子誕生に伴い、会社を休むことにしました。

2021.06.11更新

 こんにちは。大阪の毎日放送という放送局でアナウンサーをしている西靖といいます。
 昭和46年生まれの49歳。主に情報番組や報道番組を担当するアナウンサーとして気がつけば27年。遅い結婚をしたのが43歳のときで、いま4歳と2歳の男の子がいるのですが、この6月に第3子が生まれる予定です。この連載では、第3子の誕生に伴って数か月、会社を休む、いわゆる育児休業の日々について書きます。

「子どもが生まれたら、ちょっと仕事を休んだほうがいいかもしれないな」と、ふと思いました。ポリシーや信念があってのことでもなく、本当に「ふと思った」のです。ほとんど思い付きに近い感じです。判断に至った要素をあえて挙げるとするならば3つほど。

 ひとつは、4歳と2歳に加えて新生児の子育てはさすがにかなりたいへんそうだということ。子育ては基本的に発見と喜びの連続だというのは間違いないんですが、長男のときはご多分に漏れず「え、こんなにしょっちゅうおっぱいあげるんですか!?」「おっぱいのあとのゲップが必須なのに赤ちゃんは自分でできないの? ホンマに?」「こんなにしょっちゅうオムツ替えるんですか?」「ウンチが白っぽいんですけど、これ大丈夫?」「ウンチがおむつの背中側から漏れるなんてことがあるなら先に言ってくださいよ!」「というか、こんなに寝ないものなんですか?」とまあ「こんなに?」と「これなに?」の連続で、疲労と心労のミルフィーユ。次男のときは長男に輪をかけて睡眠の安定しない子だったので妻は寝不足ですっかりグロッキー。妻の奮闘ぶりに心から感謝し、尊敬しているのに、歯車がかみ合わなくてついトゲトゲした言葉の応酬になることもありました。ようやく朝までぐっすり寝てくれるようになったと思ったら第三子妊娠。妊婦健診のエコー検査で早々におちんちんの存在を確認。おお、こいつはまた賑やかになるぞ、とまあそんな感じですね。

 ふたつめは、コロナ禍で両家の両親やご近所さんにお願いできることにも自ずと限界があるであろうということ。ここまでもすっぽりコロナ禍と重なっている妊婦生活なので、「家族」というユニットでどうにかしなくはならないことが多くありました。悪阻のひどく体調が優れなくても実家の親に気軽にサポートを頼むわけにもいかないし、春休みの帰省も諦めたし、同じマンションの仲良し家族との餃子パーティーもなかなか開催できません。次男が生まれたときは長男は妻の実家で面倒をみてもらいましたが、コロナ禍ではそれも難しいし、楽しそうに通っている幼稚園には休まず通わせてやりたいし、そもそも妻の実家がこの間に滋賀の山奥に移住して田舎暮らしを始めていて、さすがに気軽に預けるわけにもいきません。

 もうひとつは、新生児との生活にこれまで以上にしっかり時間を取りたいという思いです。
 さきほど二人の子育てが苦労ばかりみたいに書きましたけど、もちろんそんなことはなくて、本当にこんなに自分のことなんてどうでもいいくらい誰かを愛おしいと思える経験は初めてで、「楽しい」と「たいへん」を天秤にかければ勝率100%で「楽しい」が勝つのです。というか、そもそも「楽しい」と「たいへん」を分けることすらできなくて、ぜんぶひっくるめて、ずっしりぎっしり中身の詰まった得難い経験をさせてもらっていると思います。父親として新生児と相対するのはさすがに最後だと思うし(いやたぶんほんとに)、その経験にこれまでよりもどっぷりと浸からせてもらえる制度があるならば、利用しない手はないんじゃないかと考えるようになったのです。

 とはいえ、そこは昭和生まれで転職の経験もゼロ、一つの会社で(いちおう)ひたむきに働いてきたモンとしては、育休の取得に迷いがなかったわけでもありません。そのあたりも含めて正直なところを書いていこうと思いますので、向こう数か月、ゆるゆるとお付き合いいただければうれしいです。

西 靖

西 靖
(にし・やすし)

1971年岡山県生まれ。毎日放送(MBS)アナウンサー。大阪大学法学部卒業後、1994年にMBS入社。『ちちんぷいぷい』(2011年~2021年)、報道番組『VOICE』(2014年~2019年)、『ミント!』(2019~2021年)といった人気番組の司会やキャスターを務める。現在はMBSアナウンスセンター長。相愛大学客員教授。2021年6月から9月までおよそ4ヵ月間の育児休業を取得。著書に『西靖の60日間世界一周旅の軌跡』(ぴあ)、『辺境ラジオ』(内田樹・名越康文との共著、140B)、『地球を一周! せかいのこども』(朝日新聞出版)、『聞き手・西靖、 道なき道をおもしろく。』(140B)。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

08月08日
第23回 最後の育休(後)日記 西 靖
05月11日
第22回 育休(後)日記5「コロナ」 西 靖
03月09日
第21回 育休(後)日記4「そして、コロナがやってきた」 西 靖
02月17日
第20回 育休(後)日記3「がけっぷちの日々」 西 靖
12月12日
第19回 育休(後)日記2「テキトーってすごい」 西 靖
11月19日
第18回 育休(後)日記1「だらだらは大事」 西 靖
10月07日
第17回 終わりは始まり、いや通過点 西 靖
09月27日
第16回 三兄弟、それぞれの夏が終わるねぇ 西 靖
09月20日
第15回 ひとつ屋根の下 西 靖
09月12日
第14回 「育休」ってなんの省略か知ってますか 西 靖
09月06日
第13回 2学期はパンツ問題とともに 西 靖
08月28日
第12回 育休を取るって、すごい? 西 靖
08月23日
第11回 お疲れサマーの夏休み 西 靖
08月16日
第10回 ああ、寝不足 西 靖
08月09日
第9回 赤ちゃん返りはきっつい! でもね、、 西 靖
08月01日
第8回 赤ちゃんがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! 西 靖
07月24日
第7回 「お弁当戦記」episode2 西 靖
07月17日
第6回 「お弁当戦記」episode1 西 靖
07月11日
第5回 そして始まる母不在の日々 西 靖
07月04日
第4回 出産ストーリーは突然に 西 靖
06月26日
第3回 体操服の輪廻、そして 西 靖
06月18日
第2回 新生児を迎える、ニシ家の陣容をご紹介します。 西 靖
06月11日
第1回 第3子誕生に伴い、会社を休むことにしました。 西 靖
ページトップへ