ミシマ社の本屋さん通信

第10回

8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定!

2019.08.04更新

 こんにちは! 暑い日が続いて、夏本番という感じがしますね。

 ミシマ社の本屋さん店長の舘です。6月の本屋さん通信では「1日店長」としてお仕事体験をしていたわけですが、気付くと「1日」が取れて「店長」になっていました。かといって何か大きく変わったわけではないのですが、本屋好きとしてはとても嬉しいことです。

 それはさておき、ミシマ社の本屋さんは、月に1度ゆるりと開店しています。
 8月の営業日は、なんと! 8月13日(火)と14日(水)の2DAYS!どちらも12時~17時まで営業しています。ぜひお越しください!

 ・・・2DAYSってイベント感がありますよね。勝手にワクワクしてしまうのは私だけでしょうか。フジロックやサマソニみたいな夏フェスに両日参戦するとなると前日の夜は全く眠れなくなりますよね。私は、なってました。

 というわけで、せっかくの2DAYS! ミシマ社の本屋さんもスペシャルイベントを開催します!
  題して、「ミシマ社ナイト」!! 代表・三島が、その場で思いついたことをこれでもかっ!というぐらい熱く語るという、朗らかなイベントです。8/13(火)の本屋さん営業後に1時間ほど開催しますので、本屋さんに寄って頂いたついでにでもフラっとお立ち寄りください~

  お申込み不要! 参加費は500円! 安い! (サポーターの方々には無料でご案内しております。)お気軽にご参加ください!  イベント詳細はコチラ!

 また、今回のミシマ社の本屋さんでは、7月に引き続き「ちいさいミシマ社」の特設コーナーを作ります!

ちいさいミシマ社とは? 

 2019年7月より始まったミシマ社の新レーベル「ちいさいミシマ社」は、買切・正味55%という今までのミシマ社には無かった条件を新たに導入しました。

 ミシマ社の本は委託・正味70%のものが多いので、ちいさいミシマ社の本の方が書店さんの利幅が大きくなります。その分、ミシマ社からの販促物(ポップやパネル)の提供はせず、それぞれの書店さんに売り方を委ねるのです。1冊の本をより丁寧に売って頂くことが私たちの願いです。

 詳しくはミシマガ記事〈「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの〉をご覧ください。(ちいさいミシマ社専用HPはコチラからどうぞ! 

 そして! ミシマ社の本屋さんも数ある書店のひとつです。「自分たちで売っていく」ということも考えなくてはいけないのがこの新レーベルの特徴です。「ミシマ社の本屋さんでこの本を買って良かった!」と思って頂けるような売り方をしたいのです。今回はそんな新レーベル商品の販売についてチラッとご紹介をします。

 0804_1.jpg

 新レーベルを記念して制作したステッカーです! ミシマ社の本屋さんへお越し頂いた方に差し上げます。スマホに貼れば、気になるあの人との会話も弾むはず! 


0804_2.jpg

 『ランベルマイユコーヒー店』の著者お二人への特別インタビューを載せたフリーペーパーです。ご購入者に限定特典としてお渡しします。作品に対するお二人の思いを丁寧にまとめて記事にしました。また、タイトルでもある「ランベルマイユ コーヒー」の豆を少量ですが、おすそわけ致します。作品とともにお楽しみください。

0612_1.png『ランベルマイユコーヒー店』オクノ修・詩/nakaban・絵(ちいさいミシマ社)


0804_3.jpg

 その名も「ちゃうちゃうちゃうんちゃうステッカー」! チャウチャウによく似てますが、チャウチャウではありません。こちらは『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』のご購入者に限定特典としてお渡しします。

9784909394248.jpg『仲野教授の そろそろ大阪の話をしよう』仲野徹(ちいさいミシマ社)

 以上、ミシマ社の本屋さん限定特典のご紹介でした! 

 もちろん「ちいさいミシマ社」以外のミシマ社本も全て在庫を揃えております。その他にも、著者サイン本や、他店ではなかなか手に入らない珍しい他社本もメンバーのセレクトで展開しています。

 手軽にいろいろな情報が手に入る今の時代、どんな店でどんな本とどうやって出会うかということはとても重要です。ミシマ社の本屋さんで大切な1冊と出会って頂けることを心より願って、メンバー一同ご来店をお待ちしております。

「ミシマ社の本屋さん」8月の営業日について

8月の営業日は、8月13日(火)、8月14日(水)です。
営業時間は12時~17時です。
13日は営業終了後の17:30より、「ミシマ社ナイト」を開催いたします。

-

ミシマ社の本屋さん(京都オフィス併設)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438

http://www.mishimasha.com/kyoto/
https://twitter.com/mishimashabooks

0323-9.jpg

 皆さまのご来店、お待ちしております!

編集部からのお知らせ

2019年度ミシマ社サポーター、募集中です。

 ミシマ社では、日々の出版活動を応援してくださるサポーターを募集しております。2013年に「サポーター制度」が始まって以来、サポーターのみなさまといろんな活動をご一緒してきました。「サポーター制度」についての考え方は、下記をご一読いただけますと幸いです。

サポーター制度について

 また、サポーター制度の具体的な活動について知りたい方は、こちらをご覧ください。

具体的な活動をもっと知る

 現在、2019年度のサポーターを募集しております。サポーター期間は2019年4月1日〜2020年3月31日です。ミシマ社メンバー一同、これからもっとおもしろいことを、サポーターのみなさまとご一緒できたらうれしく思います。お力添えをいただけましたら幸いです。

2019年度ミシマ社サポーター概要

募集期間:201913日より
サポーター期間:201941日~2020331

どの月にご入会いただいても、次年度の更新時期はみなさま来年の4月で統一です。ご了解くださいませ。その年の特典は、さかのぼって、全てお贈りいたします。

2019年度のサポーター特典

以下の特典を毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(年2回発行・・・の予定です!)
*『ちゃぶ台』をはじめとした、今年度の新刊6冊ほど(何が届くかはお楽しみに!)
* ミシマ社で作ったグッズや冊子
* サポーターさん限定イベントのご案内
* ミシマ社主催イベントの割引

・・・などを予定しております!(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)

お申し込み方法

新規でサポーターのお申し込みをご希望の方は、下記項目を、お電話、FAX、メール等にてご連絡くださいませ。

クレジット決済をご利用の場合には、こちらから直接お手続きいただくことも可能です。

  1. お名前(フリガナ):
  2. 性別、ご年齢:
  3. ご住所:
  4. 電話番号:
  5. FAX番号:
  6. メールアドレス:
  7. サポーター種類:ミシマ社サポーター(3万円+税)or ミシマ社ウルトラサポーター(10万円+税、こちらは法人・個人問わず、年間10名様限定です)
  8. お振込み方法:郵便振替(こちらから払込用紙をお送りします)または クレジット決済 どちらかお選びください。
  9. クレジット希望の有無と掲載名:
    ※ウェブ版ミシマガジンの「編集後記」や紙版ミシマガジンの「奥付」に、ご希望されるサポーターの方々のクレジットを入れさせていただきます。掲載をご希望される場合には、

 ・お名前をそのまま記載
 または
 ・掲載用のハンドルネーム

 のいずれかをお知らせください。

FAXご送付先:075-746-3439
E-mail:hatena@mishimasha.com
(件名「ミシマガサポーター申込み」にてお願いいたします)
TEL:075-746-3438

「益田ミリ×山陽堂 本としあわせしりとり展」

ミリさん山陽堂DM.png

【場所】山陽堂書店

【会期】2019年8月20日(火)-9月6日(金)※最終日は17時まで

*営業時間* 平日11時-19時(土曜11時-17時/日曜定休)

詳細はこちら

「ちいさいミシマ社展」

【会期】2019年8月21日(水)〜10月14日(月・祝)

【場所】国立新美術館 地下1階 
ミュージアムショップ "スーベニアフロムトーキョー"

【開館時間】10:00-18:00(金・土曜日は20:00 まで)
      火曜日定休(祝日または休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

【アクセス】〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)

※ミュージアムショップへの入場は無料です。

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ