昭和生まれ、アナウンサー西靖の育休日記

第21回

育休(後)日記4「そして、コロナがやってきた」

2022.03.09更新

 それは2月3日木曜日の朝でした。

 ん? 喉が痛い。

 前日の夜、床に就くときにちょっと引っかかるような違和感を喉に感じ、嫌な予感がして夜中に何度か目が覚めたのですが、朝になって、違和感は痛みに変わっていました。よく風邪をひくことで知人の間では知られる(うれしくないですが)私にとって、寝起きの喉の痛みは、しょっちゅうとは言わないまでもたまにあることでした。ただ、コロナ禍で常にマスクを着け、手洗いを励行し、建物に入るときも出るときもアルコール消毒を求められるこの2年ほどの間は風邪をひくことはなく、このタイミングでの喉の痛みにはちょっとソワソワします。
 夜中にしょっちゅう目を覚ます三男の世話で細切れ睡眠の妻には少しでも寝ていてもらいたいので、最近の朝ごはんの担当は私です。念のためマスクを着けて調理。でも、まあ、あくまで念のため。いつものようにご飯とお味噌汁、オムレツ、ミニトマト。食卓を囲むときも、ご飯を口に運ぶときだけマスクをずらします。念のために。3歳の次男は朝ごはんの後半、お腹が満たされてくると、「ご飯手伝って~」と甘えてきます。お箸やスプーンで食事を口に入れてもらうと、うれしそうに食べるのです。でも、この日は「さとる、がんばって自分で食べなさい。食べられないなら残していいから」と、密接するのを避けました。これも念のため。
 食後、もうひとつ念のために体温計を腋にはさんで数分。示された数字は36.8℃。平熱が36.2℃くらいの私にすればちょっと高い。それに、私はよく風邪をひきますが、熱を出すことがあまり、いやほとんどありません。あれ、ちょっとこれ。
 三男を抱っこして起きてきた妻に「喉が痛い。微熱がある」と伝えると、おでこに手をあてて、「いやぁ、私の方が高いくらいやで。いつもの風邪ちゃう?」楽観的なのか、悪い予感を打ち消しているのか。「うーん、俺も大丈夫やとは思うけど、いちおう、出社を遅らせて発熱外来で検査受けてくるわ。念のため。」

 自治体のホームページで発熱外来をやっている病院を調べ、電話をして、車で向かいます。そういう行動をしているうちに、不安の輪郭がだんだん濃くなってきました。病院の入口で、発熱していること、喉が痛いことを伝えると、別の入り口に案内され、問診票に記入してしばらく待ち、名前を呼ばれて処置室に通されます。看護師さんが、では検査をしますね、と穏やかにひと言。鼻に長い綿棒を突っ込まれました。発熱外来が混雑していて検査もしてもらえない、などというニュースも耳にしていてちょっと不安だったのに、すんなり検査してもらえてちょっと拍子抜け。結果がでるまで車のなかで待っていて下さい、と言われ、車に戻ります。なるほど、発熱していると暫定的に感染者として扱われるわけか。微熱のせいで寒気がするので、地球には申し訳ないけどエンジンをかけて暖房をきかせ、家を出るときに郵便受けから取ってきた新聞を広げて結果を待ちます。
 といえば、肝が据わって堂々としているようですけれど、実際はソワソワと落ち着かず、新聞の文字を目で追っても、なかなか頭に入ってきません。
 1時間ほど待つと、携帯電話が震えました。看護師さんです。
「はい」
「西さんですね。検査の結果がでましたので、担当医師からお伝えしますね」
 あれ、お医者さんから、ってことは、あれれ?

 嫌な予感。

「内科の担当医師の○○です。西さんの検査の結果ですが、新型コロナ陽性でした。症状は軽いようですし、年齢もまだ若くて基礎疾患もないですから、恐らくこのまま軽症で済むのではないかと思います。保健所から連絡があると思いますが、自宅で療養することになるでしょう。症状が出た日を0日目として10日間です。念のために薬を処方しておきます。症状が急変したら、またご連絡を・・・・」
 感染者が多い時期だからでしょうか、お医者さんも慣れた様子で説明してくれます。三割くらい覚悟していて七割戸惑っている頭で、それを聞きます。いや、聞いているようで聞いていなかったかもしれません。電話が切れて、そうか、そうなんだなぁ、と事態をとりあえず受け止めたら、そのあと、頭のなかにいろんな思念がグルグル沸き上がってきました。俺、感染したんか。今、吐き出しているこの息にもウイルスが居るのか。この車のなかの空気は汚れてるってことなのか。消毒せなあかんのかな。あ、職場に連絡しなきゃ。昨日は症状は出てなかったし、ずっとマスクをしてたから、会社で誰かにうつしたりはしてない、はず。わかんないけど。しかし、どこで感染したんだろう。いや、考えても無駄か。世間から非難されるようなことはしていないよな。家族が変な目で見られたりしないよな。これから家でどんなふうに過ごせばいいんだろう・・・。いろんな思いが交錯するなかで、ひとつの不安がどんどん膨らんできます。

「妻や子ども達にうつしてないだろうか」

 妻とは子どもが寝てから日々の出来事をいろいろ話していますし(当然、マスクなんてしてません)、寝る前にはハグだってします。子どもとは毎朝、朝ごはんを一緒に食べています。お風呂だっていっしょです。この日の朝はマスクを着けましたが、気休め程度としか思えません。
 考えがまとまらないまま、とりあえず、妻に連絡します。

「陽性やったわ」
「え? 嘘? ホンマに?」
「うん」
「なんで? いつ? どこでもらったん? なんで?」
「わからん。とりあえず帰る。この後のことを相談しよう」

 相談といっても、選択肢が多いわけではありません。私は自宅で家族と隔離して療養(どの部屋で?)子どもは濃厚接触者になるから、長男と次男は幼稚園を休まなくてはならない(いつまで?)妻のきょうさんも濃厚接触者だから、家から出られなくなる(ご飯はどうする? 買い物は?)
 いろいろ考えていると、車の窓ガラスの向こうに看護師さん。窓を開け、会計を済ませて、薬を受け取ります。もらったのは3種類。トローチと、イソジンうがい薬と、解熱剤のカロナール。世の中をこれだけ騒がせている病気なのに、もらった薬があまりにも普通なので、ちょっと笑いがこぼれて、少しだけ落ち着いた感じがしました。

 帰宅すると、妻は物置のように使っている部屋の掃除をしていました。箱買いしたビールや、子どもが使わなくなって誰かにあげる予定のおもちゃや、三男が卒業したばかりのベビーバスなどを突っ込んである、文字通りの物置き部屋です。雑多につっこんでいるものを端に寄せたり重ねたりして、どうにか布団をひけるスペースを作って、家具に乗っている埃の拭き掃除をしていました。私が引きこもる部屋の準備をしてくれていたのです。妻のほうが一足早く、覚悟を決めたようですが、その表情は固く、不安と緊張に包まれていて、目が合うと、弱弱しくちょっと笑いました。
 私の自宅療養期間は10日間、濃厚接触者の家族の自宅隔離期間は7日間。どれくらいの隔離なら十分なのか、ご飯は? お風呂は? トイレは? 消毒はどうやって? 家から出られない子どもたちに何をしてやればいいのか・・・

 戸惑いと、あきらめと、大きすぎる不安に飲み込まれそう、いや、飲み込まれ、溺れそうになりながら、我が家のコロナ療養生活が始まったのです。

西 靖

西 靖
(にし・やすし)

1971年岡山県生まれ。毎日放送(MBS)アナウンサー。大阪大学法学部卒業後、1994年にMBS入社。『ちちんぷいぷい』(2011年~2021年)、報道番組『VOICE』(2014年~2019年)、『ミント!』(2019~2021年)といった人気番組の司会やキャスターを務める。現在はMBSアナウンスセンター長。相愛大学客員教授。2021年6月から9月までおよそ4ヵ月間の育児休業を取得。著書に『西靖の60日間世界一周旅の軌跡』(ぴあ)、『辺境ラジオ』(内田樹・名越康文との共著、140B)、『地球を一周! せかいのこども』(朝日新聞出版)、『聞き手・西靖、 道なき道をおもしろく。』(140B)。

編集部からのお知らせ

西靖 × 工藤保則「アナウンサーと社会学者が語る 『家族がコロナになったとき』」開催します!

fc5c4b364e9c7a082a0d.jpg西さんご一家のコロナ療養生活はどうなったのか・・・? 続きの気になる本連載ですが、オンラインイベントでもコロナ療養に関してお話しいただきます。
対談のお相手は、『46歳で父になった社会学者』の著者である社会学者の工藤保則さんです。西さんと同じくご自身もコロナに感染され、ご家族の看病も経験されました。子育て家庭のコロナ療養のリアルを共有いただき、未感染者は今後の備えにもなるような90分です。みなさまのご参加お待ちしています。

開催日時:5月13日(金)17:30〜19:00

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

08月08日
第23回 最後の育休(後)日記 西 靖
05月11日
第22回 育休(後)日記5「コロナ」 西 靖
03月09日
第21回 育休(後)日記4「そして、コロナがやってきた」 西 靖
02月17日
第20回 育休(後)日記3「がけっぷちの日々」 西 靖
12月12日
第19回 育休(後)日記2「テキトーってすごい」 西 靖
11月19日
第18回 育休(後)日記1「だらだらは大事」 西 靖
10月07日
第17回 終わりは始まり、いや通過点 西 靖
09月27日
第16回 三兄弟、それぞれの夏が終わるねぇ 西 靖
09月20日
第15回 ひとつ屋根の下 西 靖
09月12日
第14回 「育休」ってなんの省略か知ってますか 西 靖
09月06日
第13回 2学期はパンツ問題とともに 西 靖
08月28日
第12回 育休を取るって、すごい? 西 靖
08月23日
第11回 お疲れサマーの夏休み 西 靖
08月16日
第10回 ああ、寝不足 西 靖
08月09日
第9回 赤ちゃん返りはきっつい! でもね、、 西 靖
08月01日
第8回 赤ちゃんがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! 西 靖
07月24日
第7回 「お弁当戦記」episode2 西 靖
07月17日
第6回 「お弁当戦記」episode1 西 靖
07月11日
第5回 そして始まる母不在の日々 西 靖
07月04日
第4回 出産ストーリーは突然に 西 靖
06月26日
第3回 体操服の輪廻、そして 西 靖
06月18日
第2回 新生児を迎える、ニシ家の陣容をご紹介します。 西 靖
06月11日
第1回 第3子誕生に伴い、会社を休むことにしました。 西 靖
ページトップへ