白山米店の季節つれづれ

第6回

9月のお便り

2018.09.26更新

 9月になると、自由が丘の街のショウウィンドウは早々と茶系やワイン色のディスプレイへと変わっていましたが、やっと気温と合ってきました。我が家の室内と店との仕切りのカーテンが白っぽいものから暖色の花柄となり、真夏には肌にチクチクしてはずしていたギャッべのマットを食卓の椅子に戻し、暮らしも少しずつ秋になっています。

 ねこじゃらし公園を抜ける尾山台への買い物道は、夏からのオクラと茄子が大人の背丈ほどにも伸びて猛暑を乗り切ったたくましさを感じます。

 道端には、いつの間にかニラの花や赤い曼珠沙華(彼岸花)が茎をつんと延ばして咲いています。そういえば、明日からお彼岸です。

0926-2.jpg

 土の中からちゃんと時期を知らせるように地表に出る自然に癒される一方で、大災害をもたらした豪雨や北海道の地震での山体崩壊の映像は観ていられなくなりました。道内中がブラックアウトと聞き、遠くに住む身でも不安になりました。どうか普段の日常が戻りますように、と祈るばかりです。

新米を食べる

 店に新米が並びはじめました。水曜日だけ開いている弁当屋のごはんが早くも新米になりました。今夏の暑さや豪雨での厳しい米作り。農家の方々への感謝と共にいただきます。次の世代にも、おいしいお米がいただけるように沢山お米を食べましょう。ごはん一膳は、30円前後だそうです。体にやさしく、腹持ちよく、懐にもやさしいお米です。

 新米を炊く時の水加減は、昨年までの水と同量で一度試してから、好みの水加減にすればよいのです。我が家は、新米の時は気持ち少なめで、お米を研ぐ回数を1回少なくして新米の香りを楽しみます。

 ごはんは炊けたあとが肝心で、蒸らしが済んだらすぐにしゃもじを鍋に沿って回し湯気を逃がします。ごはんがねばらないように、ふんわりと全体をほぐします。おひつをお持ちでしたら、おひつに移しながらほぐすとべたつかず、おすすめです。

旬の秋刀魚

 今が旬の秋刀魚。実はまだいただいていません。秋刀魚は、買ってきたら少し多めに粗塩を撫でつけるか、振り塩をしておきます。粗塩のおかげで皮目がしまり皮がパリッと焼け、網に付くのも防げます。

 若い時には味わえなかった秋刀魚のワタの美味しさがわかるようになりました。

 もう少し手頃になってからと待っていましたが、明日は秋刀魚の塩焼きに大根おろしたっぷり添えていただきます。旬が過ぎてしまわないうちに。

サフランの球根

 ちょうどこの時期は、園芸店やDIYのお店で、サフラン(クロッカス)を見かけます。室内の明るい所に置いておくだけで、11月か12月に花が咲きます(土植えすれば、翌年も咲かすことができます)。花の中心の雌しべが3本、これがサフラン(香辛料)です。

 1番長くて赤く、きれいな時にラップに包んで冷凍しておきます(売り場のサフランのように乾かしてからでもよいです)。スペイン料理のパエリアにはかかせないサフラン。花も愛でたと思ったら味わいも違います。

 フライパンでも作れるパエリアのコツは、仕上げに強火にして水分をとばし、美味しいおこげをつくること。オーブンがあれば、オーブンで仕上げます。一般にシーフードを使ったパエリアが多いですが、季節のきのこや鶏肉を使ったものもおいしいです。サフランは、使う前に水にひたしておいて、黄色をしっかり出した水ごとスープと一緒に加えます。サフランでしか出ない香りがあります。

0926-3.jpg

今月の食卓

 さて今回のお料理は、9月24日の中秋の名月(満月は25日だそうです)に合わせた3品です。 お酒にも合う3品。どうぞ盃に月を浮かべ、秋の夜長をお過ごしください。

1. お弁当にもいい2品
  はんぺんの柚子胡椒マヨネーズとウィンピー(ウィンナーとピーマン)
2. レンコン入りお月見つくね


福竹さん風はんぺんの柚子胡椒マヨネーズがらめ

材料

・はんぺん 1枚
・焼く時に バター 適量

A
・マヨネーズ 大さじ1くらい
・柚子胡椒 適量
・青のり 適量

作り方

1. はんぺん両面に3mm深さ1cm幅で切り目を入れ、6~9等分にする。
2. フライパンにバターをとかし、中火の弱火で、はんぺんの両面を焼く。
3. ふっくら焼けたら火を止め、すぐにフライパンにAをのせてからめる。

〈白山米店お母さんより〉

 東急地上線にあるお好み焼き屋「福竹」さんでは、かかりきりでテンポ良くはんぺんも、ウィンピーも焼いてくださります。お好み焼きはフワフワ。名物女将(相性がある)とやさしいお姉さん、お父さんに会いたくなりました。

0926-1.jpg


ウィンピー♪

材料 

・ウィンナー 適量
・ピーマン 適量
・塩こしょう 適量

作り方

1. ウィンナーは、細く切り目を入れ、斜めに2等分する。ピーマンは、1口大に切る。
2. ウィンナーに焼きめがつくまでじっくり焼き、塩こしょうをふる。

0926-5.jpg


お月見つくね(1枚1人分)

材料

A
・鶏ひき肉(ムネ肉、モモ肉合わせて) 100g
・レンコンみじん切り 30g(大さじ山盛り2くらい)
・生姜をすったもの、みそ、酒 各小さじ1/2
・パン粉 大さじ2
・卵白 卵1コ分

・焼く時の油 小さじ1/2
・焼き上ったらのせる 卵黄 卵1コ分
・甘辛たれ 醤油、みりん、さとう 各大さじ1

お好みで、粉山椒、七味唐辛子を添えていただきます。

作り方

1. 甘辛たれを合わせ電子レンジ(600w)で1分加熱。
2. Aをボールに入れ手で混ぜ合わせる。直径10cmに丸く広げ中心を500円玉くらいの大きさにへこましておく。
3. フライパンに油をひき、へこました方を下に弱火より少し強火で2分焼き裏返して弱火で3分~4分フタをして焼く。
4. 皿に盛りたれをかけ卵黄をのせる。

〈白山米店お母さんより〉

 いつものつくねを大きく作るだけで楽しくなります。月に見立てた卵黄をからめての甘辛たれでごはんがすすみますよ。鶏ひき肉は、焼き鳥が人気の「寿々木屋」さんで求め、モモ焼きは夫と息子の好物でおかずが作れない時に助かっています。

0926-4.jpg

白山米店お母さん

白山米店お母さん
(はくさんこめてんおかあさん)

自由が丘、白山(はくさん)通りに60年近く前からあるお米屋さん「白山米店」。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店のお母さん。著書『自由が丘3丁目 白山米店のやさしいごはん』(ミシマ社)。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

11月28日
第8回 11月のお便り 白山米店お母さん
10月25日
第7回 10月のお便り 白山米店お母さん
09月26日
第6回 9月のお便り 白山米店お母さん
08月27日
第5回 8月のお便り 白山米店お母さん
07月23日
第4回 7月のお便り 白山米店お母さん
06月24日
第3回 6月のお便り 白山米店お母さん
05月26日
第2回 5月のお便り 白山米店お母さん
04月22日
第1回 4月のお便り 白山米店お母さん
ページトップへ