本屋さんはじめました

第11回

子どもの本屋ぽてと(大阪)

2022.03.13更新

1poteto-gaikan1.jpg

 2021年12月14日にオープンした、「子どもの本屋ぽてと」。北浜で10年つづく新刊・古書店「FOLK old bookstore」の店主・吉村祥さんが、FOLKのすぐお隣ではじめた本屋です。
 ガラス張りの入り口をあけると広がるカラフルな世界。明るい店内には展示スペースもあり、現在は網代幸介さんの絵本『てがみがきたな きしししし』の原画を展示中です(〜3月21日まで)。
 吉村さんに、「子どもの本屋」をオープンすることになった経緯や、お店への思いを伺いました。

(構成:新居未希、取材日:2022年3月3日)

通りすがりのおばあちゃんが入ってきてくれる

ーー「子どもの本屋」をオープンしたのには、どういう経緯があったのでしょうか?

吉村 2021年の夏ごろに、ここにもともと入っていた印刷会社さんが「もう出るねん」と、廃業しはることを聞いたんです。それから「えーっ、となり、空くんか・・・」と毎日悶々としていて(笑)。印刷会社のときは、横の建物と2軒繋げて使ってはったんですよ。1階だけでなく地下もつなげていて。「これ全部お店にできたらワンダーランドやん!」と思ったんですけど、やっぱりそれは家賃がたいへんで、実際にここでお店をやろうと決めたあと、横とつながっていた壁はふさがれました。半分でよかったです、今思えば(笑)。

ーー店内も素敵ですね。この床の感じとか、かっこいいです。

吉村 ありがとうございます。本棚たちは制作をお願いしたんですけど、床と壁は自分たちでやったんです。めっちゃ大変でした(笑)。床のタイルがところどころ剥がれていて、もう全部剥がしてしまおう! って、ノミで必死に剥がしました。

ーーお店をオープンされる前から、「子どもの本屋ぽてと」としてポップアップストアをされていたんですよね。

吉村 谷六(谷町六丁目)にある「POL」(吉村さんが共同運営するギャラリー/イベントスペース)でやっていました。イベントやブックフェアなどに出店するとき、絵本がよく動くなぁというのはずっと思ってたんです。となりのFOLKでも、マヤルカさん(マヤルカ古書店)とか、ゲストを2店舗呼んでうちの古本とまぜて展示スペースで大きく展開する「絵本の古本市」というのを何回かやっていて、それも反応がよかったんですね。希望があるな、絵本にはと(笑)。それが実感としてあったし、自分も絵本が好きなので、絵本だけのイベントもいいなと思ってやってみたのがそのPOLでのポップアップストアです。ポップアップの時点で、ノリで架空の店名もつけて、ロゴも作って、ステッカーもつくりました。

logo_illust_square.jpeg

吉村 お隣のFOLKは本屋スペースが地下なので、お子さん連れの方はなかなか入りにくいんです。絵本も(ぽてとができる前は)そのFOLKの地下に置いてたんですけど、これ、もうちょっとオープンな場所に並べたらもっと売れるやろな、という気持ちがありました。
 ぽてとは1階なので、入り口を開け放つことができる。通りすがりのおばあちゃんが入ってきてくれるなんて、FOLKではありえないです(笑)。FOLKは、展示の情報をSNSで得たりして、存在を知っている人が来てくれることが多いんです。でもここ(ぽてと)は、通りすがりのOLさんがマスキングテープを買っていってくれたりして。めっちゃ希望を感じていますね。

poteto2-1.jpg店主の吉村さん

新刊を扱うことがすごく楽しい

吉村 隣のFOLKは、この場所にできてちょうど10年なんです。もともと天神橋(南森町)で1年2カ月やっていました。それが2010年オープン。2012年1月からこの場所ではじまり、丸10年北浜ライフを過ごしてます。
 僕自身は東大阪出身なのでこのあたりには全然詳しくなかったんですが、オープン当時はすぐ裏の川横に大きな木もあって、ロケーションがすごくよかったんですよね。木はもう切られちゃいましたが・・・。北浜はサラリーマンの町なので、もともと喫茶店やラーメン屋さんは多かったんですけど、この10年でだんだん雑貨屋さんや立ち飲み屋さんなど小さいお店も増えて、すごくうれしいですね。

ーーFOLKとぽてとも、きっとその一因を担っていると思います。
「ぽてと」には、大人向けの読み物も置いてありますが、絵本が大半です。ほとんど新刊書ですよね。

吉村 古本に飽きた・・・というわけではないんですけど(笑)。古本は受け身というか、何がくるかわからないところが楽しいけど、新刊は自分からとりにいける楽しさがすごくある。それに夢中ですね、いまは。また変わるかもしれないですけど・・・新刊を扱うことがすごく楽しいです。狩りにいく気分で、検索エンジンを駆使しています。
 絵本を扱わなければ知らなかった出版社を知れたり、「長新太はほんまにいろんなところから出してるなぁ」とか、発見がたくさんあって。
 あと、もともとがオタク気質なので、この作家とこの作家が仲良いとか、この作家の影響を受けているとか、そういうのを調べたりするのが好きなんですよ。SNSで情報を得ることも多いですけどね。漫画家や写真家、詩人が絵本を手がけたり、他ジャンルとクロスしている絵本も多くて。もともと漫画やイラストレーションが好きだったので、そういう流れとかも調べてみたり、楽しいですね。

poteto1-1.jpg

とにかくつづけること、毎日店を開けること

ーーオープンしてから3か月、いかがですか?

吉村 オープンした12月はすごくよかったんです。クリスマスもあるし、開店のお祝いムードというか、みんな来てくれて。「うわ、いけるわ〜!」と思ったら1月、コロナもまたどんどん増えて、寒いし、そう甘くはないな・・・と打ちのめされて、2月またすこし戻ってきて、という感じです。1月はすこしナーバスでした(笑)。お店の入り口を開けっぱなしでいける気温かどうかというのもけっこう大きいですね。ふらっと入ってきてほしいので。

ーーお店の片側の壁には、広々と展示のスペースがとられています。すごく目にはいってきますね。

poteto0313-1.jpg

poteto0313-2.jpg現在開催中の展示の様子。網代幸介さんの絵本『てがみがきたな きしししし』

吉村 となりのFOLKにも展示スペースがあるんですが、予定をけっこう先まで入れてしまっていたときに、お誘いいただいたけれどタイミング的に難しくて断っちゃってたものもあったんです。それも「惜しいなぁ」「もう一つスペースがあったらな」と思ってたんで、いいタイミングでできました。
 今後はぽてとでの展示も、週末を3回くらいはさむペースでやっていけたらなと思ってます。

ーー来るたびに違うものが展示されているのは、とても素敵ですね。新しい作品を知るきっかけにもなります。

吉村 そういうことをちょっとずつやっていったら、通りすがりの人がふらりと寄ってくれたりするかな、と。とにかくつづけること、毎日店を開けることですね。それが難しいんですけど。
 この「ぽてと」の開店もそうですけど、勝負するごとにお金がすっからかんになっていきます、ほんまに(笑)。でも今年は絵本の出版もやってみたいなと思ってます。去年『肝腎』をはじめて出したんですが、これも本を出しつづけることで前の本の存在も知ってもらえたりするから、何事もつづけないとですよね。

ここで少しでも逃避してもらえたら

ーー『タンタン ソビエトへ』が面で出ていたり、谷川俊太郎さんとNoritakeさんの『へいわとせんそう』が入り口にあったりも。

吉村 本屋がなにできるかな、すこしでもできることはなんやろうとやっぱり考えますね。

poteto3-1.jpg

ーー『ドラえもん』などの王道から掘り出しものの絵本まで、幅広いラインナップです。

吉村 定番も抑えておきたいと思っています。古本でもそれはやっていたし、なによりも本を買うのが好きなんですよね。買ったものを放出する場所を得ているというか(笑)。

ーーいち子育て中の身として、「どこなら子どもと一緒に行けるか」をいつも探しているところがあるんです。「〇歳児以下NG」という場所もあるので・・・。ぽてとのように、「子どもと一緒にどんどん来てね」と言ってくれる場所があることで励まされる気持ちになります。

吉村 お父さんと娘さんとか、ご家族で一緒にきてくれたりする姿はやっぱりすごく嬉しいですね。
 あと、大人もけっこう、疲れている人が多いなと感じています。いまの世の中、「こうじゃないと」というのがたくさん目に入ってきて、しんどいなと思うんです。でも絵本って自由やし、ファンタジー作品とか、大人も子どももみんなすごく読んでほしいですね。ここではない世界、ここ以外の世界にいってほしい。どう生きてもいいのにね、ほんまは。いろんな考え方があんのに、「こうじゃないとあかん」が多いから・・・ここで少しでも「いいんや」と思ってもらえたらいいなと思っています

(終)

子どもの本屋ぽてと
場所:大阪市中央区淡路町-1-8 1階101号室
アクセス:大阪メトロ「北浜」駅から徒歩約10分
営業時間:火-金 13:00-19:00/土日 13:00-18:00
定休日:月曜日(3月21日祝日は営業)
Twitter(FOLK old book store):@FOLKbookstore

《現在開催中の展示》

kishishi.jpg

網代幸介さんによる絵本『てがみがきたな きしししし』(ミシマ社)原画展示を開催中です!
サイン本やオリジナルグッズも販売いただいています。
開催期間:〜2022年3月21日(月祝)

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月22日
第18回 Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区) ミシマガ編集部
12月18日
第17回 OLD FACTORY BOOKS(和歌山・海南市) ミシマガ編集部
12月04日
第16回 百年の二度寝(東京・江古田) ミシマガ編集部
11月25日
第15回 自分の物語を生きるには「言葉」が必要だ ――BOOKSライデン(長崎) ミシマガ編集部
09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ