ミシマ社の本屋さん通信

第12回

10月の営業のお知らせ

2019.10.08更新

 こんにちは。京都オフィスの田渕です。

 9月の本屋さん開店日では、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

 10月のミシマ社の本屋さん開店日は、10月20日(日)です!

 実はこの日、ミシマ社の10月刊『バンド』『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』の発売日でもあります。  

バンドカバー.jpg

『バンド』クリープハイプ 聞き手:木村俊介(ミシマ社)

1008-1.jpg

『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』ミシマ社/編(ミシマ社)

 この2冊に通底するものは、ずばり「ロック」です! この「ちゃぶ台」のことを「2時間のロックフェスのようなつくり」と言ったのは編集長のミシマ。装丁を手がけてくださっている矢萩多聞さんとの打ち合わせの際、「ちゃぶ台は、この曲からはじまるのか、みたいな面白さがあって、次はこんな名曲もあったのか、そしてフィナーレ、からのアンコール! みたいなロックフェスに来ているような感じ」と説明したのでした。豪華著者陣によるめくるめく展開に、最初から最後まで飽きることなく一気読みしてしまう。そんな新しい読書体験をできるのが、「ちゃぶ台」です。

 一方、『バンド』はロックバンドである「クリープハイプ」のメンバー4人に、木村俊介さんがロングインタビューを敢行。メンバーがそれぞれ目の前で語っているかのような、息遣いまで感じられる臨場感も読みどころです。400P近いページ数も全く気にならないくらい、どんどん読み進めてしまう一冊。ちなみに「ちゃぶ台」には、『バンド』のスピンオフのような形で、尾崎世界観さんへのインタビューも掲載されているので、ぜひ、合わせてお手に取ってくださいませ。

 そして、今回ミシマ社の本屋さんで『バンド』をお買い上げの方には、こちらの『バンド』オリジナル缶バッヂをプレゼントいたします!

1008-3.jpg

 さらにさらに、10月の目玉は、10月刊2冊の発売だけでは終わりません。なんと、9月刊の『クモのイト』の著者である、中田兼介先生が本屋さんの一日店長をしてくださいます!(先生がお店番の時間は、決まり次第「ミシマ社の本屋さんツイッターアカウント」でお伝えします。)

1008-2.jpg『クモのイト』中田兼介(ミシマ社)

 

 前回の9月のオープン日には発刊が間に合わなかった『クモのイト』。実はここ数日、とっても熱いです。先週の日曜日の朝日新聞の読書面では、文芸評論家の斎藤美奈子さんが取り上げてくださり、『生物と無生物のあいだ』でおなじみの福岡伸一先生も推薦のコメントを書いてくださいました。さっそくこのような形でポップにして、全国の本屋さんへお届けしています。

福岡先生推薦ポップ.jpg

 いかがでしたでしょうか? いったい、この3冊がミシマ社の本屋さんでは、どんな展開がされるのか。どうぞお楽しみに。

メンバー一同、お待ちしております!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 本のこぼれ話

    作者・デザイナー・編集者による、もっと知りたい人への深掘り絵本トーク

    ミシマガ編集部

    網代幸介さんによる絵本『てがみがきたな きしししし』の刊行から2カ月が経ちました。昨日(9/4)より、広島のREADEN DEATにて原画展を開催中です。本日のミシマガジンでは、この作品をより深く知ってもらうべく、『てがみがきたな きしししし』が生まれるまでのきっかけや、ブックデザインの制作秘話についてお伝えいたします。

この記事のバックナンバー

06月12日
第19回 ミシマルシェ開催のおしらせ ミシマガ編集部
04月14日
第18回 ミシマ社の本屋さん、4月は臨時休業ですが・・・、ウェブショップやライブ配信のお知らせ。 ミシマガ編集部
03月08日
第17回 ミシマ社の本屋さん、3月15日(日)に営業します! ミシマガ編集部
02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ