ミシマ社の本屋さん通信

第2回

オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。

2018.08.12更新

 こんにちは。京都オフィスのワタナベです。ミシマ社の本屋さんの店長をしています。

 さて、少し残念なお知らせをしなければならず、筆を執りました。

 ミシマ社の本屋さん、いまの場所での営業を9月いっぱいで一旦終えることにいたしました。

0812-1.jpg

 理由は、現在営業中である神宮丸太町の一軒家から引っ越さなければならなくなったためです。(移転に至る顛末にご興味がある方は、代表ミシマの「ミシマ社の話」をご覧くださいませ。)

 その後、おかげさまで新しいオフィスは無事見つかりました。またしても、一軒家のおうちで、畳部屋もあるのでちゃぶ台を囲むスタイルも変わらずできます。

 ですが、間取りとしては狭くなるため、移転後は、いまのように12畳くらいのスペースを本屋さんの場所に割り当てるのがちょっと難しそうなのです。本棚を置きすぎると、せっかくご来店いただいてものんびりした気分を味わっていただけそうになく、掘りごたつもない。困りました。

 週に1回だけでも、お店としてオープンすると、実にさまざまな方が足を運んでくださいます。そして、自分たちの手で「一冊入魂」で作った本や、尊敬してやまない同業他社の本たちを、お客さんに手売りする。そうやって人と本がつながった間には、自然と会話が生まれます。言葉を交わす、ただそれだけのことなのに、互いの気持ちに清々しくあたたかな感覚が残るのが不思議でなりませんでした。読者の方と直接交流できるこの場を持てたことは、出版社であるミシマ社にとって、とてもとても、大きな活力になっていました。

 できることなら、移転後もすぐに営業を再開したいです。ですが、いまの空間をそっくり移すことができない状況で、いろいろ整わないうちにお客さんを迎えることは、せっかく来てくださった方々に対して、かえって残念な気持ちを与えてしまうのではないか。場所が変われば、そこでのふさわしいあり方も変わってくるはずですが、今はまだ、それが見いだせずにいます。しばらくその場で実際に働いてみないと、何とも言えないというのが正直な気持ちです。

 ということで、すみませんが、10月のオフィス移転後も、いったん年内いっぱいは、ミシマ社の本屋さんを休業とさせてください。その間に、再開できる体制をどうにか整えたいと思っています。また休業中も、ネット販売「ミシマ社の本屋さんショップ」は引き続きご注文を承りますので、よろしくお願いいたします。

 まずは引っ越しに伴うバタバタからいち早く状況を落ち着かせるのも私の役目です。(引越奉行を任命されています。)出版社として、日々の業務に支障のないよう、オフィスとしての機能をしっかり整えることに全精力を注ぎ、心地よい空間づくりも目指していきます。

 ところで新しいオフィスの立地ですが、いまの場所からも割と近くて、鴨川と河原町通を渡って、徒歩10分くらい。「きんじよ」付き合いをさせていただいているいしいしんじさん家からは少し離れてしまいますが、「かもがわおさんぽ展」でご一緒させていただいたモリカゲシャツさんや、『きんじよ』にも出てくる「とんかつ清水」さんとは、ぐっと近くになります。堀部さんの誠光社とも、おなじ上京区ということでいろいろと楽しみもあります。

 営業再開できることが決まったら、住所や営業日時などは、また改めてご案内させていただきますね。

 そしてもちろん、9月いっぱいまでは、毎週元気に営業しますので、ミシマ社の本屋さんにぜひぜひお越し下さい。8月24日には、いしいしんじさんとイベントも開催します!(詳細は下記。) メンバー一同、皆さまのご来店、お待ちしております。

0812-2.jpg

編集部からのお知らせ

ミシマ社の本屋さん 8月と9月の営業日

8/17(金)、24(金)※イベントあり、31(金)
9/7(金)、14(金)、21(金)、28(金)、29(土)
※9月の土曜営業日は29日です。休業前の最終営業日になります。

OPEN:13:00 CLOSE:19:00

ミシマ社の本屋さん

イベント「いしいしんじの大地蔵盆!」やります!

 京の酷暑を吹き飛ばす勢いの「いしいしんじ夏のきんじよ祭り」。ミシマ社の本屋さんでもやっちゃいます! 営業中の本屋さんを貸し切った大地蔵盆。ひんやり納涼いしいさんの怪談ばなし、みんな大好きスイカ割り、庭の池でカメ釣り(釣れるのか?)、地蔵盆といえばやっぱり「数珠まわし」などなど、いしいしんじ流地蔵盆をたっぷりと!  当日は自由が丘オフィスのミシマ社メンバーも京都に集結!  子どもたちには地蔵盆のお土産も配ります。

■日時:8月24日(金)16時から
■要申込
■参加費:お賽銭方式にて
■場所:ミシマ社の本屋さん

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ