ミシマ社サポーター名鑑

第10回

周南市の平井さん

2022.04.17更新

 こんにちは。すっかり春の陽気ですね。今月は新学期や新年度を迎えた方も多いのではないでしょうか?ミシマ社サポーター制度も、この4月から2022年度がスタート。そして、サポーター制度を始めてちょうど10周年を迎えました。この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。

 そんな始まりの季節に、数年前とあるサポーターさんから「お店を始めます」とお便りをいただきました。まだお会いしたことがなく、お店のことも気になったので、今回このコーナーへのご登場をお願いしたのですが、いただいた文章を読んで驚きました。実はこれまでにも何度か近くでお会いしていたのです! 全国にいらっしゃる、ミシマ社サポーターさん。今日もどこかの街角で、すれ違っているかもしれません。

サポーターNo.431 平井多美子さん(山口県)

平井さんと娘さん.jpg

 はじめまして。山口県周南市で百日紅(ヒャクジツコウ)という小さなカフェを、60年以上前に建てられた実家の離れを改装して、娘と2人でやっています。カフェのスタートは2019年の4月からですが、その前に2013年から、主に県内産の有機農産物を使った食品加工をスタートしました。

 なぜ始めることになったのか。それは40代の10年間を市民活動支援センターで働いていた影響が大きいです。そこで私はそれまで出会ったことのない人たちに、たくさん出会うことができました。苦しんでいる人をほっとけなくて、沖縄から北海道、ときには海外のデモや集会にまで電動車椅子に乗って参加する、重度の障がいをもつ女性。いかにも強面で最初は威嚇されたけれど、親しくなるにつれて自分の生い立ちや日雇いの仕事のことなどを話してくれた男性。第二次世界大戦のとき家族で満州に移り住み、敗戦後命からがら帰ってきたことを話してくれたのは、私に環境保全型農業を教えてくれた師匠のような人。いろいろな方からお話を聞くたびに、私の中の勝手な思い込みがどんどん崩れていきました。同じときを生きる人たち、当たり前だけどそれぞれに全く違う人生があることに衝撃でした。センターでのたくさんの出会いは今でも宝物です。

 その時期に知り合った環境保全型農業のグループは、変わり者の集団でした。でも一般の常識から行動も考え方もズレた人たちといると私は楽しくて居心地が良かった! どっぷりハマり米作りもやりましたが、やがて食・農・環境のことをもっと知って、考えて、行動していく仲間を増やすきっかけづくりがしたくなって、センターを辞めて起業することにしました。

 初めは仲間の農家さんから生姜を買い、シロップを作りました。素人でしたので、県の農業技術者だった仲間からアドバイスをもらいました。それと上関原発の反対運動に参加しているご縁から、祝島ひじきを使ったお菓子などを製造し知り合いのお店に卸したり、イベント出店を続けました。

平井さん写真(野菜たち).jpg

ミシマ社との出会い

 そんな2015年のこと、周防大島で開催された島のマルシェに出店していたとき、ミシマ社の三島さんとその夜に講演をされる内田樹さんに初めてお会いしました。何かを買っていただいた記憶があります。そこからぐっとミシマ社への親しみを感じ、たぶんサポーターになったように思います。

 ミシマ社を知ったのは『現代の超克』からでした。中島岳志先生に興味を持って集めた本のうちの一冊で、読み終わってすぐ娘にも薦めました。娘はそれから民藝関係の本を読んだり、日本民藝館にも行きました。
 そんなふうにミシマ社の本から広がった世界はいろいろあります。
『となりのイスラム』もとても面白く、もっと話が聞きたい!! と娘と2人でミシマ社の京都オフィスで行われた内藤正典先生と中田孝先生のお話し会に参加しました(この時が初ミシマ社!)。最近は山口県にも実習生として海外の方がたくさん働きに来られています。その前に読めていてよかったなと思う一冊でした。

IMG_7872のコピー.JPG

 それまで自分が全く知らなかった作家さんやジャンルの本でも、次はどんな本かなと楽しみにできるのは、ミシマガやミシマ社通信でつくっている方々の人柄が垣間えるからかもしれません。出版社から本を見るようになったのも、ミシマ社を知ってからでした。

ご縁から始まった、ブックカフェ

 その後、だんだん出店することに疲れてきたこともあり、加工場の空きスペースを改装してカフェを始めました。カフェを始めてしばらくしたとき、自由が丘のミシマ社でデッチ(編集部注:ミシマ社でお手伝いをしてくれている学生さん)をしていた女性がお客さまとして来てくれました。本棚にミシマ社の本が数冊置いてあったので不思議に思い、声をかけてくれました。ミシマ社サポーターだと話すと、彼女は隣町に住んでいて、お仕事しながら店舗を持たないイベント出店する本屋をしていると教えてくれました。嬉しいご縁だと思い、後日、カフェで月1のブックカフェをしないかと誘い、始めることになりました。

平井さん写真(横長3つ).jpg

 毎月3人でテーマを決め、それぞれのおすすめ本の紹介をしたり、彼女は新刊本を販売し、私たちはその日だけのスペシャルメニューのランチやデザートを出しています。コロナウィルスの影響でお休みのときもありましたが、少人数だけど本好きが集まる居心地の良い空間と時間になってきたかなと思う今日この頃です。

 今後もカフェでの出会いを楽しみながら、できることを増やしていけたら幸せだなと思っています。

image (6)のコピー.jpg

ちいさな加工場 百日紅
営業日時:木・金・土曜 / 10:00〜16:00
毎月第2水曜は山口市のわっか屋さんへ出店 
毎月第3日曜はブックカフェ リブロ
住所:山口県周南市都町3-10
電話:090-6834-1802
フェイスブック:@hyakujitsukou.yamaguchi
インスタグラム@hyakujitsukou

ミシマ社+ミシマ社サポーター
(みしましゃ+みしましゃさぽーたー)

編集部からのお知らせ

2022年度のサポーターのご案内

ただいまミシマ社では、私たちの出版活動を応援してくださる「ミシマ社サポーター」を募集しています(詳細はこちら)。サポート期間中はミシマ社から毎月、ささやかな特典をお届けいたします(中身は月によって変わります)。

【サポーター期間:2021年4月1日~2022年3月31日】

*募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま2022年の4月となります。途中入会のサポーターさまには、その年の特典をさかのぼって、すべてお贈りいたします。

サポートの種類は3つあります。下記よりお選びください。

ミシマ社サポーター【サポーター費:30,000円+税】

いただいたサポーター費のうち約25,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(非売品の雑誌。年2回発行・・・の予定です!)
*生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台』(年2回発刊)
* 特典本に関連するMSLive!(オンライン配信イベント)へのご招待

※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。

ウルトラサポーター【サポーター費:100,000円+税】

いただいたサポーター費のうち約95,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】

上記のミシマ社サポーター特典と同じです。

ウルトラサポーター書籍つき【サポーター費:150,000円+税】

上記の特典に加えて、その年に刊行するミシマ社の新刊(「ちいさいミシマ社」刊も含む)をお送りいたします。いただいたサポーター費のうち約100,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップから クレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合

ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

ミシマ社の本屋さんショップ

郵便振替をご希望の場合

下のボタンから、ご登録フォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

郵便振替をご希望の場合

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
E-mail:supporters@mishimasha.com
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

この記事のバックナンバー

05月19日
第11回 川崎の税理士 高橋さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
04月17日
第10回 周南市の平井さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
03月27日
第9回 横浜の渡邉さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
01月23日
第8回 GOOD NATURE STATIONの田尻さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
11月28日
第7回 神奈川の嘉登先生 ミシマ社+ミシマ社サポーター
10月24日
第6回 西尾の寺田商会さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
09月23日
第5回 北海道の 暮らしと珈琲 みちみち種や さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
08月31日
第4回 経営学の研究者・神吉さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
07月25日
第3回 岐阜の深澤さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
06月27日
第2回 富山の一本ゲタ大使館さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
05月23日
第1回 桐生の齋藤さん  ミシマ社+ミシマ社サポーター
ページトップへ