ミシマ社の本屋さん通信

第4回

さよなら下堤町

2018.10.18更新

 こんにちは、京都オフィスの野崎です。

 ついにミシマ社京都オフィスは、先週無事に引越しました!!

 1日で荷詰めをして、メンバー全員が絶望的な表情を浮かべ、引越し業者のお兄さんまでもが心配して荷物整理のアドバイスをくれるほどに大量のダンボールの山をほぼ1日で整理して、今、驚くほどに快適な、新・京都オフィスです。

 新しいオフィスで仕事をするのはまだ4日目ぐらいなのですが、もうすでに「ここが自分たちの拠点だ」と自然に思える、そして「いい仕事をするぞ!」と気合いの入る環境を手に入れました。明るくて風通しもよく、2階の大きな窓からは軒先に生える紅葉の木を毎日眺めることができます。

 さて、これまでの「ミシマ社の本屋さん通信」でもお伝えしてきましたが、今回のオフィス移転にともない、ミシマ社の本屋さんは9月29日(土)をもって一旦の閉店を迎えました。そのへんのことを書きませんか? とある日のミーティングで本屋さんに一番関わっていたであろう男・トリイにふってみたところ突然文章が送られてきました。

 正直、こんな文章を書いているヒマがあったら、ダンボールの一つでもあけてくれたらよかったのに・・・と思ったことは内緒です。では、どうぞ!

***

 9月29日。なんとなく開店時間を迎え、いつものようにお客さんを迎える。最初のお客さんは・・・見たことのないお顔かな? 意に反して、初めてのご来店が続く。「ずっと来てみたかったんです。きっかけがなかなかなくて。」と話す女性。台風が近づく中、泊りがけで来てくださる方もいた。そうか、そんな場所だったんだ、といまさらながら少し驚く。ただ本が並ぶちょっと雰囲気のいい空間にいきたいのではなく、今この場所をめがけて来てくださるお客さんがいる。

 しばらくすると店内はいっぱいになった。久しぶりのKくんはお土産をもって。にぎやかにTシャツを選ぶ4人組、静かに入ってくる知った顔。さっき橋の上ですれ違ったいしいしんじさんも立ち寄ってくれた。この場所を誰よりも上手に使っていた矢萩多聞さんもやってくる。大野さんの淹れる珈琲の香りが漂う。

 5時。店内の人出がピークになった。本を見に来る、というよりも空気を吸いに来ている感じ。みんななんとなくそこにいて、浅い呼吸を繰り返している。誰かが帰っても誰かがやってきて店内は一向に落ち着かない。みんな口々に「次の場所はどこですか?」「いつ再開されるのですか?」と言いつつ帰っていく。

 6時を過ぎると「新オフィス見学ツアー」に出かける人がぞろぞろと外へ。店内はがらんとした。ここからいつもは日が暮れてあっという間に迎える閉店時間。でもこの日、この一時間が、なんだかとても長かった。いまごろ、川の向こうでは新しい場所が開かれようとしている。そのことをとても頼もしく思いながらいつもの番台から誰もいない縁側を眺めてみる。

 10月2日。夜。本棚の整理をする。並んでいく本を抜いていく。ナナロク社、夏葉社、春風社。この場所に引っ越してきたときから並ぶ本もある。平凡社、晶文社、筑摩書房。注文した本が棚に入るときのことを思い出している。すっきりはまる本、なんだか居心地悪そうな本。本を抜く、というよりは棚から本を剥がす、という言葉がしっくり来る。なんとなくいいように並べていた本たち。作業をすすめながら、自分の皮膚を剥がしていくような感覚になる。べりべりべり。散らかったままの暗い部屋を逃げるように出る。この家の夜はいつも暗すぎる。

 10月12日。本棚とダンボールも運び出され空っぽになった部屋。急に空気が淀んだ空間。畳に腰を下ろす。ここに暮らしがあった。ここに暮らしていた人がいた。本屋さんを初めて数カ月後にやってきた親娘。そしてその後に住んでいた誰か。本屋さんが始まる前があって、そして本屋さんが終わった後が、いま、ある。この場所で始まるなにかがある。そんなことを考えている。

1018-1.jpg

編集部からのお知らせ

ミシマ社京都オフィス移転のご案内

ミシマ社京都オフィスは下記へ移転しました。電話番号やFAX番号の変更はございません。今後「ミシマ社の本屋さん」は規模を小さくして再開予定ですが、時期は未定です。

map2.jpg

〈新しいオフィスの住所〉
〒602-0861 京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438/FAX:075-746-3439

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ