本屋さんはじめました

第12回

本屋ともひさし(京都市烏丸六条)

2022.04.03更新

昨年2021年10月2日、コロナ禍の中オープンしました。本屋ともひさしの高橋です。

ともひさし」という屋号から「ともひささんですか?」と男性と勘違いされることが多いと、最近気づきました(笑)。孫もいる、おばあちゃんです。

ともひさし」という屋号には、「友久しく本屋で会おう」とか、当て字で「灯寿」本という小さな灯でお客様を寿ぎ(言祝ぎ)たいとか、「共庇」雨が降ったら共に庇に入って雨宿り、止まない雨はない。とかいろいろと意味をこじつけて(笑)います。今後まだ増えるかも知れません。

0403-1.jpg

本屋経験は全くなく、内沼晋太郎さんの「これからの本屋講座」でも当然最年長組。レポートを出す(送信する)のも四苦八苦で、何とか7期生を修了しました。同期には、三軒茶屋の「キャッツミャウブックス」さんや、盛岡の「pono books」さんがいます。

たいへんな落ちこぼれ受講生の私でしたが、「これからの本屋講座」で内沼さんをはじめ、「本屋」になりたいと妄想し実現する仲間と知り合えたことは、私にとって「本屋になることを諦めない」芯のようなものになったと思います。有難いです。

ともひさし」の店舗は、築100年を優に越えた京町屋です。京町屋ならでわの「鰻の寝床」で玄関からすぐ「店の間」になっています。私の実家でもあり、2019年末までは「神職装束店」として、神社に納める品物を取り扱う小売店を、100年間ほど営んでいました。

0403-2.jpg

装束店廃業がカウントダウンに入ったとき、「店の間」が閉じてしまえば実家の町屋は「死んだ家」になる、という危機感がありました。実際、奥の方は物置と化しており、陳列棚の床板は白蟻にやられてミルフィーユ状態、と惨憺たる有り様でした(涙)。

それを、ゴミを整理しまくり、床工事、電気工事から入って畳替えをし、何とか店舗として使える状態にしました。お金はすっからかんになくなりました(笑)。

神社に納める商品が並んでいた陳列棚は、今は本棚兼ギャラリーになっています。店の間の続きは、町屋の台所「火袋」になっていますが、そちらもピクチャーレールと照明を足して、「火袋ギャラリー」としました。今現在は、

絵本作家こしだミカさんが釧路の雄大な自然と、根室の人々を描いた作品

『ねむろんろん』
こしだミカ 絵
村中李衣 文
新日本出版社

のパネル展を3/25(金)~4/10(日)で開催しています。
(※期間中の店休日:3/28(月)、3/31(木)、4/4(月)、4/7(木))

0403-3.jpg

本棚は、絵本が多めですが、絵本以外にも私が推したい本がおさまっています。
お客さまがお子さま連れとか、少しでもお時間のある方だと、紙芝居や、絵本のよみきかせが始まったりします(笑)。
最近は近隣のお風呂屋さんに「鏡広告」も出し、広報にも励んでいます。

コロナ禍でなかなかままなりませんが、お客さまとの「距離」を近く保って何か面白いことを企んで行きたいという気持ちは、常に持っています。

店舗兼自宅で、両親の在宅介護もしながらの営業ですので、日にちと時間が短く限られますが、「朝活営業」としてほぼ毎日朝の一時間ほどを開けたりもしています。また、「月読営業」として夜の時間の活用も考えています。
いずれにしても、私一人ではやることに限界がありますが、本好きの仲間の皆さんと一緒に、面白いことを企んで行けたらいいなと思っています!

0403-4.jpg

本屋ともひさし

場所:京都市下京区烏丸通五条下る大坂町405
アクセス:京都駅から徒歩7分、地下鉄五条駅8番出口より徒歩30秒
営業日:火、金、土、日と、ときどき水曜日
営業時間:11:00~16:00
定休日:月、木曜日
朝活:7:00ごろ~8:00ごろ
月読:時間未定

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月22日
第18回 Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区) ミシマガ編集部
12月18日
第17回 OLD FACTORY BOOKS(和歌山・海南市) ミシマガ編集部
12月04日
第16回 百年の二度寝(東京・江古田) ミシマガ編集部
11月25日
第15回 自分の物語を生きるには「言葉」が必要だ ――BOOKSライデン(長崎) ミシマガ編集部
09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ