ミシマ社の本屋さん通信

第5回

今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ

2018.12.27更新

 こんにちは。京都オフィスの渡辺です。

 移転のため休業中の「ミシマ社の本屋さん」ですが、今年もやります! 毎年恒例、「本屋さんの福袋」。ネットショップの通販限定でご用意することにいたしました!

fukubukuro_03.jpg

 2019年の福袋には、以下の5冊が入っています。

・ミシマ社刊行書籍の「著者直筆サイン本」!

・ミシマ社メンバーが推す! 自社本この一冊(メンバーからのメッセージカード付)

・バッキー井上さんが自らカバーデザインした『人生、行きがかりじょう』新装丁版

・ミシマ社の本屋さんが仕入れた「他社本」からメンバーがセレクトした2冊

さらに、おまけとしてオリジナルグッズ「使えないメモ帳」もプレゼント!
(「使えないメモ帳」をもっと知りたい方はこちらのリンク先から制作裏話が読めます)

 以上、5冊プラスおまけが入って6,000円(税別)です。※別途送料

 発送は、2019年1月7日以降となります。本日12/27より、下記URLより、予約受付スタートいたします!

◾️「本屋さんの福袋2019」販売ページはこちら
(※「ミシマ社の本屋さんショップ」のリンクに飛びます)

 ところで、ミシマ社と福袋の歴史をひも解くと、2011年のお正月にさかのぼります。

 当時のツイッターにこんな投稿が。

 どうやら売り物ではなく、プレゼント企画として始まったようなのですが、資料が残っておらず、詳細は不明・・・。

 ところで、このときのミシマ社は、まだ自由が丘の1拠点体制でした。この年の3月11日に東日本大震災が起こり、伝手を頼って会社ごと城陽市に避難したことがきっかけで、4月に「城陽オフィス」が誕生。東西2拠点での出版活動がスタートしたのでした。

 その後、広々とした城陽オフィスの一角で「ミシマ社の本屋さん」が産声を上げるも、2013年春にはオフィスを京都市内・烏丸三条のワンルームマンションへ移すことになり・・・。

(この時期のミシマ社のあれこれにご興味がある方は、代表ミシマの著書『失われた感覚を求めて』(朝日新聞出版)をご一読いただければ幸いです。)

 ですが、移転後も城陽でのミシマ社の本屋さんは少しのあいだ続きまして、どうやら、このときはじめて、2014年のお正月に、福袋を売り出したようなのです。

 こんなツイートが残っていました。

 そうやって完成した福袋がこちらの写真。

fukubukuro_01.jpg

 赤と緑の福袋。どこかのカップ麺みたいですが、このとき何セットか用意したものは、なんと完売したようです。

 同2014年、鴨川近くの神宮丸太町に一軒家の物件を発掘したミシマは、なんと京都進出以来、3度目の移転を敢行。この地に「ミシマ社の本屋さん」がリニューアルオープンを果たしました。以降、今年の秋に賃貸契約終了に伴い閉店するまでの約4年間、皆様にご愛顧いただきながら、年始めの福袋販売を続けてまいりました。ということで、京都オフィスの歴史に福袋販売が重なります。

 もはや、ミシマ社にとって、お餅つきや凧揚げと同じような新春恒例の行事となった福袋販売。福袋はすべて、ミシマ社で作った本、ミシマ社が仕入れた本から、うちのメンバーがそれぞれの感性で本を選び、直筆でコメントを添えています。まだ見ぬ読者の方を想像しながらセレクトする楽しさがあり、毎年、とてもわくわくしながら福袋をつくっています。

 そして、今回の福袋販売を、御所東に移転した現・京都オフィスでの「ミシマ社の本屋さん」営業再開につなげていきたいと考えました。

 冒頭で「通販限定」と書きましたが、この福袋を、手渡しでも販売すべく、ミシマ社の本屋さんの営業を再開することに決めました!

 まずは、月1回週末に営業日を設定して、やっていきたいと思います。1月の営業日は、20日の日曜日です。詳細は下記をご覧ください。

 ということで、福袋と本屋さん営業再開のおはなしでした。2019年の読書はじめに「ミシマ社の本屋さん福袋」はいかがでしょうか?

fukubukuro_02.jpg

(※こちらは2018年の福袋販売の様子です)

◾️「本屋さんの福袋2019」販売ページはこちら
(※「ミシマ社の本屋さんショップ」のリンクに飛びます)

5冊プラスおまけが入って6,000円(税別)です。※別途送料

発送は、2019年1月7日以降となります。

「ミシマ社の本屋さん」まずは不定期ですが再開決定!

ミシマ社京都オフィス併設の「ミシマ社の本屋さん」は、移転のため9月末より休業しておりましたが、2019年1月20日(日)に再オープンすることになりました! しばらくの間は、不定期営業とさせてください。

1月の営業日は、1月20日(日)です。営業時間は12時~17時です。

-

ミシマ社の本屋さん(京都オフィス併設)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438

ご注文、そしてご来店、お待ちしております!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1)

    教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1)

    ミシマガ編集部

    ミシマ社が新メンバーを募集します。1/3(木)より、『生きるように働く』の著者であるナカムラケンタさんの運営する求人サイト「日本仕事百貨」にて募集を開始します。こちらのミシマガ記事では、日本仕事百貨掲載のための「ナカムラさんからミシマ社へのインタビュー」のあとに開催された、「ミシマ社メンバーからナカムラさんへのインタビュー」イベント、「教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと」の様子をお届けします。

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    ミシマガ編集部

    こんにちは、京都オフィスの野崎です。突然ですが、今日はミシマガ読者のみなさんにとにかく早く伝えたい、大ニュースがあるんです! それは・・・

ページトップへ