ヤレ紙プロジェクト! 〜最終回〜

第6回

ヤレ紙プロジェクト! 〜最終回〜

2019.01.26更新

0126_1.jpg

 お久しぶりです。ミシマンです。またもや前回の更新から日が経ってしまいました。ということで、まずは前回のおさらいから(このパターン、2回目)。

◾️ヤレ紙プロジェクト! 〜第2回〜

完成しました!

 さっそくですが、できあがったもの、見せちゃいますね。はい!

0126_2.jpg

じゃーん!

 このメモ帳、すでにミシマ社サポーターさんへのプレゼントや、「ミシマ社の本屋さん」のお客さんへのおまけとして、世に出回っております。

 あれ? でもちょっと待って。このプロジェクトってそもそも、「商品」開発を目指してたんじゃなかったっけ?

 そうです。そのつもりで進めていたんです。「使えないメモ帳」って、なんともくだらないですが(←自分で言ってる)、そんなくだらないものを、真剣に作って売る、しかも利益もちゃんと出す、っていうのが当初の目標だったのですが・・・

結果、レアグッズに。

 このメモ帳、ミシマ社の前年度も終わる、ぎりぎりの時期に出来上がりました。「わーい!」と喜んだまま、商品として売る段取りをとらずに年度が変わってしまい、いまさら「商品」化することができなくなってしまったのでした。会社には、「決算」というのがあるんですね〜。勉強になりました。

 そんなわけでこのメモ帳は、「商品」ではなく、「おまけ」としてこれからの人生を歩んでいきます。今後ミシマ社のイベントやフェア会場で、もしかしたら、もらえるかも? このメモ帳を手にしたあなたは、ラッキーですよ〜!

手がかかる子ほど、かわいいもんです。

 さてさて。せっかく最終回なので、ここからは少しさかのぼって、実際の制作の様子などもご紹介します。現場担当・あさひ高速印刷の小野さんは、今回の制作にあたって、とても細かく、さまざまな検証をしてくださいました。2種類のサイズサンプルを作ってくださったり、ヤレ紙をカットする時の向き(縦方向に使うか、横方向に使うか)を試してくださったり・・・。

0126_4.JPG

一枚の大きな紙からどうやって切り出せば最適かを検証しているところ

 また、ある日のやりとりでは、表紙の印刷について、こんなメールをくださいました。

あれから岡とも話して考えてみたのですが、
やはり活版よりもオフセットの方がミシマ社さんのこのメモ帳の
イメージにあっているのでは、、という話になりました。

機械的に特色2色まで可能なので、
表面を2色展開にするのはいかがでしょうか?
「ミシマ社のメモ帳」という文字をベタにする方が
ハッキリとしてパンチ出るように思います!

 こんなくだらないメモ帳(←自分で言ってる。2回目)に、真剣に向き合ってくださる、小野さん、そして、社長の岡さん。感動です。その後も、どんな色で刷ったらいいか話し合ったり、一冊にまとめる作業が案外難しいことがわかったり・・・。シンプルなメモ帳ですが、出来上がるまでにいろいろと試行錯誤を繰り返しました。あさひ高速印刷のみなさま、本当にありがとうございました!

0126_3.JPG

おまけ:それぞれの使い道

 それでは最後に。すでにこのメモ帳をお手にとった方からの声を、ご紹介します。

製本担当の者が、失敗した分のミシン目をちぎりまくって
ストレス発散になると言ってました!

 これは、小野さんから届いたメールです。このメモ帳には一枚一枚、とっても細かい「マイクロミシン目」が入っていて、それはそれは、気持ち良く切り取れるのです。ひっぱった瞬間には、もう、紙はメモ帳から離れています。すごいです。

0126_5.JPG

 こちらは、とあるミシマ社サポーターさんから届きました。なんとハガキとして使うという・・・! 強者です。

 他にも、「あれ、使えます!」と笑顔でおっしゃる方がいたり、「◯◯さん、普通にヤレ紙の上にメモを書いてた」というミシマ社メンバーからの目撃情報も。もしあなたのもとにこのメモ帳がやってくることがあれば、その時はぜひ、かわいがってあげてくださいね。

 ここまでこのレポートをお読みいただき、ありがとうございました。商品開発への道のりは遠い。今度はどんな(くだらない)ものができあがるのか? それではみなさん、またどこかでお会いしましょう!

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

ページトップへ