ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜

第2回

ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜

2018.07.07更新

0707-1.png

 こんにちは。ミシマンです。いきなり本題に入りますが、今回からこのコーナーで、商品開発がはじまります! その名も・・・「ヤレ紙プロジェクト!」

 「ヤレ紙」って何? 「商品開発」ってどういうこと??

 本格的にプロジェクトの詳細をお伝えするのはもう少し先になりそうですが、初回の今日は、そもそもなぜこのプロジェクトが始まったのか、その導入部分をお伝えします。

すべては岡社長のひとことからはじまった

 当コーナーの第1回でとりあげた、「ミシマ社サポーター制度」。読者のみなさまに「ミシマ社サポーター」になっていただき、私たちの出版活動全般をご支援いただくというものです。この中で「印刷サポーター」として私たちを応援してくださっているのが、大阪にある印刷会社・あさひ高速印刷さんです。今年度のサポーターさんに毎回お送りしている「サポーター新聞」も、あさひ高速印刷さんが無償で印刷を請け負ってくださっています(詳しい経緯はぜひ、代表・三島の『失われた感覚を求めて 地方で出版社をするということ』をお読みください)。

 このあさひ高速印刷さんの岡社長がとってもユニークな方で、クライアントさんから受けるお仕事とは関係なく、「何か新しいことはできないか」と日々、様々な印刷の実験や研究をされています。

「だっておもろいことしたいやないですか」

 あるとき岡社長がぽろっとこぼしたひとことが、とっても印象的でした。  

0707-2.jpg

先日のミーティングでも、ノートやメモ帳の試作品や、「研究資料」をたくさん見せてくれました。

 そんな岡社長と、同じくサポーター新聞制作でお世話になっている、スタッフの小野さんとごはんを食べに行ったときのこと。この日も、いま試している印刷についての話で盛り上がりました。そのときに岡社長がこう言ったのです。

「ヤレ紙でなんかできひんかなあと思って」

「ヤレ紙」ってなに?

 本を作るとき、印刷所では、文字が載る場所や色合いなどをチェックするために、本番前にテスト印刷をします。そのときに出る紙が「ヤレ紙」です。たとえ本番と同じ内容が印刷されていたとしても、あくまでも、テストサンプル。通常、これらの紙はすべて捨ててしまいます。

 ここで話は少しズレるのですが、ときどき、おしゃれなお店とかで、買ったものを英字新聞で包んでくれることがありますよね? ロフトのラッピングコーナーにも、あえて英字新聞風の包装紙が売っていたり・・・。岡社長曰く、「あれ逆にダサないですか? スポーツ新聞でもええやんって。」この話の流れで出てきたのが、先の「ヤレ紙」発言でした。

「それおもろいっすね~!なんかやりましょう!」

 代表三島の目が光ったのを、ミシマンは見逃しませんでした。

いままでにないプロジェクト!

 ちょうど手売りブックスシリーズの制作を終えたばかりの時期でした。何を作るかも決まっていないけれど、即廃棄が運命のヤレ紙です。とりあえず「材料」を死守せねば! 印刷を担当してくださったシナノ印刷株式会社の河合さんへ、あわてて連絡をしました(シナノ印刷さんは、ほかにもたくさんミシマ社の本を印刷してくださっています)。

 この記事を書いている現在、印刷の現場でヤレ紙を保管していただいているのですが、「基本、(ヤレ紙は)残すつもりで動いてない」「リサイクルする発想はない」とのことで、河合さん、現場の方とのやりとりが、なかなか難航中。

 果たしてヤレ紙は無事、確保できたのか?!(次回につづく!!)

0707-3.jpg

「手売りブックスシリーズの」表紙には、通常書籍には使わない特殊な紙を使っています。
岡社長とスタッフの小野さんも興味津々。

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

ページトップへ