ミシマ社の本屋さん通信

第19回

ミシマルシェ開催のおしらせ

2020.06.12更新

コピー画像1(マルシェバナー).jpg

こんにちは。お久しぶりです。ミシマ社の本屋さんです。

新型コロナウイルス感染拡大にともない、私たちもこの4、5月はいつものスタイルでの営業はお休みしていました。

もともと月一回しかあけていないので、オープンの日はわざわざ遠方から来てくださるお客さまも多く、また私たちにとっても、読者の方々と直接お話できる数少ない大切な時間でしたので、実店舗が閉まっていても何かできることはないかな? と、休業中もいろんなことをやってみました。インスタライブをやってみたり、ウェブショップツイッターを連動し、各メンバーがおすすめコメントと共に本を紹介するなど、オンラインでも何かしらお客さんにこちらの顔が見えるような、実際に対面していなくてもつながりが感じられるような、そんな方法を探りながらの「営業」を続けてまいりました(インスタライブにご参加くださったり、ウェブショップで本をご購入くださったみなさま、ありがとうございます)。

さて、緊急事態宣言が解除され、6月になりました。
ミシマ社の本屋さん、どうしよう?
一度来てくださった方はご存知のとおり、ミシマ社の本屋さんは「ザ・3密」です。ごくフツーサイズの民家である京都オフィスの一室を開放しているので、お店番をしているメンバー5人がいるだけで、すでにいっぱい。そんな場所に、ふだんは赤ちゃんからご年配の方まで、本当にさまざまなお客さんがやって来ます。ちゃぶ台で本を読んでいる人もいれば、レジでうちのメンバーと話している人、友達と好きな本の話で盛り上がっている人、すみっこで黙々と絵を描いている子、元気いっぱいお店(部屋)の中を走りまわっている子・・・同じ場所にはいるけれど、それぞれが自由気ままに思い思いの時間を過ごしている、そんなわちゃわちゃ感がミシマ社の本屋さんらしい風景だったと思うのですが、いまはそれがNGになってしまいました。

画像2(営業日の様子).jpg

そこで私たちが考えたのは、MSLive!とコラボすることです。「MSLive!(ミシマ社ライブ)」とは、ミシマ社がこの4月から積極的にはじめたオンラインメディアです。スタートしたきっかけや、どんなことをしているのか、どうして出版社がオンライン配信に力をいれているのか、などなどお話したいことはたくさんあるのですが、ここでは長くなってしまうので、よかったらこちらのページをご覧ください。
というわけで、簡単に言いますと、6月のミシマ社の本屋さんは、オンライン配信で営業します!その名も「ミシマルシェ」。
前置きが長くなりましたが、当日どんなことをするのか、少しずつご紹介します。


13時半を見逃すな!「全日本パパパネル選手権」

今月のミシマ社の本屋さんのイチ押しアイテムは、なんといってもtupera tupera さんの新作『パパパネル』。こちら、タイトルからご想像いただけるとおり、パパが主人公の絵本・・・ではなく、なんと「顔はめパネル」なんです。まずはこちらをご覧ください。

パパがパイナップルになったり、パンダになったり、パンツになったり・・・絵柄は全部で10種類あり、変身前のパパの姿も、不良風、サラリーマン風、ハゲおやじ・・・などtupera tuperaさんらしい、仕掛けとユーモアがたくさん。親子で一緒に遊べる、とっても楽しいパネルです。今回、この『パパパネル』をミシマ社メンバーが全力で実演販売します。その名も「全日本パパパネル選手権」!  ワタナベがノリでネーミングしたこの大会、いったい何をするのか現時点では誰もわかっていませんが、オンライン配信ということで、ふだんミシマ社の本屋さんにいない東京オフィスのメンバーも参戦予定です。「選手権」というくらいだから、戦うのかもしれません。ふだん「ほがらかな出版社」をうたう我々の、壮絶なバトルをご期待ください?!

画像3(予行演習).JPG予行演習中のミシマとワタナベ。

ガレージマルシェ、やります。

このページをご覧になっている方で、ご近所にお住まいの方もいらっしゃるかもしれません。今回、外のガレージでテイクアウト販売もやります。いつもの本屋さんのように、たくさんの本を並べるのは難しいですが、ミシマ社の本や、それに関連する他の出版社さんの本なども、販売します。

また、ミシマ社の本に限り、事前に電話やメールでご予約いただいた本を、当日店頭でお受け取りいただくことも可能です。さきほど紹介しました『パパパネル』も先行販売します。ちょうど父の日も近いので、ご予約いただいた方でラッピングをご希望の方には、こんな感じ(下の写真)でご用意しますよ~。お父さんへの贈り物にぜひ。なお、お引き取りはマルシェ開催時間内(13時~15時)に限りますので、ご了承ください。

画像4(ラッピング).JPG

「ジャ〇ネットみしま」タイム

4月の休業以来、不定期で行ってきた店長・ワタナベによるインスタライブ。社内では「話が長い」「オチがない」などと常にメンバーからつっこまれているワタナベトークですが、視聴者のみなさまからは案外好評で、ライブ内でワタナベがおすすめした本が、翌日からミシマ社のウェブショップで、とても売れるのです。
そんなわけでファンのみなさま、今回もやります!タイトルにもあるように、今回ワタナベは、某有名通販番組の司会者風にしゃべるらしいです。ご期待ください。ちなみに、当日は他のミシマ社メンバーも登場するかもしれません(ワタナベトークにスキマがあれば・・・)。

画像5(渡辺さん).jpg一部ファンから絶大な支持を得る独特なトークをお見逃しなく

かけ足での紹介になりましたが、こんな感じで、メンバーがオンライン店番をしながら、ちょこっと出し物(?)もしつつ、ゆるりとオープンする予定です。日曜日の午後、みなさまのご来店(ご視聴)をお待ちしております!

ミシマ社の本屋さんでミシマルシェ
日時:2020年6月14日(日) 13時~15時
ご視聴はこちらから!

編集部からのお知らせ

オンラインショップ「ミシマ社の本屋さんショップ」は常時営業中です!

FireShot Capture 058 - - mishimasha-books.shop.png

ミシマ社の公式オンラインショップ「ミシマ社の本屋さんショップ」からは、24時間、全国どこからでも本をご購入いただけます!

ミシマ社の本屋さんショップ限定の「ミシマ社の本屋さんおすすめ2冊セット」や、サイン本も多数ご用意しております!

ミシマ社の本屋さんショップ

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 高橋さん家の次女 第2幕

    序 〜怒られの人〜

    高橋 久美子

     話題沸騰中の高橋久美子さんによる書籍『その農地、私が買います』の続編が、本日よりスタートします!「実家の畑をソーラーパネルにしたくない」。その思いを胸に、故郷の農地をめぐる複雑な事情とご自身の奮闘ぶりを赤裸々に綴ってこられた高橋さん。書籍発表を経た今、地元で、東京で、どんな声を聴き、何をしようとされているのでしょうか? 「続編を」というたくさんの声にお応えして、「高橋さん家の次女」第2幕がついに開幕します!

  • 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    ミシマガ編集部

    『人新世の「資本論」』(集英社新書)がロングセラーになっている斎藤幸平さんと、『菌の声を聴け』(ミシマ社)の著者タルマーリー(渡邉格・麻里子)の対談が実現しました! パンクロック、食、気候変動、マルクス、脱成長コミュニズム・・・。実践と理論を通じて、これからを生き延びるためのコモン再生の方法を探るエキサイティングな対談の一部をお届けします!

  • 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    ミシマガ編集部

     発売から約1カ月、高橋久美子著『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』は、感想をくださる方々の老若男女の幅や、どの角度から興味を持ち心を動かしてくださったかという切り口の多彩さが、際立っているように感じます。たくさんの媒体の方に取材いただくなかで、あらためて見えてきたこと、そして本書の魅力を、編集ホシノからお伝えします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

06月12日
第19回 ミシマルシェ開催のおしらせ ミシマガ編集部
04月14日
第18回 ミシマ社の本屋さん、4月は臨時休業ですが・・・、ウェブショップやライブ配信のお知らせ。 ミシマガ編集部
03月08日
第17回 ミシマ社の本屋さん、3月15日(日)に営業します! ミシマガ編集部
02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ