本屋さんはじめました

第5回

「本」のお店スタントン

2021.02.20更新

本日のミシマガは、大阪の針中野にある、「本」のお店スタントンの店主、田中利裕さんへのインタビューをお届けします。スタントンさんは、新刊と古書をどちらもあつかっていて、ミシマ社の書籍もたくさん置いてくださっている書店さんです。

スタントンさんがオープンされたのは2018年で、現在はもう「本屋さんはじめました」という時期ではないですが、街の人に愛されるとても素敵な書店さんで、ぜひ紹介したい! と思い、お店の営業担当であるヤマダがお話を伺いました。(ちなみに、これが人生初インタビューでした。)

そして、3月5日から3月28日まで、スタントンさんの展示スペースにて、「~0 歳から100 歳まで~みんなで楽しむミシマ社の絵本展」という原画展を開催します! ミシマ社がこれまで発刊した絵本全点の原画が集まる、とても豪華な展示です。

この記事をお読みになって、お店にご興味持たれた方は、ぜひ展示期間中に足を運んでみてください!

0220-1.jpg

スタントンさんの外観。駒川商店街から1本入ったところにあり、お店の前にはたくさんの古書が並んでいます。

いろんな本に囲まれた記憶が残る場

ーーまず、このお店を始められたきっかけを教えてください。

田中 もともとアセンス針中野店という、ここからすぐ近くにあった本屋に勤めていたのですが、2018年に閉店することになったんです。この近隣は、アセンスがなくなると本屋がなくなる、という状態でした。僕自身が仕事を失うということと、商店街が本屋を失うということを、どうすれば回避できるかなと考えたところ、僕が本屋を始める、という単純な発想にいたりました(笑)。

本屋って、本を売るっていう機能と、もうひとつ、場所としての機能があると思うんですよ。目的がなくてもぶらっと入れるじゃないですか。そういう場として機能していけたらな、と思っています。

0220-2.jpgスタントンの店主、田中利裕さん。いつもやわらかな笑顔でお客さんを迎えています。

ーー『スタントン紙片』に寄稿なさっていたみなさんも、街の中の場としての本屋、ということを書いていらっしゃったのが印象的でした。

※スタントンさんが発刊されたリトルプレス冊子。児童書作家の令丈ヒロ子さんや立岩陽一郎さんなど、地元で活躍されているさまざま方が寄稿なさっています。

田中 そうですね、みなさんそういったことを書いてくださいました。
僕自身振り返ってみても、子どもの頃よく行っていた本屋で、自分が見にいくのは手塚治虫の漫画だけなんですけど、棚には小難しい本が並んでいて、「こんな本があるんだな〜」と薄く記憶に残っていています。
ここにきた子どもたちにも、いろんな本に囲まれている記憶がぼんやり残ってくれたらいいいのかなと思いますね。

0220-3.JPG

ーー取り扱う書籍はどのように決めているのですか?

田中 「こだわりを持った本屋やな〜」って言われることもあるんですけど、そこまでこだわっているつもりはないんです。ただ、前の本屋だと、ベストセラーだから入れないといけない、といったことがありました。当然みんなが欲しがっている本を置くと売り上げに反映されるので、いい部分もあるんですけど、本の内容的に、ヘイト的なものだったり、どうしてもこれは取り扱いたくないな、というものも置かなくてはいけなくて。この店で同じことはやりたくないな、とは思っています。

コロナ禍では屋外でおはなし会を開催

ーー「おはなし会」という読み聞かせも定期的にやっていらっしゃるんですよね。

田中 コロナの前はお店の奥の3畳くらいのスペースにカーペットを轢いて、月に2回やっていたんですよ。

読み聞かせの内容としては、紙芝居と、絵本と、あと手遊びとかゲーム的なこととかも入れながら、お話ばっかりだと子どももしんどくなってくるんで。時間はだいたい30分強くらいですね。1時間くらいの枠をとっていて、その日の反応とか、用意している演目により前後します。

ーー(店の奥を指さして)あれって紙芝居の舞台ですよね。

0220-5.jpg田中 前のお店のときから来てもらっている紙芝居の専門の方がいらっしゃるんです。その方に、いまも毎月お願いしています。
あれが置いてあるとお客さんも「あ、紙芝居や!」と懐かしんでくださいますね。

ーーコロナになってからはどうされているんですか?

田中 店の前のスペースが自由に使えるので、パイプ椅子とか並べて、屋外で月1回くらい場を持てたらいいかな、という感じでやっています。
外でやっていると、商店街を道行く人が路地をふっと見たときに、「なになに?」って感じにはなりますよね。
最初はそんなに参加人数も多くなかった日でも、だんだん増えていって、最終的には結構な人数になっていたり。それは表でやるおもしろみかな、と思っています。

大人が子どもたちの本に囲まれる

ーースタントンさんは絵本の品ぞろえがとても充実しているな、という印象を受けました。

田中 おはなし会に来てくださっている人たちにそのまま絵本に目を向けてもらえたら、とは思っていますね。
あと、構造上、入ってすぐのところに児童書のコーナーがあるっていうのも影響しているのかなと思います。

大人が本屋に行くと、自分の目的のコーナーには行きますけど、児童書のコーナーにはなかなか足を運ばないですよね。
うちの場合は入ってすぐのところにあって、興味がなくても目につくことになるので、そのときに「あ、児童書って今こんなん出てんねや」と気づいてもらえたり。
大人が手にとってもおもしろい絵本はたくさんあるので、そこで新しく発見してもらう、ということは起こっているかな、と思っています。

さきほど子どもが大人の本に囲まれて、薄く印象に残ってくれたら、という話をしましたけど、逆に、いい大人も、子どもたちしか知らない本に囲まれているっていう状態ですね。子どもも大人も、お互いが分け隔てなく本に触れられるという感じになればおもしろいかな、と思っています。

0220-4.JPG

***

インタビュー中にも、予約した本をとりに来られた方、古書を売りに来られた方、「植物の本ってありますか?」と尋ねていた方など、たくさんの方が、それぞれの楽しみ方でスタントンさんを利用されていました。

インタビューを通じて、改めて、子どもからお年を召した方まで、分け隔てなくみなさんにひらかれ、愛されている本屋さんだ! と感じました。
そんなスタントンさんで、「対象年齢0歳~100歳超」とうたっているミシマ社の絵本の原画展を開催できること、とても嬉しく思っています。遠方にお住いの方は足を運びづらい状況下ではありますが、無理のない範囲で、「本」のお店スタントンさんに、そして、「~0 歳から100 歳まで~みんなで楽しむミシマ社の絵本展」にお越しくださいませ!

「本」のお店スタントン
〒546-0043
大阪府大阪市東住吉区駒川5丁目14−13 1F
(近鉄針中野駅から徒歩一分)
営業時間:11:00~19:00/火曜休
Twitter:@BooksStanton

「~0 歳から100 歳まで~みんなで楽しむミシマ社の絵本展」
会期:2021年 3月5日(金)~3月28日(日)
会場:「本」のお店スタントン
展示する原画:
益田ミリ(作)/ 平澤一平(絵)
『はやくはやくっていわないで』『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』
後藤美月(著)『おなみだぽいぽい』
オクノ修(詩)/nakaban(絵)『ランベルマイユコーヒー店』
tupera tupera(さく) 『パパパネル』
主催:ミシマ社

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月22日
第18回 Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区) ミシマガ編集部
12月18日
第17回 OLD FACTORY BOOKS(和歌山・海南市) ミシマガ編集部
12月04日
第16回 百年の二度寝(東京・江古田) ミシマガ編集部
11月25日
第15回 自分の物語を生きるには「言葉」が必要だ ――BOOKSライデン(長崎) ミシマガ編集部
09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ