本のこぼれ話

第1回

『日帰り旅行は電車に乗って』 細川貂々さんの営業日誌!

2018.04.27更新

「本屋さんにもいっぱいご挨拶にまわりたいです!」と細川貂々さんからのありがたいお申し出をいただき、それでは!と関西のお店をピックアップ。あそこもここも・・・と上げていくととても1日ではまわりきれる数ではなくなり、4日間にわけることに(!)その様子をご一緒させていただいた営業担当の鳥居と田渕がレポートします。

***

 3月20日、細川貂々さんと書店さんへご挨拶初日! 前日までにアポもとり終え、準備万端、のハズが鳥居、まさかの大遅刻。合流したのは午後になってからでした・・・。

 朝から長谷川書店水無瀬駅前店、ブックファースト梅田2階店・3階店を編集新居とご挨拶にまわります。水無瀬では通常のイラストに加えて頭上を走る東海道新幹線のイラストも。

 午後、紀伊国屋書店本店に現れた貂貂さんと新居。「モンブランたべてました〜。」とご機嫌です。売り場を見せてもらったあとはさっそく事務所へ。そこには50冊もの本が準備されていました。手書きPOPもかきましたよ。

0427-17.jpg

(紀伊國屋さんの前に設置されていた阪急電車に乗ってはしゃぐてんてんさんと新居)

 続けて梅田蔦屋書店、そして紀伊國屋グランフロント大阪店へ。グランフロントでは店内放送も収録しました! 最後に茶屋町の丸善ジュンク堂梅田店におじゃましてこの日は終了。


 3月27日、今日は神戸で待ち合わせ。三宮の本屋さんをまわります。三宮には歩いて回れる距離にジュンク堂が3軒、紀伊國屋が1軒あります。なかでもジュンク堂さんちか店では一番手前のエンド台でどーんとお出迎えしてくれました。感激。

0427-19.jpg

(ジュンク堂書店神戸さんちか店)

 道中、JRの新快速に手が届きそうな歩道橋を歩いたり(ほんとに近かった!)、そごうからセンター街への地下の抜け道を探したりとのんびりぶらぶらした1日でした。


 3月29日、この日は堂島、難波、天王寺、阿倍野、上本町をまわる超過密スケジュール。駆け足でまわります! と、言うわけにもいかず、なんば旭屋の鉄道グッズコーナーに感動し、阿倍野の喜久屋で「お会いできてほんとにうれしいです!」と熱烈な歓迎を受け、上本町にたどり着いたころにはクタクタ。それでも最後の気力を振り絞り、ルーブル1980で大きなマップパネルにサインをしてお渡ししました。お疲れさまでした。

0427-14.jpg

(ルーブル1980)

0427-15.jpg

 (旭屋書店なんば店)

 ちなみに、この日おじゃましたジュンク堂近鉄あべのハルカス店、ジュンク堂上本町店さんではその後担当者さんもビックリするくらいよく売れています。ありがとうございます!(鳥居)


 それでは田渕にバトンタッチ。4月4日は京都の本屋さんへ。まずはじめに向かったのは大垣書店イオンモールKYOTO店。T店長と文芸担当のTさんが迎えてくださいました。サイン本を作っている最中、話はその1週間前あたりに決まった「ちちんぷいぷい」出演の話題に。お伝えすると、書店のお二方とも「ほんとですか!?」と目を丸くしておられました。神戸の書店まわりをした際、鳥居より「ちちんぷいぷいで紹介って言うと書店員さんの目の色変わりますよ」と聞いていた貂々さんは、その効果をしみじみ実感しておられたのでした。現在賑やかな100冊展開をしているので、お店にお立ち寄りの際はぜひ!

0427_1.jpg

(大垣書店イオンモールKYOTO店)

 その後、三省堂書店京都駅店さん、ふたば書房八条口店さん、くまざわ書店京都ポルタ店に伺い、お昼ご飯は京都の駅ビルにある「キッチン ゴン」という洋食屋さんへ。

 実はこのお店、以前京都オフィスの近くにあったのですが、移転してしまいすっかりご無沙汰。「ピネライス」というチャーハンの上にカレーorハヤシのソース、そして薄いカツののったなんともいえないパワーフードが名物で、3人ともそれを注文しました。

0427-12.jpg

(名物「ピネライス」)

 腹ごしらえの後は大垣書店京都ヨドバシ店さんへ。文芸担当のTさんが迎えてくださりました。Tさん、ミステリー分野にかなり詳しく、肩書きも「ミステリー支配人」を名乗っています。ご本人もどことなくミステリアスな空気をまとって、「支配人」と呼びたくなるようなお方です。おすすめのミステリーなどを聞いているうちにあっという間にサインも終わりました。また、お店を出るタイミングでお土産までくださったのでした。んー、さすが支配人。

 少し時間があったので、イノダコーヒー本店さんへ。新居の頼んだミックスジュースの色が、全体的にフレッシュグリーン。どうやらメロン成分が多めのミックスジュースだったそう。メロンをふんだんに使うミックスジュースなんて、さすがイノダコーヒーさん、なんて話しながら、あとなぜかバブルの話になりながら、いざジュンク堂書店京都店さんへ。ここからはツレさん、ちーと君も合流し、貂々さん一家でまわります。ちーと君もサインをして、ご褒美に星のカービィの小説をツレさんに買ってもらっていました。

 丸善京都本店 Hさんは、広島カープファン。ちーと君の阪神のキャップをみるなり、「ええもんかぶってるなあ」とツッコみます。ちなみにこのHさんは大の高校野球ファンでもあって、夏の甲子園の時期になると、真っ黒になるんです。それはさておき、最後はふたば書房御池ゼスト店。S店長が迎えてくださいました。S店長、サインをしている間から、なんだか貂々さん一家の一員のような馴染み方だったのでした。

0427-13.jpg

(ふたば書房御池ゼスト店)

 おまけ。今回てんてんさんはおじゃまできませんでしたが、がんこ堂守山店さんではスタッフの方手作りのてんてんさんご一家が売り場に!一見の価値、アリです。

0427-18.jpg

(本のがんこ堂守山店)

*関西で超人気の情報番組「ちちんぷいぷい」(MBS)にて、5日1日(火)の放送回でこの『日帰り旅行は電車に乗って』が取り上げられます。

編集部からのお知らせ

『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』刊行記念 細川貂々さんサイン会

『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』の刊行を記念して、著者・細川貂々さんのサイン会を開催します。

電車に乗ってどこまでもお出かけする貂々さんご一家を描いた本書。
会場となるブックファースト阪急西宮ガーデンズ店さんの最寄駅、阪急電車の西宮北口駅も登場します!(通過するだけ、というのは内緒です)
サインにはかわいいイラストをおつけしていただけるほか、おみやげも。ぜひ、電車に乗って、お出かけください。

・日 時:2018年4月28日(土) 14:00-
・場 所:ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
(西宮市高松町14-2 阪急西宮ガーデンズ4階)

【ご参加方法】
ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店で『日帰り旅行は電車に乗って』をご購入のお客様に、整理券をお渡しいたします。サイン会当日は、整理券とお買い上げ書籍をご持参ください。
※すでにご購入の方は、お買い上げ時のレシートやポイントカードなどをお見せください。

【お問い合わせ先】
 ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店
 電話:0797-83-1991

<イベント詳細ページ>http://www.book1st.net/event_fair/event/

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ