本屋さんはじめました

第10回

本と羊(福岡・六本松)

2022.02.08更新

0208-1.JPG

どうも、本と羊の店主 神田裕でございます。ここは福岡市六本松4丁目という場所で2020年8月末に開店したわずか9坪のワンルームマンションサイズの小さい本屋です。天神から車で10分程度の山の手と下町風情の混在する不思議な場所です。六本松の駅から徒歩5分の飲食店が点在する裏通りで本屋を営んでいます。

もう百万回(嘘)も説明しているので、改めてお話しするのも何なん?(藤井風)という感じですが、まだまだマイナーなお店なので、かいつまんで説明します。(10000字下さい)

僕は元々30数年東京でグラフィックデザイナーをナリワイにして来ましたが、要するに「飽きた」ので違う人生を自分の余生に与えたくて、二年ほど試行錯誤の上、本屋になろうと決意し2020年2月に福岡市へ移住しました。かみさんはまだ東京で仕事しているので55歳にして単身移住です。寂しいったらありゃしない(笑)。

すぐに今の物件に出会い即契約〜工事期間を経て、開店しました。開店初日は大変多くの方に訪れていただき売上もすごかった〜〜。嵐のような1日で、白く燃え尽きました。(矢吹)

それからは喜怒哀楽の毎日が過ぎていきました。本屋経験もなく、「本屋講座」に行ったこともない僕が妻と独学で二人で始めた素人本屋。作りかけのまま始めた「サグラダ・ファミリア」な本屋を多くの方が手伝ってくれたりアドバイスをいただいています。ありがたいことです。

0208-2.JPG

ウチの本屋は「誰かの背中を少しだけ押す」がコンセプトでやっています。人生なんか背負えるわけないし、そこまでおせっかいは焼けない。でもその人が今より少しでも前に進める、新しい自分に出会うための本をシビア〜〜に選んでいます。(もちろんミシマ社の本も)

よく悩み、よく苦しみ、よく語り合う。会話より対話を。恋も仕事もそして人生も。何でも聞いています。時には店で酒を飲みながらね。特に若い人の話は聞いています。時には開店時間中いっぱいの時も。喉がつぶれます・・・(笑)。本屋は本を「媒介」として来る人みんなの「居場所」でなければならないと考えています。(案外真面目)

これからの本と羊は「本屋」という枠を外し、「本と羊」という本を売るだけでなく、本を通じて人づくり街づくりにも関与し、活動していく「本家(や)」へとシフトしていくつもりです。本だけを売っていても先細りは見えている。本を作り、本を謳い、本屋の概念も打ち破る・・・まだまだ模索中ですが、今の店という形をぶっ壊していく存在でいたいなと思います。(よくわかんないすね、すいません)

「書を捨てよ、街に出よう。」
本を読むことは人生の答えを永遠に探す旅でもあります。
「スマホを捨てよ、本を探す旅に出よう。」

下を向いてばかりじゃ、いい本には出会えないですよ。棚を見上げてください。
そこにはあなたの新しい世界が待っている。
いつかお越しくださいね。ではでは。

0208-3.JPG0208-4.JPG

本と羊
デザイン事務所&新刊と古本と酒とコーヒー販売
住所:福岡県福岡市中央区六本松4-4-12 102B
(市営地下鉄七隈線六本松駅 徒歩5分)
営業時間:平日13-19 土日12-18 月火定休 (臨時休業の場合もあり)
Twitter :@hon_to_hitsuji
instagram:@hontohitsuji
Mail:hontohitsuji@gmail.com
電話番号:非公表

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月22日
第18回 Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区) ミシマガ編集部
12月18日
第17回 OLD FACTORY BOOKS(和歌山・海南市) ミシマガ編集部
12月04日
第16回 百年の二度寝(東京・江古田) ミシマガ編集部
11月25日
第15回 自分の物語を生きるには「言葉」が必要だ ――BOOKSライデン(長崎) ミシマガ編集部
09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ