ミシマ社の本屋さん通信

第13回

ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します!

2019.11.12更新

 こんにちは。ミシマ社京都オフィスの渡辺です。

 月に1日だけオープンする京都オフィス併設「ミシマ社の本屋さん」、11月の営業日は、17日(日)です。12時から17時まで、のんびり開けております。

 今回、ご来店いただく際に、「知っているといいかもしれない」こと、以下にいくつかお伝えいたします。

今月23日発売の新刊『ほんのちょっと当事者』を、ほんのちょっと先行販売!

 弊誌「みんなのミシマガジン」で抜群のアクセス数を誇った青山ゆみこさんの人気連載『ほんのちょっと当事者』が、待望の書籍化です。こちら発売日は来週23日(土)なのですが、出来立てほやほやの本を一足先に先行販売いたします!

1112_1.jpgほんのちょっと当事者』青山ゆみこ(ミシマ社)

 オレンジのイラストがちりばめられた表紙が目印です。イラストを手掛けてくださったのは、『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』でおなじみ、細川貂々さん。

 こちら、部数に限りがあるため、もし完売の際はご容赦くださいませ。

 (ネット通販「ミシマ社の本屋さんSHOP」でも予約受付中です。遠方の方はぜひ。)

森田真生さんのトークイベント予約申し込み、店頭でもできちゃいます。

 独立研究者、森田真生さん。ミシマガ読者には、書籍化された『数学の贈り物』や今月3日より始まった新連載「聴し合う神々」でおなじみかと思います。その森田さんが3ヵ月に一度開催している「数学ブックトーク」のご予約を店頭でも承っております。

1112_2.jpg

数学ブックトーク in 京都2019秋

■日程:2019年11月23日(土)14:00~(開場13:30~)

■会場:恵文社一乗寺店 コテージ

■定員:50名様

■入場料:4,000円(税込) 当日会場でのお支払い(現金のみ)となります。

    ※学生・ミシマガサポーターは3,000円(税込)でご覧頂けます。

 心通い合う親密な距離感のなかで、ことばと思考を分かち合う「数学ブックトーク」。次回のブックトークは、はたしてどんな「うたげ」になるのでしょうか。ご予約お待ちしております!

 そして、来年1月9日(木)には、おなじ恵文社一乗寺店を会場に、「森田真生×朴東燮 独立研究者 越境対談 〜言葉と思考のリハビリテーション〜」の開催が決定! こちらも予約受付中です。あわせてぜひ!

あわせて行きたい! ご近所お散歩情報

 もう、季節は秋。お散歩するにはぴったりの季節。「ミシマ社の本屋さん」のご近所や、電車でちょっと行った先にあるスポットをちょっとだけご紹介します。

寺町コロンボ】(寺町二条上ル)

 河原町の「イタリア食堂コロンボ」さんが9月25日に移転リニューアルオープンしたこちらのお店。敢えて「イタリアン」の冠を外し、ランチメニューはすべて「定食スタイル」でのご提供。しかしあの絶品「タラコスパゲッティ」や美味しすぎる季節のお野菜たちはもちろん健在。健在といえば「アマレット風味のティラミス」ももちろんございます。さらにこのお店になってからソフトクリームが新登場。その名も「寺町ティラミスソフト」。最高すぎます。

1112_3.png

 店内の本棚にはtupera tuperaさんの絵本やミシマ社の絵本もあって自由にお読みいただけるほか、トイレにはおむつ交換台が完備されており、お子様連れのママさんパパさん大歓迎とのこと。店主・吉村さんの想いが詰まったお店です。お店の場所は、寺町通の一保堂茶舗さんの真向かい。12時オープンの「ミシマ社の本屋さん」にお越しいただく前に、まずはこちらのお店で愉しいお食事タイムを。先に本屋さんに行って、14時以降のカフェ利用でもいいですね。皆さまぜひ。

寺町コロンボ

京都市中京区寺町通二条上ル西側要法寺前町709-2

OPEN 11:00 - 18:30(L.O.) 定休日なし(年末年始を除く)

20席 全席禁煙 TEL 075-241-0032

誠光社】(中町通丸太町上ル)

 本屋さんをハシゴしたいそこのあなた。誠光社さんには必ず行くべし。行けばきっと、書棚が声を掛けてくるような感じがしてくるでしょう。その声に身をゆだねてください。ですから私は、ここでは多くは語りますまい。歩いて数分です。ちょっとひとやすみしたくなったら、お隣の「アイタルガボン」さんや、近くの「かもがわカフェ」さんへ。飲み物片手にさっそく読書タイムを決めてもいいですね。素晴らしい日曜日です。

 なお11月17日は19時からトークイベント開催とのこと。(BREXITと"EXIT" 遠い国の、身近な話のトークショー 金 玖美 写真集"EXIT"刊行記念)←ご興味ある方ぜひお申込みください。

誠光社

京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437

営業時間:10:00 - 20:00 無休(臨時休業の際はお知らせ欄、twitterにて告知)

無印良品 京都山科】(山科駅前)

 決して近所ではないのですが、電車で移動して山科駅へ。ミシマ社から向かうなら、鴨川を渡って京阪の神宮丸太町駅から三条で乗り換えるか、京都市役所前まで歩いて地下鉄東西線で行くか。すると、11月1日にオープンした無印良品さんの最新鋭店舗にトリップできます。この無印良品さんには本のコーナーもあって、そのなかに、ミシマ社の出版物も並んでいる様子なのです。京都にゆかりのある『きんじよ』や、『京をあつめて』や、『ホホホ座の反省文』など。そして、食品売り場が充実。鮮魚売り場にある魚の絵は加藤休ミさんが描いたものらしい・・・。行かねば・・・。

無印良品 京都山科

京都市山科区竹鼻竹ノ街道町91 ラクト山科ショッピングセンターB1~2F

営業時間 10:00~20:00

都湯】(JR琵琶湖線・膳所駅)

 山科まで行ったら、JR琵琶湖線で2駅先にある滋賀県の膳所(ぜぜ)へ向かいましょう。目指すは銭湯・都湯さん。11月30日までの期間、「ミシマ社フェア」を開催中。お散歩旅の疲れを銭湯で癒しましょう。

ミシマ社フェアin都湯

開催期間:2019年11月1日(金)〜11月30日(土)

場所:都湯 (JR膳所駅より徒歩3分)

営業時間:15:00〜24:00 (木曜定休)

住所:〒520-0802 滋賀県大津市馬場3丁目12-21

都湯YOUTUBE:https://www.youtube.com/user/Topofdonuts

都湯ツイッター:miyakoyu_zeze

 ほかにも界隈には気になるお店がいろいろあります。京都ぶらり旅、いかがでしょうか。

「ミシマ社の本屋さん」Instagram、はじめてました。

 最後に、以前の本連載にて「ミシマ社の本屋さんInstagramをはじめます」とお伝えしました。しかし、さっそく休眠状態になっており・・・。今回の営業日を機に、インスタ活動を再開いたします! ここに宣言したので、必ず再開します。フォローをしてもらえたら嬉しいです!

「ミシマ社の本屋さん」Instagram

 ということで、11月17日(日)、ぜひお越しくださいませ。

「ミシマ社の本屋さん」11月の営業日について

11月の営業日は、11月17日(日)です。営業時間は12時~17時です。

-

ミシマ社の本屋さん(京都オフィス併設)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438

http://www.mishimasha.com/kyoto/
https://twitter.com/mishimashabooks

1112_4.jpg

 

 皆さまのご来店、お待ちしております!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ