ミシマ社の本屋さん通信

第12回

10月の営業のお知らせ

2019.10.08更新

 こんにちは。京都オフィスの田渕です。

 9月の本屋さん開店日では、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

 10月のミシマ社の本屋さん開店日は、10月20日(日)です!

 実はこの日、ミシマ社の10月刊『バンド』『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』の発売日でもあります。  

バンドカバー.jpg

『バンド』クリープハイプ 聞き手:木村俊介(ミシマ社)

1008-1.jpg

『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』ミシマ社/編(ミシマ社)

 この2冊に通底するものは、ずばり「ロック」です! この「ちゃぶ台」のことを「2時間のロックフェスのようなつくり」と言ったのは編集長のミシマ。装丁を手がけてくださっている矢萩多聞さんとの打ち合わせの際、「ちゃぶ台は、この曲からはじまるのか、みたいな面白さがあって、次はこんな名曲もあったのか、そしてフィナーレ、からのアンコール! みたいなロックフェスに来ているような感じ」と説明したのでした。豪華著者陣によるめくるめく展開に、最初から最後まで飽きることなく一気読みしてしまう。そんな新しい読書体験をできるのが、「ちゃぶ台」です。

 一方、『バンド』はロックバンドである「クリープハイプ」のメンバー4人に、木村俊介さんがロングインタビューを敢行。メンバーがそれぞれ目の前で語っているかのような、息遣いまで感じられる臨場感も読みどころです。400P近いページ数も全く気にならないくらい、どんどん読み進めてしまう一冊。ちなみに「ちゃぶ台」には、『バンド』のスピンオフのような形で、尾崎世界観さんへのインタビューも掲載されているので、ぜひ、合わせてお手に取ってくださいませ。

 そして、今回ミシマ社の本屋さんで『バンド』をお買い上げの方には、こちらの『バンド』オリジナル缶バッヂをプレゼントいたします!

1008-3.jpg

 さらにさらに、10月の目玉は、10月刊2冊の発売だけでは終わりません。なんと、9月刊の『クモのイト』の著者である、中田兼介先生が本屋さんの一日店長をしてくださいます!(先生がお店番の時間は、決まり次第「ミシマ社の本屋さんツイッターアカウント」でお伝えします。)

1008-2.jpg『クモのイト』中田兼介(ミシマ社)

 

 前回の9月のオープン日には発刊が間に合わなかった『クモのイト』。実はここ数日、とっても熱いです。先週の日曜日の朝日新聞の読書面では、文芸評論家の斎藤美奈子さんが取り上げてくださり、『生物と無生物のあいだ』でおなじみの福岡伸一先生も推薦のコメントを書いてくださいました。さっそくこのような形でポップにして、全国の本屋さんへお届けしています。

福岡先生推薦ポップ.jpg

 いかがでしたでしょうか? いったい、この3冊がミシマ社の本屋さんでは、どんな展開がされるのか。どうぞお楽しみに。

メンバー一同、お待ちしております!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ