ミシマ社サポーター名鑑

第12回

京都の大手さん

2022.06.12更新

こんにちは。本日のミシマガは、全国にいらっしゃるミシマ社サポーターさんをご紹介する「ミシマ社サポーター名鑑」をお届けします。

第12回となる今回は、ミシマ社のオフィスがある京都にお住いの、大手さんにご登場いただきます。朝、ランニング途中に本の感想のおはがきを直接届けてくださるなど、メンバーとも顔なじみのサポーターさんです。サポーターさんがオンラインで集まる「サポーター茶話会」にて、アクティブに活動する大手さんのお話をうかがい、その興味の幅広さに驚きました。そんな大手さんは最近どんなことをされているのか・・・? お楽しみください!

走る側からゴミ来たる

IMG_5681.JPG

 ランニングついでにミシマ社までハガキを届けに行っていた日々も彼方の話、昨年愛猫を失ってからエナジーレベルが微妙に落ち、朝ランも夜ランもサボりまくっている今日この頃・・・だったのですが。
 それでも走らなきゃ、とは思っていて、何とかオノレの尻を叩く(まあお下品)理由を探しまくる日々なのでありました。
 まずはチャリティ・ラン。ロゴ入りのTシャツを買って、走ったらその写真をインスタに投稿。するとその回数に応じていくばくかの寄付が行われる、ないしは特別なアプリをインストールし、そこでカウントされる距離分だけスポンサーが寄付をする、まあいろいろあるんですが、なんとな〜く自己肯定感を微妙にくすぐるこの行為、悪くないものであります。が、そうタイミング良く毎日はやってない。ちょっとテンションが途切れると、あっという間に怠け虫がやって来る。こいつの好物はワタシのモチベーション。たちまちのうちに跡形も無くなる。
 次いでチャレンジしたのがGPSラン。たいていのランニングアプリは走った跡を地図に残してくれるようにできてますが、それで文字や絵を描いちゃおう、っていうおアソビですね。上手い人はホントに上手くてため息の出るような絵を描く(走る?)でも、そもエゴコロの無いワタクシ、おまけに碁盤目の京の町、カクカクだらけでなかなか味のある形が思いつかないのです。地図を見てうなる間に陽は昇り、忙しいワーキングタイムになってしまう。ああ、今日もダメだった・・・。

IMG_0682.PNG

 ンで、目下チャレンジしているのがプロギング。スウェーデン発祥のこれは、ランニングやウォーキングをしながら「ゴミ拾い」をしようという、何とも学級委員長な行為なのであります。
 ちょい昔だったらぜえええええええったいやろうとも思わなかったであろう行為ですが、こんなワタクシでも二人の孫を持つ婆になった今、オノレにできるのはこの子たちに少しでも住みやすい地球を残してやることではないだろうか、などと生まれて初めて殊勝なことを考えるようになっちゃったんですね。孫は強い。
 なので今、走る時にはウェストポーチに百均で買った小さめのトングとゴミ用の袋、特別なものではなく食品なんかが入っていたリユース袋を数枚突っ込んでおく。息が上がったり、膝が痛み始めたりすると、やおらそれらを取り出して、道端のゴミを拾いまくる。あるわあるわ...吸い殻(これが最多)、食品のパッケージ、レシートの残骸、空き缶、空き瓶、などなどなどなど。南禅寺周辺で「浜の真砂は尽きるとも、世にゴミクズのタネは尽きまじ」なんぞとうなりながら拾っていると、その毎新鮮な怒りが湧いてくるので、いつの間にか息も収まり、膝の痛みもどこへやら、充電されたエナジーと共に、再度ゴミをかついで走り出す、という塩梅なのです。
 ミシマ社の周辺でも時々やってますよん。今度サポーターさんたち誘ってプロギング大会企画してくださいな、ぜひぜひ〜〜、よろしく!でした!

ミシマ社+ミシマ社サポーター
(みしましゃ+みしましゃさぽーたー)

編集部からのお知らせ

2022年度のサポーターのご案内

ミシマ社では、私たちの出版活動を応援してくださる「ミシマ社サポーター」を募集しています(詳細はこちら)。サポート期間中はミシマ社から毎月、ささやかな特典をお届けいたします(中身は月によって変わります)。

【サポーター期間:2021年4月1日~2022年3月31日】

*募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま2022年の4月となります。途中入会のサポーターさまには、その年の特典をさかのぼって、すべてお贈りいたします。

サポートの種類は3つあります。下記よりお選びください。

ミシマ社サポーター【サポーター費:30,000円+税】

いただいたサポーター費のうち約25,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(非売品の雑誌。年2回発行・・・の予定です!)
*生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台』(年2回発刊)
* 特典本に関連するMSLive!(オンライン配信イベント)へのご招待

※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。

ウルトラサポーター【サポーター費:100,000円+税】

いただいたサポーター費のうち約95,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】

上記のミシマ社サポーター特典と同じです。

ウルトラサポーター書籍つき【サポーター費:150,000円+税】

上記の特典に加えて、その年に刊行するミシマ社の新刊(「ちいさいミシマ社」刊も含む)をお送りいたします。いただいたサポーター費のうち約100,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップから クレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合

ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

ミシマ社の本屋さんショップ

郵便振替をご希望の場合

下のボタンから、ご登録フォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

郵便振替をご希望の場合

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
E-mail:supporters@mishimasha.com
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

この記事のバックナンバー

06月12日
第12回 京都の大手さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
05月19日
第11回 川崎の税理士 高橋さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
04月17日
第10回 周南市の平井さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
03月27日
第9回 横浜の渡邉さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
01月23日
第8回 GOOD NATURE STATIONの田尻さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
11月28日
第7回 神奈川の嘉登先生 ミシマ社+ミシマ社サポーター
10月24日
第6回 西尾の寺田商会さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
09月23日
第5回 北海道の 暮らしと珈琲 みちみち種や さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
08月31日
第4回 経営学の研究者・神吉さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
07月25日
第3回 岐阜の深澤さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
06月27日
第2回 富山の一本ゲタ大使館さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
05月23日
第1回 桐生の齋藤さん  ミシマ社+ミシマ社サポーター
ページトップへ