ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜

第2回

ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜

2018.07.07更新

0707-1.png

 こんにちは。ミシマンです。いきなり本題に入りますが、今回からこのコーナーで、商品開発がはじまります! その名も・・・「ヤレ紙プロジェクト!」

 「ヤレ紙」って何? 「商品開発」ってどういうこと??

 本格的にプロジェクトの詳細をお伝えするのはもう少し先になりそうですが、初回の今日は、そもそもなぜこのプロジェクトが始まったのか、その導入部分をお伝えします。

すべては岡社長のひとことからはじまった

 当コーナーの第1回でとりあげた、「ミシマ社サポーター制度」。読者のみなさまに「ミシマ社サポーター」になっていただき、私たちの出版活動全般をご支援いただくというものです。この中で「印刷サポーター」として私たちを応援してくださっているのが、大阪にある印刷会社・あさひ高速印刷さんです。今年度のサポーターさんに毎回お送りしている「サポーター新聞」も、あさひ高速印刷さんが無償で印刷を請け負ってくださっています(詳しい経緯はぜひ、代表・三島の『失われた感覚を求めて 地方で出版社をするということ』をお読みください)。

 このあさひ高速印刷さんの岡社長がとってもユニークな方で、クライアントさんから受けるお仕事とは関係なく、「何か新しいことはできないか」と日々、様々な印刷の実験や研究をされています。

「だっておもろいことしたいやないですか」

 あるとき岡社長がぽろっとこぼしたひとことが、とっても印象的でした。  

0707-2.jpg

先日のミーティングでも、ノートやメモ帳の試作品や、「研究資料」をたくさん見せてくれました。

 そんな岡社長と、同じくサポーター新聞制作でお世話になっている、スタッフの小野さんとごはんを食べに行ったときのこと。この日も、いま試している印刷についての話で盛り上がりました。そのときに岡社長がこう言ったのです。

「ヤレ紙でなんかできひんかなあと思って」

「ヤレ紙」ってなに?

 本を作るとき、印刷所では、文字が載る場所や色合いなどをチェックするために、本番前にテスト印刷をします。そのときに出る紙が「ヤレ紙」です。たとえ本番と同じ内容が印刷されていたとしても、あくまでも、テストサンプル。通常、これらの紙はすべて捨ててしまいます。

 ここで話は少しズレるのですが、ときどき、おしゃれなお店とかで、買ったものを英字新聞で包んでくれることがありますよね? ロフトのラッピングコーナーにも、あえて英字新聞風の包装紙が売っていたり・・・。岡社長曰く、「あれ逆にダサないですか? スポーツ新聞でもええやんって。」この話の流れで出てきたのが、先の「ヤレ紙」発言でした。

「それおもろいっすね~!なんかやりましょう!」

 代表三島の目が光ったのを、ミシマンは見逃しませんでした。

いままでにないプロジェクト!

 ちょうど手売りブックスシリーズの制作を終えたばかりの時期でした。何を作るかも決まっていないけれど、即廃棄が運命のヤレ紙です。とりあえず「材料」を死守せねば! 印刷を担当してくださったシナノ印刷株式会社の河合さんへ、あわてて連絡をしました(シナノ印刷さんは、ほかにもたくさんミシマ社の本を印刷してくださっています)。

 この記事を書いている現在、印刷の現場でヤレ紙を保管していただいているのですが、「基本、(ヤレ紙は)残すつもりで動いてない」「リサイクルする発想はない」とのことで、河合さん、現場の方とのやりとりが、なかなか難航中。

 果たしてヤレ紙は無事、確保できたのか?!(次回につづく!!)

0707-3.jpg

「手売りブックスシリーズの」表紙には、通常書籍には使わない特殊な紙を使っています。
岡社長とスタッフの小野さんも興味津々。

ミシ社仕掛け屋チーム

ミシ社仕掛け屋チーム
(みしましゃしかけやちーむ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 高橋さん家の次女 第2幕

    序 〜怒られの人〜

    高橋 久美子

     話題沸騰中の高橋久美子さんによる書籍『その農地、私が買います』の続編が、本日よりスタートします!「実家の畑をソーラーパネルにしたくない」。その思いを胸に、故郷の農地をめぐる複雑な事情とご自身の奮闘ぶりを赤裸々に綴ってこられた高橋さん。書籍発表を経た今、地元で、東京で、どんな声を聴き、何をしようとされているのでしょうか? 「続編を」というたくさんの声にお応えして、「高橋さん家の次女」第2幕がついに開幕します!

  • 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    ミシマガ編集部

    『人新世の「資本論」』(集英社新書)がロングセラーになっている斎藤幸平さんと、『菌の声を聴け』(ミシマ社)の著者タルマーリー(渡邉格・麻里子)の対談が実現しました! パンクロック、食、気候変動、マルクス、脱成長コミュニズム・・・。実践と理論を通じて、これからを生き延びるためのコモン再生の方法を探るエキサイティングな対談の一部をお届けします!

  • 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    ミシマガ編集部

     発売から約1カ月、高橋久美子著『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』は、感想をくださる方々の老若男女の幅や、どの角度から興味を持ち心を動かしてくださったかという切り口の多彩さが、際立っているように感じます。たくさんの媒体の方に取材いただくなかで、あらためて見えてきたこと、そして本書の魅力を、編集ホシノからお伝えします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

12月03日
第15回 2022年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシ社仕掛け屋チーム
05月23日
第14回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! 番外編 ミシ社仕掛け屋チーム
05月23日
第13回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その3 ミシ社仕掛け屋チーム
03月10日
第12回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その2 ミシ社仕掛け屋チーム
03月04日
第11回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その1 ミシ社仕掛け屋チーム
12月10日
第10回 2021年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシ社仕掛け屋チーム
07月01日
第9回 会社サポーター募集のお知らせ ミシ社仕掛け屋チーム
12月01日
第8回 2020年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシ社仕掛け屋チーム
05月02日
第7回 2019年度ミシマ社サポーター、まだまだ募集しています! ミシ社仕掛け屋チーム
01月26日
第6回 ヤレ紙プロジェクト! 〜最終回〜 ミシ社仕掛け屋チーム
01月04日
第5回 2019年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ(2) ミシ社仕掛け屋チーム
01月03日
第5回 2019年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ(1) ミシ社仕掛け屋チーム
11月25日
第4回 ヤレ紙プロジェクト! ~第2回「使えない」の中に~ ミシ社仕掛け屋チーム
08月17日
第3回 ヤレ紙プロジェクト! 〜第1回〜 ミシ社仕掛け屋チーム
07月07日
第2回 ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜 ミシ社仕掛け屋チーム
04月19日
第1回 ミシマ社サポーター募集!(2) ミシ社仕掛け屋チーム
04月18日
第1回 ミシマ社サポーター募集!(1) ミシ社仕掛け屋チーム
ページトップへ