ミシマ社の本屋さん通信

第8回

ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。

2019.05.12更新

 こんにちは。ミシマ社京都オフィスの野崎です。

 ミシマ社の本屋さんは、月に1度のペースでのんびり開店しています。

 5月の営業日は、来週の日曜日、5月19日(日)です。

いまさらですが、「ミシマ社の本屋さん」って?

 先月の営業日に、こんなお客さまがいらっしゃいました。

「近くに住んでいて、たまに人が来てるなぁ、本屋さんなのかなぁと思って今日やっと来てみたんです。ところで、「ミシマ社の本屋さん」って、ほかの本屋さんとどうちがうんですか?」

 今日の記事では、「ミシマ社の本屋さん」ってそもそもなんなのか? ほかの本屋さんと何がちがうのか? いまさらですがそれらの疑問に向き合いたいと思います。もうそんなのは知ってるよ、という方は(たいへんありがたい限りです!)、すこし飛ばして、今月の話題からお読みいただけたら幸いです。

場所と店員と営業頻度

 ミシマ社京都オフィスの1室で営業しています。

 店長は、営業リーダーの渡辺。そして京都メンバーが代わる代わる店番をしています。

 ミシマ社京都オフィスは2018年10月に現在の場所、御所東に移転をしたのですが、移転にともないしばらく休業していた本屋さんを2019年1月にリニューアルオープンしました。それ以来、毎月1回のペースで営業しています。

取り扱っているもの

 取り扱っている商品は、

 まず、自社で刊行している「ミシマ社の本」。これらは、すべて手にとってご覧いただけます。そして、ミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げた共同レーベル「しごとのわ」の刊行物。『小さな会社でぼくは育つ』『生きる場所を、もう一度選ぶ』『社長の「まわり」の仕事術』など、「ちょっと先の未来の働き方」を探求するビジネス書が揃っています。

 それから、「ミシマ社トートバック」やミシマ社の正装「ミシマ社Tシャツ」などのグッズも販売しています。ミシマ社Tシャツは、大人向けのサイズだけでなく、子ども向けのサイズも取り揃えていますので、「さすがに自分は着れないけれど・・・」という方も、お子さまサイズ、かわいいです。

 ミシマ社メンバーが、ミシマ社のオフィスで運営している本屋さんなので、ここまで説明してきたとおり、ミシマ社に関わるものを販売する本屋さんであることは、スムーズにご想像いただけるかと思います。

 ただ、そこで終わりません。

 ミシマ社の本屋さんには、ミシマ社の本も、あります。それから、ミシマ社との直取引を受け入れてくださっている出版社の本もあります。お店のスペース上の問題や出版社さんとの取引状況等の理由からどんな本でも手に入る、という本屋さんではありませんが、ほかの新刊書店と同様に、新しい本を毎月入荷して、いまの時代を反映させた棚をつくっています。そして、それらと並んでミシマ社メンバーの思い出がどうしても染み付いた本もまぎれています(たとえば、高校生の時からもう何百回も読んだ大切な一冊が棚のどこかにあって、その本のことを話したくてうずうずしているメンバーがいる可能性があります)。

 ほかにも、代表の三島がいきなり自著にサインをしはじめたり、数々の名ポップを生み出す、必殺仕事人、仕掛け屋・長谷川がまさに次のポップの構想を練りながら店番をしていたり、営業の田渕が急に店内のBGMを止めてギターを持って歌いはじめたり、高身長の新人の舘が座って店番をしていたり、店長・渡辺がエプロン姿でほがらかに鎮座していたり、お客さんにまぎれてちゃぶ台で本を読んでいた私が、いきなり編集に関わった本のことを熱弁しはじめたりする、そんな本屋さんです。

 このご時世、どこだって、そして家から一歩も外へ出ずとも、本は買えますし、月に1度しか営業していない、京都の、一軒家の一室まで一冊の本を求めていらしてください、というのもけっこう気がひけるのですが、その一冊からはじまるミシマ社メンバーとのおしゃべりや、ミシマ社の空気を味わいに、もしよかったらご来店ください。根気強く開店から閉店まで、お待ちしております。

5/19(日)は下御霊神社の還幸祭です。

 さて、ある平日、オフィスのインターホンが鳴り、こんな人が訪ねて来ました。

「きみたちのところ、若い人たちがいそうだし、もし神輿とか担ぐの興味あれば・・・」

 ちょうど今月の営業日、5月19日(日)はミシマ社京都オフィスの近く、下御霊神社の還幸祭(本祭)が開催されます。今年の初詣も全員で下御霊神社にお参りに行きました。5月19日、午前10時〜午後5時に鳳輦列巡幸、午前10時〜午後6時に神輿列巡幸が行われる予定です。

 近くの京都御所や鴨川の新緑も美しく、お散歩にはもってこいの季節、祭りの雰囲気を味わいながら、ぜひ「ミシマ社の本屋さん」にも足をお運びください。

 下御霊神社の還幸祭についての詳細は、下御霊神社のHPをご覧ください。

下御霊神社のHP

「ミシマ社の本屋さん」Instagramはじめます。

 ミシマ社メンバーがどんな本をおもしろいと思っているのか? それをただひたすらに伝えるために「ミシマ社の本屋さん」Instagramをはじめます。すでにミシマ社では「ミシマ社」「ださべん」のアカウントを公開していますが、「ミシマ社の本屋さん」アカウントは、本の紹介に特化したものにしていく予定です。

 ここまで読んでくださって、興味をもっていただいた方がInstagramに飛んだとき、「おい、投稿0かよ」と思われることは重々承知の上で、先に言いますが、まだ投稿が0です。近日中にはちゃんとはじめますので、フォローの準備、というかフォローをしてもらえたら嬉しいです。

「ミシマ社の本屋さん」Instagram

「ミシマ社の本屋さん」5月の営業日について

5月の営業日は、5月19日(日)です。営業時間は12時~17時です。

-

ミシマ社の本屋さん(京都オフィス併設)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438

http://www.mishimasha.com/kyoto/
https://twitter.com/mishimashabooks

0323-9.jpg

 皆さまのご来店、お待ちしております!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • バンド特設サイト

    10月2週目のバンド情報

    ミシマガ編集部

     みなさんこんにちは。『バンド』特設ページです。いよいよ発刊が来週末に迫った10月2週目は、ニュースがたくさん! 

  • 月刊ちゃぶ台

    『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社京都オフィスのタブチです。  ミシマ社が1年に1度のペースで刊行している雑誌『ちゃぶ台』。今年も10月が近づいてきたということは…、そう!ちゃぶ台シーズンの到来です!!  2015年に創刊した『ちゃぶ台 Vol.1「移住×仕事」号』に始まり、『ちゃぶ台Vol.2革命前々夜号』、『ちゃぶ台Vol.3「教育×地元」号』』、『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』というラインナップで毎年10月にお届けしてきました。そして、第5号となる今回の特集は、「宗教×政治」に決まり、現在、絶賛制作中です!  特集タイトルは、「特集1 空気の中の宗教」「特集2 みんなのアナキズム」の2本立てです。記事のラインナップは以下の通り。まだタイトルが未定のものもありますが、豪華著者陣による、書き下ろし作品や対談記事が満載です。

  • 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ

    「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ

    ミシマガ編集部

    先月末に発刊したミシマ社の最新刊『脱・筋トレ思考』は、あらためて筋トレの功罪を問う一冊です。これまで多くの人が筋トレによって身につけてきた「見た目の強さ」や「目に見える達成感」によってではなく、コツやカンをつかみ、からだの「しなやかさ」によってハイパフォーマンスを生む、そういう一歩を踏み出すためのヒントが詰まっています。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

ページトップへ