本屋さんはじめましたPunto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区)

第18回

Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区)

2023.01.22更新

 本日のミシマガは、京成みどり台駅から徒歩3分にある「Punto 本と珈琲」を営む上野洋子さん、上野太一さんへのインタビューをお届けします。
 洋子さんはスペイン語通訳、太一さんはグラフィックデザイナーの仕事をされながら、ご夫婦で本屋を営まれている方々です!
 デザイナーと通訳者の仕事をされていたお二人がどういう経緯で本屋を始めることになったのか。個人的に気になりお店の営業担当であるニシオがお話を伺いました。
 グラフィックデザイナーとスペイン語の通訳という必ずしも固定の場をもつ必要がないお仕事をされているお二人が、本屋という「場」を持つことで生まれる化学反応の数々には目から鱗でした。ぜひ読者の皆様の本屋を始める一助になれば嬉しく思います。

「スペイン語」と「デザイン」の本を軸に棚をつくる

ーー洋子さん、太一さんのそれぞれの仕事とゆかりのある本が並ぶ棚作りはとても面白いです! そもそもお二人が通訳とデザインの仕事を始めた経緯からお聞きできますか?

punto-spanishbooks.jpg

洋子 私は中学・高校時代を南米のパラグアイという国で過ごしました。通訳の勉強を始めたのは20代半ばで、その後、日韓ワールドカップをきっかけに5〜6年ほどサッカー関係の仕事(代理人事務所やライター)をしていました。フリーのスペイン語通訳になってからは10年ぐらいです。

太一 私はグラフィックデザイナーで、主に地域の商売のお手伝いをするようなお仕事をしています。たとえばHP作りだったり、お店の看板を作ったりしています。あと、デザイン学校の講師業もしていますね。

洋子 プントの特徴は2人の仕事である「スペイン語」と「デザイン」に関連した本が多いというところです。本以外にも、「スペイン語」と「デザイン」の掛け算で何か面白いことがやれたらなあと思って、こんなブックカバーも作りました。

punto-cover-5956.jpg

ーーこれは何のイラストですか?

洋子 これはInstagramで出会ったメキシコ在住のベネズエラ人イラストレーター、マヌエル・バルガスさんに描いてもらったんです。 こちらから伝えたのは、セルバンテス(1547-1616 近世スペインの小説家で『ドン・キーホーテ』が有名)の「多くを読み多く歩く者は、多くを見、多くを知る」っていう言葉だけで、あとは全ておまかせです。まず、日本の本屋さんにはブックカバーをつけるという習慣があるんだよ、と説明するところから始まりました。

ーーということは中南米ではブックカバーはないと・・・?

洋子 ブックカバーをつけるという習慣はないと思います。サイズの大きなペーパーバックが多くて、紙の質感も日本の本とは違いますよね。

――そうなんですね。

洋子 イラストレーターさんを見つけたり、ブックカバーの制作をお願いしたりする部分は「スペイン語」で、実際に届いてきたイラストデータのサイズ調整とか、印刷の発注、用紙選びなどは「デザイン」の作業です。こんなふうに、これからも私たちの強みを活かせたらいいなと思っています。

コロナがきっかけで本屋をはじめた

洋子 コロナがなければ特に迷うこともなく、通訳の仕事だけを続けていたと思います。でも実際は、海外の人が日本へ入ってこられない状況下で仕事がほぼゼロになってしまった。そこで「通訳以外にも何かできることを増やしたい」と思いました。
 私の父が脱サラして50歳を越えてから南米で起業したということも頭の中にあったかもしれない。自分がそれに近い年齢になってきて、もう少しここで冒険してみてもいいんじゃないか、と思い始めました。

――そんな中でなぜ本屋さんを?

洋子 栃木県の那須町を旅行したとき、たまたま「那須ブックセンター」という本屋さんに行く機会があったんです。残念ながらすでに閉店してしまいましたが。そこは7割ぐらいが一般的な品揃えで雑誌や漫画も取り扱っていましたが、所々に「お!?」と目を引く本が置いてありました。たとえば「薪ストーブ」の本がたくさんあったり(笑)。

ーー那須っぽいですね(笑)。

洋子 そうなんです。おそらく別荘地っていう地域の特徴だったり、そこで暮らす方々の暮らしを意識して選んでいらっしゃったのかなと。あとは小屋作りみたいなDI Yの本や、ガーデニング、マタギの本とか。
 私はガーデニング好きなので、これまでも大手の本屋さんでよくそういうコーナーを見てきましたけど、「那須ブックセンター」では日陰植物に特化した本が平積みで置いてあったりして、それは那須のような森の中だと木陰になる場所が多いから、あえてこういう本を前面に出しているのかな、なんて想像したりして。その本屋さんを見て彼(太一さん)も興味を持ったようでしたその店作りにすごく惹きつけられました。

太一 「こんなふうに陳列を工夫できたら面白そう!」と興味が沸きました。もともとデザイン事務所がほしいとは考えていたので、そこを本屋にすることでセミパブリックなスペースになって緊張感が生まれるのもいいと思ったんです。

洋子 他に本屋さんがない地域であれば、幅広いジャンルの本を取り扱う責任を多少なりとも担うことになると思います。ただ幸いなことに、ここは駅なかのチェーン書店さんが近くにあるので、プントっていう、ちょっと風変わりな本屋があっても許されるかなと思って、今はこういう選書にしています。

punto-5927.jpg

お店があることで生まれるつながり

ーー本屋をやってよかったことはありますか?

太一 物理的な場所ができた、ということでしょうか。通訳とデザインの仕事だけをしていたら絶対に出会わなかった人たちとお話できるのは楽しいです。「場」があることで生まれることがたくさんあるなあとお店を始めて知りました。

洋子 昨年10月には、スペイン語圏の文化普及に取り組んでいるNPO法人、イスパJP 主催の文学イベントでプントのスペースを使って頂いたんですが、普段通訳(発言を口頭で別の言語に変換する仕事)だけやっていると、翻訳(テキストや映像を別の言語のテキストに変換する仕事)をメインにされている方とは、ワークスタイルが異なるので意外と接点がないんです。でも「スペイン語」という軸で本屋を始めたら、そんな繋がりも生まれました。そういうところが面白いですね。

IMG_68612c.jpg

太一  また西千葉にある屋外の公共空間 HELLO! GARDEN で「『環境』をテーマにしたイベントに参加しませんか?」と声をかけいただいて出店できたことも良かったです。自然や環境もプントが大事にしているテーマなので。そんなふうに「場」によって「地域」とのつながりができた、というのもかけがえない経験ですね。

punto-event-6827.jpg

ーーお店があることで地域とのつながりが生まれるわけですね!

洋子 そうですね。あとは自分が選んだものをお客さんが購入して下さるという体験をこれまでしたことがなかったので「あ、それ気に入ってくれたんだ!」という発見がとても新鮮だし嬉しいです。
 本屋さんに勤めた経験はないですが、だからこそ何か枠にはまらない面白さを出していけたらと思っています。低空飛行でいいからこれからも続けていきたいですね。

punto-5940.jpg

***

〈取材後記〉
 今では千葉市の海岸線沿いのほとんどが埋め立て地で、商業施設やタワーマンションが立ち並んでいますが、埋立前の海岸線沿いはリゾート地(別荘地)だったそうです。Puntoさんはそんなエリアに店を構えておられます。それも影響しているのでしょうか。妙に街の空気がゆっくりしており、Puntoさんもその街に溶け込むようにお店を構えておられました。
 インターネット環境があれば仕事ができる、そんな仕事が一般化したいま、リアルで店舗を持つことで人との出会い、街との出会いが生まれるんだなあと、改めて考えた取材でした。

プント 本と珈琲
〒263-0042
千葉県 千葉市 稲毛区 黒砂 1-5-14-2F
(京成みどり台駅 徒歩3分)
営業時間: 不定休 (twitter, instagram, HPに掲載)
Twitter:@LibreriaPunto

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月22日
第18回 Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区) ミシマガ編集部
12月18日
第17回 OLD FACTORY BOOKS(和歌山・海南市) ミシマガ編集部
12月04日
第16回 百年の二度寝(東京・江古田) ミシマガ編集部
11月25日
第15回 自分の物語を生きるには「言葉」が必要だ ――BOOKSライデン(長崎) ミシマガ編集部
09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ