ミシマ社の本屋さん通信

第4回

さよなら下堤町

2018.10.18更新

 こんにちは、京都オフィスの野崎です。

 ついにミシマ社京都オフィスは、先週無事に引越しました!!

 1日で荷詰めをして、メンバー全員が絶望的な表情を浮かべ、引越し業者のお兄さんまでもが心配して荷物整理のアドバイスをくれるほどに大量のダンボールの山をほぼ1日で整理して、今、驚くほどに快適な、新・京都オフィスです。

 新しいオフィスで仕事をするのはまだ4日目ぐらいなのですが、もうすでに「ここが自分たちの拠点だ」と自然に思える、そして「いい仕事をするぞ!」と気合いの入る環境を手に入れました。明るくて風通しもよく、2階の大きな窓からは軒先に生える紅葉の木を毎日眺めることができます。

 さて、これまでの「ミシマ社の本屋さん通信」でもお伝えしてきましたが、今回のオフィス移転にともない、ミシマ社の本屋さんは9月29日(土)をもって一旦の閉店を迎えました。そのへんのことを書きませんか? とある日のミーティングで本屋さんに一番関わっていたであろう男・トリイにふってみたところ突然文章が送られてきました。

 正直、こんな文章を書いているヒマがあったら、ダンボールの一つでもあけてくれたらよかったのに・・・と思ったことは内緒です。では、どうぞ!

***

 9月29日。なんとなく開店時間を迎え、いつものようにお客さんを迎える。最初のお客さんは・・・見たことのないお顔かな? 意に反して、初めてのご来店が続く。「ずっと来てみたかったんです。きっかけがなかなかなくて。」と話す女性。台風が近づく中、泊りがけで来てくださる方もいた。そうか、そんな場所だったんだ、といまさらながら少し驚く。ただ本が並ぶちょっと雰囲気のいい空間にいきたいのではなく、今この場所をめがけて来てくださるお客さんがいる。

 しばらくすると店内はいっぱいになった。久しぶりのKくんはお土産をもって。にぎやかにTシャツを選ぶ4人組、静かに入ってくる知った顔。さっき橋の上ですれ違ったいしいしんじさんも立ち寄ってくれた。この場所を誰よりも上手に使っていた矢萩多聞さんもやってくる。大野さんの淹れる珈琲の香りが漂う。

 5時。店内の人出がピークになった。本を見に来る、というよりも空気を吸いに来ている感じ。みんななんとなくそこにいて、浅い呼吸を繰り返している。誰かが帰っても誰かがやってきて店内は一向に落ち着かない。みんな口々に「次の場所はどこですか?」「いつ再開されるのですか?」と言いつつ帰っていく。

 6時を過ぎると「新オフィス見学ツアー」に出かける人がぞろぞろと外へ。店内はがらんとした。ここからいつもは日が暮れてあっという間に迎える閉店時間。でもこの日、この一時間が、なんだかとても長かった。いまごろ、川の向こうでは新しい場所が開かれようとしている。そのことをとても頼もしく思いながらいつもの番台から誰もいない縁側を眺めてみる。

 10月2日。夜。本棚の整理をする。並んでいく本を抜いていく。ナナロク社、夏葉社、春風社。この場所に引っ越してきたときから並ぶ本もある。平凡社、晶文社、筑摩書房。注文した本が棚に入るときのことを思い出している。すっきりはまる本、なんだか居心地悪そうな本。本を抜く、というよりは棚から本を剥がす、という言葉がしっくり来る。なんとなくいいように並べていた本たち。作業をすすめながら、自分の皮膚を剥がしていくような感覚になる。べりべりべり。散らかったままの暗い部屋を逃げるように出る。この家の夜はいつも暗すぎる。

 10月12日。本棚とダンボールも運び出され空っぽになった部屋。急に空気が淀んだ空間。畳に腰を下ろす。ここに暮らしがあった。ここに暮らしていた人がいた。本屋さんを初めて数カ月後にやってきた親娘。そしてその後に住んでいた誰か。本屋さんが始まる前があって、そして本屋さんが終わった後が、いま、ある。この場所で始まるなにかがある。そんなことを考えている。

1018-1.jpg

編集部からのお知らせ

ミシマ社京都オフィス移転のご案内

ミシマ社京都オフィスは下記へ移転しました。電話番号やFAX番号の変更はございません。今後「ミシマ社の本屋さん」は規模を小さくして再開予定ですが、時期は未定です。

map2.jpg

〈新しいオフィスの住所〉
〒602-0861 京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438/FAX:075-746-3439

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

06月12日
第19回 ミシマルシェ開催のおしらせ ミシマガ編集部
04月14日
第18回 ミシマ社の本屋さん、4月は臨時休業ですが・・・、ウェブショップやライブ配信のお知らせ。 ミシマガ編集部
03月08日
第17回 ミシマ社の本屋さん、3月15日(日)に営業します! ミシマガ編集部
02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ