ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜

第2回

ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜

2018.07.07更新

0707-1.png

 こんにちは。ミシマンです。いきなり本題に入りますが、今回からこのコーナーで、商品開発がはじまります! その名も・・・「ヤレ紙プロジェクト!」

 「ヤレ紙」って何? 「商品開発」ってどういうこと??

 本格的にプロジェクトの詳細をお伝えするのはもう少し先になりそうですが、初回の今日は、そもそもなぜこのプロジェクトが始まったのか、その導入部分をお伝えします。

すべては岡社長のひとことからはじまった

 当コーナーの第1回でとりあげた、「ミシマ社サポーター制度」。読者のみなさまに「ミシマ社サポーター」になっていただき、私たちの出版活動全般をご支援いただくというものです。この中で「印刷サポーター」として私たちを応援してくださっているのが、大阪にある印刷会社・あさひ高速印刷さんです。今年度のサポーターさんに毎回お送りしている「サポーター新聞」も、あさひ高速印刷さんが無償で印刷を請け負ってくださっています(詳しい経緯はぜひ、代表・三島の『失われた感覚を求めて 地方で出版社をするということ』をお読みください)。

 このあさひ高速印刷さんの岡社長がとってもユニークな方で、クライアントさんから受けるお仕事とは関係なく、「何か新しいことはできないか」と日々、様々な印刷の実験や研究をされています。

「だっておもろいことしたいやないですか」

 あるとき岡社長がぽろっとこぼしたひとことが、とっても印象的でした。  

0707-2.jpg

先日のミーティングでも、ノートやメモ帳の試作品や、「研究資料」をたくさん見せてくれました。

 そんな岡社長と、同じくサポーター新聞制作でお世話になっている、スタッフの小野さんとごはんを食べに行ったときのこと。この日も、いま試している印刷についての話で盛り上がりました。そのときに岡社長がこう言ったのです。

「ヤレ紙でなんかできひんかなあと思って」

「ヤレ紙」ってなに?

 本を作るとき、印刷所では、文字が載る場所や色合いなどをチェックするために、本番前にテスト印刷をします。そのときに出る紙が「ヤレ紙」です。たとえ本番と同じ内容が印刷されていたとしても、あくまでも、テストサンプル。通常、これらの紙はすべて捨ててしまいます。

 ここで話は少しズレるのですが、ときどき、おしゃれなお店とかで、買ったものを英字新聞で包んでくれることがありますよね? ロフトのラッピングコーナーにも、あえて英字新聞風の包装紙が売っていたり・・・。岡社長曰く、「あれ逆にダサないですか? スポーツ新聞でもええやんって。」この話の流れで出てきたのが、先の「ヤレ紙」発言でした。

「それおもろいっすね~!なんかやりましょう!」

 代表三島の目が光ったのを、ミシマンは見逃しませんでした。

いままでにないプロジェクト!

 ちょうど手売りブックスシリーズの制作を終えたばかりの時期でした。何を作るかも決まっていないけれど、即廃棄が運命のヤレ紙です。とりあえず「材料」を死守せねば! 印刷を担当してくださったシナノ印刷株式会社の河合さんへ、あわてて連絡をしました(シナノ印刷さんは、ほかにもたくさんミシマ社の本を印刷してくださっています)。

 この記事を書いている現在、印刷の現場でヤレ紙を保管していただいているのですが、「基本、(ヤレ紙は)残すつもりで動いてない」「リサイクルする発想はない」とのことで、河合さん、現場の方とのやりとりが、なかなか難航中。

 果たしてヤレ紙は無事、確保できたのか?!(次回につづく!!)

0707-3.jpg

「手売りブックスシリーズの」表紙には、通常書籍には使わない特殊な紙を使っています。
岡社長とスタッフの小野さんも興味津々。

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

ページトップへ