本屋さんはじめました

第16回

百年の二度寝(東京・江古田)

2022.12.04更新

 東京都練馬区の「百年の二度寝」です。変わった名前ですが、書店員経験のある私と、突然段ボールというバンドでドラムを叩いているパートナーの2人で運営している本屋です。昨年の3月にオープンしましたので、開店から約1年半になります。

1204-1.JPG

 私は大学卒業後、非正規雇用で書店に勤め始めて、それから7年ほど大型店で勤務していました。本屋の仕事は本当に大好きで、薄給ながら天職に出会えたと思っていたのですが、うつ病を発症してしまい無念のドロップアウト。その後、右往左往しているうちに、なぜか自分の店が出来ていました。

 二度寝の特徴のひとつが、極めて特殊な立地です。オイルライフというおしゃれな雑貨屋さんの奥に位置しているため、店にたどり着くにはその雑貨屋さんを突っ切る必要があります。
 まさかお店の奥にもうひとつのお店、しかも書店があるとは思いもよらないらしく、初めてのお客様にはだいぶビックリされます。
 オイルライフ店主さんのご厚意で店の奥に間借りしているので、こういった立地になっているのですが、「隠れ家」的なよさを生かしつつ、特に地域の方に認知していただくにはどうするか、ひたすら模索の日々です。

1204-02.JPG

 品揃えに関しては、お客様のニーズを考えつつ、随所で思いっきり趣味に走るようにしています。なので、プロレス、ペーパークラフト、昭和レトロ、喫茶店の本などが妙に充実しています。
 もともと大型店の書店員でしたので、自分たちのテイストを前面に出すことに若干のためらいがあったのですが、やはり自分が好きで選んで熱のあるご紹介ができる本の方が、売れ行きもよい傾向があります。

1204-7.JPG

 新刊書籍、古本、ともに扱っていますが、私は新刊書店員として経験を積んだ人間ですし、骨格はあくまでも新刊書籍で、古本は肉付け、くらいのバランスで考えています。最初は肉の方が多いメタボ体型でしたが、古本を扱うには新刊とは全く異なる経験知が必要だと思い知る日々を経て、いまは新刊6対古本4くらいになっています。
 もっとも、古本がゼロになることもなさそうです。新刊書籍に古本を組み合わせると、新刊だけではなかなか出せない「幅」が出せますし、仕入れ代も圧倒的に低く抑えられます。それに、お金がない学生さんにも安く本を売りたいからです。

1204-03.JPG

 もうひとつ欠かせない存在が、個人や小規模のグループが刊行するリトルプレス。うちの店ならではの品揃えを模索する上で、有効な武器になってくれています。

 おかげさまで、売り込みのご連絡などもよくいただくのですが、置く場所が限られているのもあって、選定基準はかなりシビアです。いただいた売り込みの半分以上は泣く泣くお断りしています。
 その一方で、自分が素晴らしいと感じたり、うちの店の雰囲気によく合うと思ったものに関しては、こちらから置かせてもらうようアプローチもします。座して売り込みを待っているだけだと、売り込みに熱心で(それはもちろん素晴らしい事なのですが)他の書店さんにも在庫しているリトルプレスしか置けず、結果的に品揃えの差別化が難しくなると考えているからです。
 人見知り気味なので作家さんにこっちからアプローチするのはしんどいし、他の書店さんで売れてるものを手堅く売っていく方が商売としては正解かもしれないのですが、現状はそういった方針です。
 ちなみにリトルプレスの中で最も売り上げた品は、私が自分で出したコピー本だったりします。確かに他の店では売ってない・・・。

1204-4.JPG

 手前が雑貨屋さんなのもあって、雑貨にも力を入れています。仕入れに制約があってメーカーものは置くことが出来ないので、ほぼすべてが作家さんと直接取引を行って仕入れた一点物です。元々知り合いだった作家さんもいらっしゃいますが、Instagramで素敵な作品を発表している方に直接声をかけて、一本釣りしたりもします。
 年に2回、雑貨のイベント(5月が紙モノ雑貨、11月がブローチの特集)もやっています。その期間中だけ、二度寝はにわかに繁盛店になります。何年も閉店セールを続けている店みたいに、永久に雑貨イベントをしていたいくらいです。
 雑貨の品揃えにも私なりのこだわりはありますが、こちらに関しても私は所詮素人なので、整然としてスマートな売り方は出来ません。カオスなのを売りにしようと開き直っております。

1204-5.JPG

 なぜかこけしがいるし、親戚から託された中国の土人形がズラっと並んでいますし、6歳の女の子の絵を「当店最年少作家さんの肉筆画」と称して100円で売ってます。私は悪い大人ではないので、最年少作家さんとはちゃんと委託契約を結んで、売上のうち一定の割合を支払ってますよ。念のため。

1204-6.JPG

 こうやってこの店の成り立ちを捉え直してみると、本当に好き勝手にやっちゃってるなあ、としみじみと思います。そして、その「好き勝手」を経済的な利益につなげることが、残念ながらなかなかうまく出来ずにいます。
 ただ好き勝手にやっているだけでは、おままごとにしかならない。出版社さんや個人で表現活動を頑張っている作家さんたちの作品を預かり、うちの店を好いて来てくれる方がいる以上、私たちには最低限であっても経済的な利益を出し、お店を継続させる義務があると考えています。
 その一方で、うっかり本屋になってしまった人間や、ただただ本屋がしたいだけの人間が、本屋としてちゃんとご飯を食べていける社会を何とか作っていけないかな、と夢想してもいます。
 そして、そういう社会を作るうえで、「本」が果たす役割って、かなり大きいんじゃないかな、と。

 まだまだ店も私たちもひよっこです。これから店の方針も品ぞろえの傾向も変わっていくと思います。それでも、一人のお客様に一冊ずつ本を手渡してゆくのが私たちの本分であることは変わりません。
 東京の片隅の江古田のさらに片隅で、みなさんをお待ちしています。

1204-8.JPG

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月22日
第18回 Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区) ミシマガ編集部
12月18日
第17回 OLD FACTORY BOOKS(和歌山・海南市) ミシマガ編集部
12月04日
第16回 百年の二度寝(東京・江古田) ミシマガ編集部
11月25日
第15回 自分の物語を生きるには「言葉」が必要だ ――BOOKSライデン(長崎) ミシマガ編集部
09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ