本のこぼれ話

第1回

『日帰り旅行は電車に乗って』がテレビで紹介!

2018.04.26更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。

 リニューアル前の旧ミシマガジンで連載していた「関西は電車に乗って」が、タイトルを新たに『日帰り旅行は電車に乗って』として2018年3月に刊行になりました! 著者は細川貂々さんです。

0426-1.jpg『日帰り旅行は電車に乗って』細川貂々(ミシマ社)

 嵯峨野トロッコ列車、山陽電車、忍者電車、たま電車などなど、いろんな電車に乗って貂々一家が旅をするコミックエッセイ。

0426-2.png

 この、新緑がきれいな過ごしやすい季節にぴったりの一冊なんです!

 そして、関西で超人気の情報番組「ちちんぷいぷい」(MBS)にて、本日26日(木)の放送回でこの『日帰り旅行は電車に乗って』が取り上げられます。

*4/26追記 26日(木)放送と書きましたが、申し訳ありません!! いろいろなニュースの影響で日程が延びてしまいました...。また日にちがわかりましたらお知らせいたします!

*4/27追記 放送日が決定しました! 5日1日(火)の放送回で放送されます。

 著者の細川貂々さん、そして一緒に旅をしたパートナーのツレさん、息子のちーと君も一緒に登場。

 司会の西靖さんとともに、奈良県生駒市にある「生駒ケーブル」に乗っていますよ! 放送圏の方はぜひチェックしてみてくださいね。

0426-3.pngこれに乗ってます! 生駒ケーブルの名物、ブル号とミケ号

 さらに! 著者の貂々さんより、ぷいぷい特別マンガが届きました。
 「ちちんぷいぷい」ってなんじゃそりゃ? という方にも、届いてほしい、このお祭り感!

0426-1.png0426-2.png

0426-5.png

2年間このミシマガジンで連載をしていたものがまとまった本ですが、今回本になるにあたって改めて読み返して、「本当にいろんなところに行ったんだなぁ」としみじみ。私は生まれも育ちも関西なのですが、全然知らなかったことってほんまにたくさん。関西がよりおもしろく感じるようになりました。

阪急電車、京阪電車などのよく知られた電車から、水間鉄道、北条鉄道などの「知るひとぞ知る」な電車まで、全部日帰りで行けてしまう電車の旅をしています。すぐにでも行きたくなるところがいっぱい!

そして、はじめたころは小学2年生だった息子・ちーと君も今や5年生になり、この本は大事な2年間の成長記でもあったりします。
お出かけのきっかけにしていただいたり、子育てコミックエッセイとしても楽しい一冊になりました!関西圏以外の方もぜひ。

 
......この私たちのテンションの高さが伝わりましたでしょうか。

 もちろん、テレビで紹介されるのは嬉しいですが、何よりもとーっても楽しい本なので、多くの方の手にとっていただくきっかけになれば幸いです。素敵な休日のお供にどうぞ!

編集部からのお知らせ

『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』刊行記念 細川貂々さんサイン会

『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』の刊行を記念して、著者・細川貂々さんのサイン会を開催します。

電車に乗ってどこまでもお出かけする貂々さんご一家を描いた本書。
会場となるブックファースト阪急西宮ガーデンズ店さんの最寄駅、阪急電車の西宮北口駅も登場します!(通過するだけ、というのは内緒です)
サインにはかわいいイラストをおつけしていただけるほか、おみやげも。ぜひ、電車に乗って、お出かけください。

・日 時:2018年4月28日(土) 14:00-
・場 所:ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
(西宮市高松町14-2 阪急西宮ガーデンズ4階)

【ご参加方法】
ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店で『日帰り旅行は電車に乗って』をご購入のお客様に、整理券をお渡しいたします。サイン会当日は、整理券とお買い上げ書籍をご持参ください。
※すでにご購入の方は、お買い上げ時のレシートやポイントカードなどをお見せください。

【お問い合わせ先】
 ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
 電話:0797-83-1991

<イベント詳細ページ>http://www.book1st.net/event_fair/event/

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ