ミシマ社サポーター名鑑

第14回

大阪の初田さん

2022.08.09更新

 2020年の秋、子どもの本専門店「メリーゴーランドKYOTO」のギャラリースペースをお借りして、「ミシマ社のヒミツ展」というちいさな展示をしました。今月ご登場いただくサポーターさんも展示を見に来てくださったのですが、その時に何気なくおっしゃった一言が、ずっと心に残っています。「今日は家族が子どもを見てくれているので、久しぶりに時間ができたんです。今しかない!と思って。」

 ミシマ社にも、同じ年ごろの小さなお子さんがいるメンバーたちがいます。仕事に、子育てに、自分自身のことに、試行錯誤の日々を過ごしている様子をそばで見たり聞いたりしていたので、「ああ、そういうなかで、大切な時間にミシマ社の展示を楽しみに見に来てくださったんだ」と感激しました。みなさまきっと、日々いろいろある中で、私たちの活動を応援してくださっているんだろうと思うと、サポーターさんには感謝の気持ちでいっぱいです。今月は、そんなサポーターさんの「日々いろいろ」の大切なお話です。

サポーターNo.696 初田和美さん(大阪府)

 こんにちは。サポーターの初田和美です。大阪府茨木市に住み、自転車で行ける距離に「太陽の塔」が建つ万博記念公園があります。府立の支援学校に勤めていますが、約3年前に長男を、今年5月に長女を出産して、現在は育児休業中です。

 ミシマ社のサポーターになったのは長男が生まれる年のことでした。それまでも寺子屋ミシマ社や、森田真生さんの数学ブックトークなど、時々イベントに足を運んでいたのですが、産後はそれも難しくなるかも・・・という思いと、誰かを応援することが、自分自身を励ますことにもなるという予感がしたからでした。それはその通りで、毎月届くミシマ社からの贈り物は、育児に奔走する日々で、束の間、母ではない自分になることができる貴重な時間になっています。

お手紙ファイル.JPG

サポーターの毎月のお便りは、大事にファイリングしています。

 もともと書くことが好きで、子どもの月齢ごとに印象的だった言葉や出来事を書き留めています。その記録の旗印として掲げているのが、友人に教えてもらった俵万智さんの短歌です。

「最後とは知らぬ最後が過ぎてゆくその連続と思う子育て」

 子育ては切れ目のない連続した時間だけど、いまこの瞬間はこれで最後かもしれない。子どもの成長をうれしく思うのと同時に、失われていく時間があることを知りました。

俵万智さん.JPG

子育て記録の見返しに書いた短歌

  森田真生さんの『数学の贈り物』にある言葉は、慣れない新生児の世話に翻弄され、寝不足でいろんな感情がない混ぜになって、意味もわからず泣けてくるような日常で、何度励まされたかわかりません。


「この『いまのいま』にある、絶対のめでたさをこそ喜べ。」

「遠く、難しい場所にだけ価値があるのではない。すべての人が、いまいる場所で、大切なものをすでに与えられている。」

 ややもすると子どもとの世界に籠りがちになる日常に、風を吹き込んでくれたのは、本にある言葉でした。言葉をまだ持たない彼は、これからどんな風に言葉を獲得していくんだろう・・・それが私の目下の関心事になりました。

数学の贈り物.JPG
 息子が生まれて3か月になる頃、こちらが話しかけると、彼もそれに応えるように「むにゃむにゃあんぐー」と喃語で返すようになってきました。それが一人前に会話しているような、すごくいい顔なのです。そうか、言語を話さないということが、言葉を持たないということではないんだなと感じた出来事でした。

 1歳半を過ぎると、言葉がどんどん増えていきました。ある日の夕食、鶏肉のホイル焼きを「今日はとりさん」と出すと、息子が「ちゅんちゅん」と言っていて、なんだかおもしろいような、切ないような。2歳になると、二語文が話せるようになり、覚えた言葉を追いきれなくなってきました。実家の親が家に遊びに来た時に、息子が「ママ ドアこわした」「おじさんなおした」「きれいなった」と言うので、「えーなになに?」となって、私が風呂のドアを壊したことがバレるという珍事がありました(珪藻土マットを移動させた時に手が滑って、ドアの面材を割ってしまいました)。

 もうすぐ3歳になる現在は、目に映るもの、耳に聞くものを、拙いながらも片っ端から言葉にしています。「○○ってどんなこと?」と尋ねることも増えてきました。先日は自分の足を見ながら「足が裸んぼ」と言うので、「『はだし』って言うんだよ」と教えると、目をキラキラさせて「ママもはだし?」と繰り返していました。
 長女が生まれ、夫婦にとっても、息子にとっても、新しいフェーズに移ったように感じます。家族四人での生活はまだ始まったばかりですが、これからも腹を抱えて笑い合える瞬間がたくさんあるといいなと願っています。

 『数学の贈り物』以外にも『胎児のはなし』『46歳で父になった社会学者』など、ミシマ社には子育てに触れるいい本がたくさんあります。本の感想や、自分の子育てのこと、自分と親とのことなど、いつかサポーターのみなさんのお話も聞いてみたいです。

本2冊.JPG

ミシマ社+ミシマ社サポーター
(みしましゃ+みしましゃさぽーたー)

編集部からのお知らせ

2022年度のサポーターのご案内

ミシマ社では、私たちの出版活動を応援してくださる「ミシマ社サポーター」を募集しています(詳細はこちら)。サポート期間中はミシマ社から毎月、ささやかな特典をお届けいたします(中身は月によって変わります)。

【サポーター期間:2022年4月1日~2023年3月31日】

*募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま2022年の4月となります。途中入会のサポーターさまには、その年の特典をさかのぼって、すべてお贈りいたします。

サポーターの種類

下記の三種類からお選びください。サポーター特典は、毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)。

サポーター種類一覧.jpg

前年度サポ特典例.jpg

※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ(写真は前年度のものです)。

お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップから クレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合

ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

ミシマ社の本屋さんショップ

郵便振替をご希望の場合

下のボタンから、ご登録フォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

郵便振替をご希望の場合

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
E-mail:supporters@mishimasha.com
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月21日
第15回 神奈川の吉田さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
08月09日
第14回 大阪の初田さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
07月24日
第13回 群馬の真下さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
06月12日
第12回 京都の大手さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
05月19日
第11回 川崎の税理士 高橋さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
04月17日
第10回 周南市の平井さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
03月27日
第9回 横浜の渡邉さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
01月23日
第8回 GOOD NATURE STATIONの田尻さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
11月28日
第7回 神奈川の嘉登先生 ミシマ社+ミシマ社サポーター
10月24日
第6回 西尾の寺田商会さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
09月23日
第5回 北海道の 暮らしと珈琲 みちみち種や さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
08月31日
第4回 経営学の研究者・神吉さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
07月25日
第3回 岐阜の深澤さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
06月27日
第2回 富山の一本ゲタ大使館さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
05月23日
第1回 桐生の齋藤さん  ミシマ社+ミシマ社サポーター
ページトップへ