本屋さんはじめました

第1回

本屋と活版印刷所(天草)

2019.06.22更新

 「本屋と活版印刷所」はその名の通り(笑)本屋と活版印刷所が一緒になっているお店です。

 本屋をやりたいと思っていた永田と、活版印刷をしている長島さん、それを応援したい森本家が天草にもこんな本屋が欲しいな~という思いで始めました。 右半分が本屋で、左半分が活版印刷所になっていて、二階には屋根裏の管理人と称して店番もする森本家と猫3匹が住んでいます。共通していたことは「本好き」でした。

0622_1.jpg

「はじめるきっかけは?」

 ミシマ社を(勝手に)熱く応援している熱烈サポーターの永田と、長島さん、森本家は、アマクサローネという地元イベントで実行委員として関わっています。2016年~2018年のアマクサローネではミシマ社の本屋さんを天草に期間限定オープンしていただき、それを精一杯バックアップしていた関係なのです。

 3年目となる昨年の"本と本好き ちゃぶ台トークライブ"では、寺子屋ミシマ社のタイトルを「天草に欲しい、作りたい、行ってみたい本屋さんてどんな本屋だろう?」と題してミシマ社から渡辺さん、池畑さんにも来島いただき、オープン企画会議をしました。いつかどんな形でか本屋さんをしたいという思いを胸にしてイベント終了。

 そのひと月後、12月の反省会の夜、突如、活版印刷の長島さんから一緒に本屋を始めませんか?という愛あふれる企画プレゼンが!!! ここから本屋と活版印刷所の開店へ向けて、怒涛の日々が始まるのでした。

 その場にいた森本家も巻き込んで、聞いているうちに楽しくなって夢が膨らみ、迷いながらも、「不安も無謀も、きっとうまくいく!」の思いの強さが自分を突き動かし、本屋を始めようと決意。年末には店舗契約、年明けから店舗改装、お金がない分、知恵を絞り、自分たちで出来る範囲でDIYを頑張って、理想に近づけて行きました。長島さんのお父さんにも力を貸してもらい、壁は漆喰を塗りました。

 店の雰囲気をいちばん醸し出している床は、森本家の提案で「本屋と印刷所ならこんな床も素敵かも」と紙の床=paper bag floor(ペーパーバッグフロア)を試作から手作業で仕上げ、4月1日無事オープンしました。

0622_2.jpg

「これからどんなことをやっていく?」

 「印刷ができる本屋さん」「本が買える印刷屋さん」として、それぞれが出来ることを続けていきたいです。ミシマ社の本に対する思いと、そこで知った新たな出版社と本、惚れ込んで訪ね歩いた本屋を自分の言葉で伝えて行きたい。それを活力源に天草で作る手作り絵本や、約400年前に天草に伝わった活版印刷が"天草本"と呼ばれる本を印刷していたように、天草で再び、活版印刷した本を作ることができればと思っています。

――本屋と活版印刷所 永田

【追伸】"屋根裏の管理人"こと森本家より

 「本屋さんごっこ終わり!」と長島さんに叱咤激励されて2か月、今も永田さんは夢かうつつかというふわふわした気持ちを感じることがあるとのことですが、お客様に本を手渡すそのたびに、輪郭がはっきりしてpaper bag floorに足がしっかりついているのが見えます。

 そのうち埋まるかも。

0622_3.jpg

本屋と活版印刷所

〒863-0023
熊本県天草市中央新町19-1
店舗裏に駐車場あり

営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日

ホームページ:
http://booksandletterpress.com

問い合わせ先:
booksandletterpress@gmail.com

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ