ヤレ紙プロジェクト! 〜最終回〜

第6回

ヤレ紙プロジェクト! 〜最終回〜

2019.01.26更新

0126_1.jpg

 お久しぶりです。ミシマンです。またもや前回の更新から日が経ってしまいました。ということで、まずは前回のおさらいから(このパターン、2回目)。

◾️ヤレ紙プロジェクト! 〜第2回〜

完成しました!

 さっそくですが、できあがったもの、見せちゃいますね。はい!

0126_2.jpg

じゃーん!

 このメモ帳、すでにミシマ社サポーターさんへのプレゼントや、「ミシマ社の本屋さん」のお客さんへのおまけとして、世に出回っております。

 あれ? でもちょっと待って。このプロジェクトってそもそも、「商品」開発を目指してたんじゃなかったっけ?

 そうです。そのつもりで進めていたんです。「使えないメモ帳」って、なんともくだらないですが(←自分で言ってる)、そんなくだらないものを、真剣に作って売る、しかも利益もちゃんと出す、っていうのが当初の目標だったのですが・・・

結果、レアグッズに。

 このメモ帳、ミシマ社の前年度も終わる、ぎりぎりの時期に出来上がりました。「わーい!」と喜んだまま、商品として売る段取りをとらずに年度が変わってしまい、いまさら「商品」化することができなくなってしまったのでした。会社には、「決算」というのがあるんですね〜。勉強になりました。

 そんなわけでこのメモ帳は、「商品」ではなく、「おまけ」としてこれからの人生を歩んでいきます。今後ミシマ社のイベントやフェア会場で、もしかしたら、もらえるかも? このメモ帳を手にしたあなたは、ラッキーですよ〜!

手がかかる子ほど、かわいいもんです。

 さてさて。せっかく最終回なので、ここからは少しさかのぼって、実際の制作の様子などもご紹介します。現場担当・あさひ高速印刷の小野さんは、今回の制作にあたって、とても細かく、さまざまな検証をしてくださいました。2種類のサイズサンプルを作ってくださったり、ヤレ紙をカットする時の向き(縦方向に使うか、横方向に使うか)を試してくださったり・・・。

0126_4.JPG

一枚の大きな紙からどうやって切り出せば最適かを検証しているところ

 また、ある日のやりとりでは、表紙の印刷について、こんなメールをくださいました。

あれから岡とも話して考えてみたのですが、
やはり活版よりもオフセットの方がミシマ社さんのこのメモ帳の
イメージにあっているのでは、、という話になりました。

機械的に特色2色まで可能なので、
表面を2色展開にするのはいかがでしょうか?
「ミシマ社のメモ帳」という文字をベタにする方が
ハッキリとしてパンチ出るように思います!

 こんなくだらないメモ帳(←自分で言ってる。2回目)に、真剣に向き合ってくださる、小野さん、そして、社長の岡さん。感動です。その後も、どんな色で刷ったらいいか話し合ったり、一冊にまとめる作業が案外難しいことがわかったり・・・。シンプルなメモ帳ですが、出来上がるまでにいろいろと試行錯誤を繰り返しました。あさひ高速印刷のみなさま、本当にありがとうございました!

0126_3.JPG

おまけ:それぞれの使い道

 それでは最後に。すでにこのメモ帳をお手にとった方からの声を、ご紹介します。

製本担当の者が、失敗した分のミシン目をちぎりまくって
ストレス発散になると言ってました!

 これは、小野さんから届いたメールです。このメモ帳には一枚一枚、とっても細かい「マイクロミシン目」が入っていて、それはそれは、気持ち良く切り取れるのです。ひっぱった瞬間には、もう、紙はメモ帳から離れています。すごいです。

0126_5.JPG

 こちらは、とあるミシマ社サポーターさんから届きました。なんとハガキとして使うという・・・! 強者です。

 他にも、「あれ、使えます!」と笑顔でおっしゃる方がいたり、「◯◯さん、普通にヤレ紙の上にメモを書いてた」というミシマ社メンバーからの目撃情報も。もしあなたのもとにこのメモ帳がやってくることがあれば、その時はぜひ、かわいがってあげてくださいね。

 ここまでこのレポートをお読みいただき、ありがとうございました。商品開発への道のりは遠い。今度はどんな(くだらない)ものができあがるのか? それではみなさん、またどこかでお会いしましょう!

ミシ社仕掛け屋チーム

ミシ社仕掛け屋チーム
(みしましゃしかけやちーむ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

05月23日
第14回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! 番外編 ミシ社仕掛け屋チーム
05月23日
第13回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その3 ミシ社仕掛け屋チーム
03月10日
第12回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その2 ミシ社仕掛け屋チーム
03月04日
第11回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その1 ミシ社仕掛け屋チーム
12月10日
第10回 2021年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシ社仕掛け屋チーム
07月01日
第9回 会社サポーター募集のお知らせ ミシ社仕掛け屋チーム
12月01日
第8回 2020年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシ社仕掛け屋チーム
05月02日
第7回 2019年度ミシマ社サポーター、まだまだ募集しています! ミシ社仕掛け屋チーム
01月26日
第6回 ヤレ紙プロジェクト! 〜最終回〜 ミシ社仕掛け屋チーム
01月04日
第5回 2019年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ(2) ミシ社仕掛け屋チーム
01月03日
第5回 2019年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ(1) ミシ社仕掛け屋チーム
11月25日
第4回 ヤレ紙プロジェクト! ~第2回「使えない」の中に~ ミシ社仕掛け屋チーム
08月17日
第3回 ヤレ紙プロジェクト! 〜第1回〜 ミシ社仕掛け屋チーム
07月07日
第2回 ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜 ミシ社仕掛け屋チーム
04月19日
第1回 ミシマ社サポーター募集!(2) ミシ社仕掛け屋チーム
04月18日
第1回 ミシマ社サポーター募集!(1) ミシ社仕掛け屋チーム
ページトップへ