ミシマ社の本屋さん通信

第16回

ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します!

2020.02.11更新

 こんにちは。ミシマ社京都オフィスの渡辺です。

 「ミシマ社の本屋さん」、1月の営業日にご来店くださった皆様、誠にありがとうございました。レジをしながら言葉を交わすなかで、「タイミングが合って、やっと来ることができました!」というお声をいただき、月イチ営業の「かけがえのなさ」を実感しました。リピーターの方も、「たまたま前を通ったので」という方もお越しくださり、とても嬉しかったです。

 ということで、2月の営業日のご案内です! 今月は、2月23日(日)の12時から17時までオープンいたします。

 例によって、ご来店いただく前に「知っているといいかもしれない」こと、以下にいくつかご案内いたします。

2月の新刊『坊さん、ぼーっとする。』を販売!

 2月の新刊『坊さん、ぼーっとする。』(白川密成著)を販売いたします。映画化もされた名作エッセイ『ボクは坊さん。』でおなじみ、四国八十八ヶ所霊場第57番札所・栄福寺の住職、白川密成さんの最新刊となります。全国各地の書店さんでは、2月20日(木)に発売いたします。

 知っているようで知らない仏教やお坊さんのこと。ミッセイさんの本を読むと、その距離がグッと縮まり、仏の世界に親しみを覚えるような感覚がやってきます。まだ読んだことない! どれから読んだらいいのか迷う! という方向けに、ミシマ社から出ているミッセイさんの著作3冊をセットにして販売しようと思っています。そこに、何かしらの「とっておきのオマケ」がつけられないかと画策中。もしうまくいったら「ミシマ社の本屋さんツイッター」で改めてご案内するようにいたします。

「本のおみくじ」のミッセイさんバージョンもただいま鋭意製作中。営業日には売場に設置するので、ぜひ引いていってくださいね。

0211-1.jpg

(※この写真に写っている『坊さん、ぼーっとする。』の装丁はラフ段階のものです。)

 ちなみに、3点どれから読んでも大丈夫です。最新刊から読んでも、心にスッと入ってきますよ。

(ネット通販「ミシマ社の本屋さんSHOP」でも予約受付中。遠方の方はぜひ。)

ゲリラ的に開催(するかもしれない) ワタナベ先生の『ネコリンピック』読み聞かせ会

 今月の営業日は、「2月23日」ですが、その前日は、2が3つ並んで「222」の日。222、すなわち「にゃーにゃーにゃー」。ということで営業日前日は「猫の日」なのでした。

 ミシマ社で「猫」といえば、絵本『ネコリンピック』。益田ミリさんのことばに、平澤一平さんの絵が楽しい一冊です。この本をもっと知ってほしいなと思い、先月から売場に『ネコリンピック』コーナーを設けております。

0211-2.jpg

『ネコリンピック』読み聞かせのときの様子。園児たちから「ワタナベ先生」と呼ばれた私。

 先日、社会見学で来訪してくれた近所の保育園児たちに『ネコリンピック』を読み聞かせたところ、超・超・超・大盛り上がり。アンコールをもらって3回連続で読みきかせました。すごいにゃ~、ネコリンピック。そのときの熱気を、ご来店の皆さんにも味わっていただければと思い立ち・・・。

 営業日当日、もしお年ごろの子どもたちが来店した暁には、随時、不肖・ワタナベによる『ネコリンピック』の読み聞かせ会を開催しようと目論んでおります。

 ご希望とあらば、大人の方でも読み聞かせをできますので(大丈夫だろうか・・・)、どうかお気軽にリクエストくださいませ。

その後の振る舞い酒

 1月の営業日に振る舞い酒として用意した福禄寿酒造さんの「一白水成」。ご来店いただいた方のうち、何人かにお飲みいただき、「とってもおいしい」というお声をいただきました。ありがとうございました。しかし、「クルマなので飲めません」という方もけっこういらっしゃり(それが思っていたよりも多くて、驚きの発見でした)、一升瓶にはまだけっこうな量が。

 さて、この「一白水成」をつくっている福禄寿酒造さんは、秋田県五城目町の酒蔵です。『ミシマ社の雑誌「ちゃぶ台」Vol.4 「発酵×経済」号』に、小倉ヒラクさん執筆の『秋田で起きている「生命の復活」』という特集記事があります。そこで、福禄寿酒造さんの営みがくわしく書かれています。そういった経緯で、ちゃぶ台編集長の三島と、蔵の代表・渡邉康衛さんとはご縁があるのです。

 それにしても小倉ヒラクさんの記事、これがまた示唆に富んでいて大変に興味深く、面白さが詰まっているのです。未読の方には今からでもぜひお読みいただきたいとの思いから、2月の営業日にもこの「一白水成」振る舞い酒コーナーを継続展開することにしました。ちゃぶ台の記事と、そこに出てくるお酒の「リアル」なお味。売場でぜひ体感していただきたいです。

0211-3.jpg

『ミシマ社の雑誌「ちゃぶ台」Vol.4 「発酵×経済」号』と一白水成の図

 お車でお越しの方と未成年の方はごめんなさい。そうでない方はお気軽に売場スタッフまでお声かけくださいませ。

あわせて行きたい! ご近所お散歩情報

 ミシマ社のご近所、歩いて数分の場所にあるおすすめスポットを紹介するこちらのコーナー。今月は、パン屋さんです。パンの消費量が全国で1位と言われている京都。なかでも、とっておきのパン屋さんをご紹介いたします。

LAND】(荒神口)

0211-4.jpg

 荒神口の信号を荒神橋方向に歩いていくと、左手にLANDがあります。パンとサンドイッチのお店です。食パンにカンパーニュ、フォカッチャ、バゲット、ベーグル・・・。クロワッサンやラスクなども。いろいろ目移りしつつ、何を食べてもおいしいので、全部オススメしたいです。とりわけ、サンドイッチ。ここのは、作り置きではなく、オーダーしてから作られます。店内の黒板をよく見てオーダーしましょう。中に挟まれる具材も、パンと同様に誠実なお仕事のもとに作られているので、できたてを幸せいっぱいでモグモグとほおばってください。

 ちなみに、このLANDの店主さんに取材したインタビュー記事を一昨日のミシマガ誌上に掲載していますので、来店前にどうかご一読を。

 取材してきたうちのメンバー・新居未希にオススメを聞くと、「うーーーーん、私はシナモンロールがすきです!」とのこと。

 天気のいい日は、すぐ近くの鴨川で食べるのもgood。外ごはんは、とても気持ちがいいですね。

 営業時間は8時半からなくなり次第閉店、というスタイル。定休日は、水曜と木曜。営業時間や定休日は変更となる場合がございますのでご注意ください。人気のお店なので、お目当てがある方は、早めの時間に来訪するのをおすすめいたします。

LAND

京都市上京区荒神口通河原町東入ル亀屋町128

営業時間 8:30〜売り切れ次第終了  定休日 水・木曜日(ほか不定休)

※営業時間や定休日は変更される場合がございます。

 ほかにも界隈には気になるお店がいろいろあります。寒いのであたたかくして、京都散歩をお楽しみください。

「ミシマ社の本屋さん」Instagramやってます。

 まだあまり投稿できていないInstagram。営業日当日に、新着本の紹介や売場の様子などを順次アップ予定なので、ご来店前にフォローをしていただけると嬉しいです!

「ミシマ社の本屋さん」Instagram

 ということで、2月23日(日)、皆さまのご来店、お待ちしております!

「ミシマ社の本屋さん」2月の営業日について

2月の営業日は、2月23日(日)です。営業時間は12時~17時です。
-
ミシマ社の本屋さん(京都オフィス併設)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438
http://www.mishimasha.com/kyoto/
https://twitter.com/mishimashabooks

1210_6.jpg 

皆さまのご来店、お待ちしております!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

06月12日
第19回 ミシマルシェ開催のおしらせ ミシマガ編集部
04月14日
第18回 ミシマ社の本屋さん、4月は臨時休業ですが・・・、ウェブショップやライブ配信のお知らせ。 ミシマガ編集部
03月08日
第17回 ミシマ社の本屋さん、3月15日(日)に営業します! ミシマガ編集部
02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ