本屋さんはじめました

第13回

ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島)

2022.08.16更新

店舗はないけど3店舗ある"本屋"

こんにちは。「ハタハタショボウ」の廣畑と申します。書籍編集の仕事をしながら、この屋号で2019年から「本屋活動」を行っています。

「働く人の傍(ハタ)に、価値ある1冊を」をモットーに、広い意味で仕事に役立つ本を届けています。ミシマ社さんの本では、ナカムラケンタさんの『生きるように働く』もよく薦めている1冊(そしてすぐに売れていきます)。

店舗はありませんが、3店舗(東京の吉祥寺、西荻窪、そして福岡県の糸島)で展開中です。

「・・・店舗がないのに3店舗? そもそも本屋活動って?」

よくこんなふうに聞かれますが、2022年の時点ではすでに市民権を得つつあるのでお察しの方もいるでしょう。当店は、棚を間借りして運営している、いわゆる「間借り本屋」になります。

東京・吉祥寺の「ブックマンション」、西荻窪の「BREWBOOKS」、福岡・糸島の「糸島の顔がみえる本屋さん」。こちらの3店舗で棚の一区画をお借りして、本を販売したり、お店番をしたり、イベントをしたりしています。こうした活動を、ざっくり「本屋活動」と呼んでいます。

BM01 (1).jpgブックマンション店内の様子。左右に約70~80名の棚主が選んだ本が並ぶ

編集者が「本屋活動」を始めた理由

編集者でありながら、なぜ「本屋活動」に取り組むようになったのか。少しだけ説明させてください。

きっかけのひとつは、2018年5月、アタシ社の三根さんご夫妻が三崎で始めた「本と屯」を訪れたことでした。その頃はちょうど、次々と本屋さんが減っていくなかで何か自分にできることはないのか、とモヤモヤしていた時期。子どもが「本のある空間」で自由に過ごす様子を「本と屯」で見たとき、雷に打たれたような衝撃を受けました。「こんな場所こそ、今の時代に求められてるはずだ」と。まさに『ちゃぶ台』の最新号(2022年 春/夏号)のテーマである「共有地」としての本屋の可能性に目を開かされた思いでした。

そしてほぼ同じ時期に、2019年にブックマンションを開く中西功さんとも出会います。中西さんが言う「誰でも本屋ができる仕組みづくり」の発想に共感し、棚を借りて現場に立ってみようと決意したのでした。

HT01.jpg2018年に訪れた「本と屯」。のれんは吉田戦車氏の手になるもの

間借り本屋の"歩き方"

この活動を通して得たのは、何よりも「世界にはこれだけ"本"が好きで、"本を届けたい"と思っている人がいる」ということを知り、実際につながれたことです。そしてそれは、ブックマンションの中西さんが言う「もっともハードルの低い始め方」のとおり、さまざまな方が自由に参画できることから生まれていると思います。

絵本棚、新刊のマンガだけを置く棚、キツネの本の棚、森見登美彦さん専門棚、自著や自作のZINEを置く棚、詩集・句集メインの棚、小学生が始めた棚、家族で切り盛りしている棚、読書会で集った人同士で運営している棚・・・。年齢も職業もバラバラな人たちが織りなす棚からは、それぞれ豊かなストーリーが浮かび上がります。

現在、間借り本屋は全国のあちこちで増殖中です。もし訪れた際は、ぜひ数十センチ四方の棚で、それぞれの棚主が描こうとしている世界観を楽しんでみてください。そして、あの頃の私と同じように悩んでいる方がいれば、ぜひ、間借りから始めることも検討してみてください。私でよければ、いつでもご案内します(糸島の顔がみえる本屋さんは、私のプレゼンに興味を持ってくださった方が始めたお店でもあります)。

BM02.jpg2022年8月のハタハタショボウ@ブックマンション。現在の一押しは『B Corp ハンドブック』(バリューブックス・パブリッシング)

当事者として、本屋にかかわるということ

実は、活動する中で、ミシマ社三島さんの2020年元旦の投稿には大変勇気づけられました。

現在、私の「本屋活動」は、本好きとつながるだけでなく、暮らしている地域に子どもがだらだらできる本のある場をつくる、書店が持続可能になるヒントを求めてデジタル地域通貨を学ぶ、といった広がりを持っています。これらは、三島さんから(勝手に)受け取った〈編集者だからこそ、当事者としての意識を持ち、「足元」でできることをやる〉という思いを糧に邁進しています。この場を借りて、御礼申し上げます。今後も、当事者として「本屋」に関わり、本と、そこに込められた想いを届けていきます。

ハタハタショボウ
Twitter  @hata2books
Instagram hata2books

ブックマンション
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目13−1
営業時間 :13:00〜17:00/月,火,木,定休 
Twitter :@BookMansion

BREWBOOKS
〒167-0053
東京都杉並区西荻南3丁目4−5
営業時間. :12:00~19:00/月曜定休 
HP : BREWBOOKS 麦酒と書斎のある本屋

糸島の顔がみえる本屋さん
819-1116
福岡県糸島市前原中央3丁目2−14
営業時間 11:00~17:00/不定休
Instagram糸島の顔がみえる本屋さん

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月22日
第18回 Punto 本と珈琲(千葉・千葉市稲毛区) ミシマガ編集部
12月18日
第17回 OLD FACTORY BOOKS(和歌山・海南市) ミシマガ編集部
12月04日
第16回 百年の二度寝(東京・江古田) ミシマガ編集部
11月25日
第15回 自分の物語を生きるには「言葉」が必要だ ――BOOKSライデン(長崎) ミシマガ編集部
09月22日
第14回 Jeans Shop LOKKI(北海道・小樽市) ミシマガ編集部
08月16日
第13回 ハタハタショボウ(吉祥寺/西荻窪/糸島) ミシマガ編集部
04月03日
第12回 本屋ともひさし(京都市烏丸六条) ミシマガ編集部
03月13日
第11回 子どもの本屋ぽてと(大阪) ミシマガ編集部
02月08日
第10回 本と羊(福岡・六本松) ミシマガ編集部
12月04日
第9回 COYAMA(川崎) ミシマガ編集部
11月16日
第8回 句読点(出雲) ミシマガ編集部
10月14日
第7回 Finefine(岡山・総社) ミシマガ編集部
08月26日
第6回 考えるパンKOPPE(氷見) ミシマガ編集部
02月20日
第5回 「本」のお店スタントン ミシマガ編集部
03月16日
第4回 高久書店(静岡) ミシマガ編集部
12月09日
第3回 わおん書房(福井) ミシマガ編集部
09月16日
第2回 toi books(大阪) ミシマガ編集部
06月22日
第1回 本屋と活版印刷所(天草) ミシマガ編集部
ページトップへ