白山米店の季節つれづれ

第1回

4月のお便り

2018.04.22更新

ミシマガジンのリニューアルと共に
久し振りに白山米店
おじゃまさせていただきます
お料理と日々のこと
綴らせていただきます

米のちから

 白山米店は街の小さな米屋です。先代が60年前に創業いたしました。昨今、米ばなれが進み、パンの消費が米より上回ったそうです。そんななか、お若い方が米を2kg買いにいらっしゃると、とても嬉しくなります。米農家の方々の後継ぎは少ないそうです。スーパーだけではなくて、ご近所の米屋にもお寄りください。

 安全で安価なおいしい米が10年先もいただけるように、そしてひとりでも多くの人にごはん好きになってほしくて、お弁当を作っております。弁当屋は23年目を迎え、お客様と一緒に年を重ねております。

 気持ちが沈んだお休みには、ごはんを炊いてみてください。まのあたりに真白いごはんを見たら、もやもやした気分も湯気と一緒に消えてしまいます。気持ち新たにまいりましょう。

おもてなしのサラダ

 3月にあれよあれよと咲いてしまった桜も葉桜となり、若葉が美しい新緑の季節となりました。4月から新生活をスタートされた方は、慣れましたでしょうか。

 還暦の私にも新体験がありました。孫を授かり、娘が里帰り出産をし、母乳をあげている姿に感動しております。赤ちゃんの神々しさが孫と暮らしはじめてわかりました。自分の子育ての時には感じなかった発見をしております。出産時、孫の産声が聞こえず腰をぬかした私でしたが、すくすく3ヵ月に育ち、笑顔は幸せ発信器のようです。

 夫は池谷裕二さんの『パパは脳研究者』(クレヨンハウス)を読み、女性への理解が深まったみたいです。

 世界では、赤ちゃんが育たない環境や戦争があり、平和になりますようにと祈るばかりです。

 さて先月、孫のお宮参りとお食い初めを兼ねて両家族そろいお祝い会を我が家でいたしました。玉川高島屋で「菊の井」さんのお弁当を届けていただき、とても便利でおいしく好評でした。来客の時、作りおきできるサラダはとてもいいです。

 この時は、お祝い感を出したくて、赤いサラダで華やぎました。材料は、トマト、ビーツ、ゆでエビ、赤玉ネギ、苺。ドレッシングは自家製のアンチョビと玉ネギのもの。市販のフレンチドレッシングでも充分においしいです。苺のない時期は、オレンジや、赤グレープフルーツで、エビはなくても美味しいです。

 他にも、アスパラと半熟卵のサラダとお味おつけで和やかな会となりました。これからが旬の生のビーツは皮ごと輪切り(1.5cm厚さくらい)にし、水をひたひたで竹串が通るまで20〜30分茹でます。冷めたら好みで酢をたし、あればローリエとクローブ1本を入れてマリネで保存しています。缶詰にはない食感と色合いに作ってよかったと思える一品です。

0422-1.jpg

タオルの替えどき

 4月は新生活と共に汗をかくことが多くなる時ですね。タオルを新しくするのもいいものです。おすすめは、南魚沼にある里山十帖という日本家屋のおしゃれな宿で使われているオーガニックコットンのフェイスタオルです。手触りとボリュームがあって、2枚で1,080円。

 我家は、帰宅した時やお客様に手洗いをしていただけるように、お玄関に手洗い用の洗面を置きました。もったいなくて、今はそこだけで使っているタオルです。体を拭くにも十分だし、家族で使えるタオル。いつか家のすべてのタオルをこのタオルに替えたいです。

今回のレシピ

春ランラン トマトと苺の赤いサラダ

材料(以下すべて適量)

苺 4分の1に切る
トマト 輪切り
ビーツ サイコロ切り ※缶詰のビーツはうす切りなのでそのままトマトに重ねます。
赤玉ネギ うすくスライス
ゆで海老 2分の1に切る

おもてなし時は白山家の玉ネギドレッシング


白山家の玉ネギドレッシング

材料

玉ネギすったもの 50g(小さめ4分の1くらい)

(A)
アンチョビつぶす 4〜5cm
ニンニクすったもの 小さめ2分の1粒
サラダ油 100cc
酢 50cc
粗塩 小さじ2分の1強
粒マスタード 小さじ1
ハチミツ 小さじ1

作り方

1 玉ネギを除いた(A)を容器に入れ、100回くらい乳化するまで振る。すった玉ネギも入れ、さらに振る。白いドレッシングの出来上がり。※ミキサーで作る時は、玉ネギはすらないで、全部一緒にブーンとすればすぐに乳化します。


ビーツのピクルス

材料

ビーツ

(A)
クローブ 1粒か2粒
粗塩 少々
酢 大さじ2〜お好みで

作り方

1  皮付き1.5cm輪切りにして、ひたひたの水に落しフタをして、30分煮ます(煮たったらアクをとる)。竹ぐしがスーと通るまで。
2  (A)を加えてゆで汁ごと保存します

0422-2.jpg

白山米店お母さん

白山米店お母さん
(はくさんこめてんおかあさん)

自由が丘、白山(はくさん)通りに60年近く前からあるお米屋さん「白山米店」。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店のお母さん。著書『自由が丘3丁目 白山米店のやさしいごはん』(ミシマ社)。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

10月25日
第7回 10月のお便り 白山米店お母さん
09月26日
第6回 9月のお便り 白山米店お母さん
08月27日
第5回 8月のお便り 白山米店お母さん
07月23日
第4回 7月のお便り 白山米店お母さん
06月24日
第3回 6月のお便り 白山米店お母さん
05月26日
第2回 5月のお便り 白山米店お母さん
04月22日
第1回 4月のお便り 白山米店お母さん
ページトップへ