本屋さんはじめました

第10回

本と羊(福岡・六本松)

2022.02.08更新

0208-1.JPG

どうも、本と羊の店主 神田裕でございます。ここは福岡市六本松4丁目という場所で2020年8月末に開店したわずか9坪のワンルームマンションサイズの小さい本屋です。天神から車で10分程度の山の手と下町風情の混在する不思議な場所です。六本松の駅から徒歩5分の飲食店が点在する裏通りで本屋を営んでいます。

もう百万回(嘘)も説明しているので、改めてお話しするのも何なん?(藤井風)という感じですが、まだまだマイナーなお店なので、かいつまんで説明します。(10000字下さい)

僕は元々30数年東京でグラフィックデザイナーをナリワイにして来ましたが、要するに「飽きた」ので違う人生を自分の余生に与えたくて、二年ほど試行錯誤の上、本屋になろうと決意し2020年2月に福岡市へ移住しました。かみさんはまだ東京で仕事しているので55歳にして単身移住です。寂しいったらありゃしない(笑)。

すぐに今の物件に出会い即契約〜工事期間を経て、開店しました。開店初日は大変多くの方に訪れていただき売上もすごかった〜〜。嵐のような1日で、白く燃え尽きました。(矢吹)

それからは喜怒哀楽の毎日が過ぎていきました。本屋経験もなく、「本屋講座」に行ったこともない僕が妻と独学で二人で始めた素人本屋。作りかけのまま始めた「サグラダ・ファミリア」な本屋を多くの方が手伝ってくれたりアドバイスをいただいています。ありがたいことです。

0208-2.JPG

ウチの本屋は「誰かの背中を少しだけ押す」がコンセプトでやっています。人生なんか背負えるわけないし、そこまでおせっかいは焼けない。でもその人が今より少しでも前に進める、新しい自分に出会うための本をシビア〜〜に選んでいます。(もちろんミシマ社の本も)

よく悩み、よく苦しみ、よく語り合う。会話より対話を。恋も仕事もそして人生も。何でも聞いています。時には店で酒を飲みながらね。特に若い人の話は聞いています。時には開店時間中いっぱいの時も。喉がつぶれます・・・(笑)。本屋は本を「媒介」として来る人みんなの「居場所」でなければならないと考えています。(案外真面目)

これからの本と羊は「本屋」という枠を外し、「本と羊」という本を売るだけでなく、本を通じて人づくり街づくりにも関与し、活動していく「本家(や)」へとシフトしていくつもりです。本だけを売っていても先細りは見えている。本を作り、本を謳い、本屋の概念も打ち破る・・・まだまだ模索中ですが、今の店という形をぶっ壊していく存在でいたいなと思います。(よくわかんないすね、すいません)

「書を捨てよ、街に出よう。」
本を読むことは人生の答えを永遠に探す旅でもあります。
「スマホを捨てよ、本を探す旅に出よう。」

下を向いてばかりじゃ、いい本には出会えないですよ。棚を見上げてください。
そこにはあなたの新しい世界が待っている。
いつかお越しくださいね。ではでは。

0208-3.JPG0208-4.JPG

本と羊
デザイン事務所&新刊と古本と酒とコーヒー販売
住所:福岡県福岡市中央区六本松4-4-12 102B
(市営地下鉄七隈線六本松駅 徒歩5分)
営業時間:平日13-19 土日12-18 月火定休 (臨時休業の場合もあり)
Twitter :@hon_to_hitsuji
instagram:@hontohitsuji
Mail:hontohitsuji@gmail.com
電話番号:非公表

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。本日は、来週末、そして来月に私たちが出店する「本屋さん」についてご案内します!  ミシマ社京都オフィスにて併設していた小さな本屋「ミシマ社の本屋さん」が2022年7月をもって終了することになりました。 

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ