ミシマ社の本屋さん通信

第9回

ミシマ社の本屋さんの1日店長

2019.06.10更新

 こんにちは! 暑い日が続いて、夏本番が近づいてきた感じがしますね。

 ミシマ社の本屋さんは、月に1度ゆるりと開店しています。6月の営業日は、6月23日(日)12時からです。ぜひお越しください!

 自己紹介が遅れましたが、この4月に中途採用で入社した舘です。前職も出版業界で働いており、即戦力として期待されていましたが(ビズリーチのCMみたいな感じ)、現実はそんなに甘いわけもなく、無力さに打ちひしがれながら日々勉強しています。

 そんな僕がなぜか今回の本屋さんで1日店長を任されることになり、何をしていいやらさっぱりといった状況で、記事まで任されてしまい、どうしたものか・・・となっています。しかし、任命されたことの大きな理由の1つは、おそらく「本屋好き」を社内で公言していたことが挙げられます。

 考えてみると、僕にとって本屋さんは特別な存在です。もともとあまり本を読まないので、読書家は「憧れの存在」であり、本屋さんは「憧れの空間」でした。少しでも本好きになりたい! という思いを持って、この業界に飛び込みました。

 「憧れの空間」とは、つまり「居るだけでなんだか少し賢くなったような、良いことをしたような気がする空間」のことです。あまり賢そうな文章ではないですが(笑)、僕と同じように読書家に憧れている人なら共感してもらえるのではないでしょうか。そして、このミーハーな感覚こそが、本屋さんの価値を次世代へ繋ぐ重要アイテムだと思います。

 自分が知らない知識と出会うことができる場、それも知り尽くすことができないほどたくさんの知識と。逆に言えば、自分が知らないことがこれだけたくさんある、という事実を教えてくれる場でもあります。小さな本屋さんに置いている本棚でさえも全てを読み切るには途方もない時間が必要です。

 こんな大切な場所が、昨今どんどん減っています。出版社が~、取次が~、アマゾンが~、いろんな理由はありますが、根本的な原因は、僕らが本屋さんに行かないからです。そうです。読書家に憧れていたはずの僕らが本屋さんに行かなくなったから、本屋さんは減っているのです。大して見たくもないネット動画をついつい見ていたらもうこんな時間・・・そんな時間を過ごした分だけ本屋さんは減っていきます。

 さて、ミシマ社は出版社でありながら本屋さん営業を月に1度行っています。その理由は「読者の方と直接交流できる場をもつため」です。読者の方々からすれば、「作り手と直接交流できる場」です。普通の本屋さんでさえなかなかできないような深い交流を、まるで親戚の家に遊びに来たような居心地で楽しむことができます。

 もちろんミシマ社本だけでなく、関連する様々な本を取り揃えています。メンバーのオススメ本コーナーなんかもあります。(前回の営業日には10冊程度しかない自分の棚から3冊も売れていて、っしゃー! と心の中で叫んだのはここだけの話)梅雨の時期なので、家でゆっくり読書するための本を探すのも楽しそう。ぜひ、楽しい思い出を作って、買って、持って帰って、思い出して下さい。

 そして最後に。ご来店下さった方には、ぜひ周辺の本屋さんにも行って頂きたいのです。誠光社さんや、レティシア書房さん、出町座さんなどミシマ社近辺には面白い本屋さんがたくさんあります。そうしていろんな本屋さんに行くことで、「憧れの空間」は、憧れではなく、より現実味のある必要不可欠な存在になっていくと思います。

 読んでくださった方にとって6月23日が面白い日になることに願いを込めて、ご来店をお待ちしております。

0610-1.JPG

「ミシマ社の本屋さん」6月の営業日について

6月の営業日は、6月23日(日)です。営業時間は12時~17時です。

-

ミシマ社の本屋さん(京都オフィス併設)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3
TEL:075-746-3438

http://www.mishimasha.com/kyoto/
https://twitter.com/mishimashabooks

0323-9.jpg

 皆さまのご来店、お待ちしております!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

06月12日
第19回 ミシマルシェ開催のおしらせ ミシマガ編集部
04月14日
第18回 ミシマ社の本屋さん、4月は臨時休業ですが・・・、ウェブショップやライブ配信のお知らせ。 ミシマガ編集部
03月08日
第17回 ミシマ社の本屋さん、3月15日(日)に営業します! ミシマガ編集部
02月11日
第16回 ミシマ社の本屋さん、2月23日(日)に営業します! ミシマガ編集部
01月08日
第15回 ミシマ社の本屋さん、1月26日(日)に営業します! ミシマガ編集部
12月10日
第14回 ミシマ社の本屋さん、12月22日(日)に営業します! ミシマガ編集部
11月12日
第13回 ミシマ社の本屋さん、11月17日(日)に営業します! ミシマガ編集部
10月08日
第12回 10月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
09月05日
第11回 9月の営業のお知らせ ミシマガ編集部
08月04日
第10回 8月の営業は2DAYS! 「ミシマ社ナイト」開催決定! ミシマガ編集部
06月10日
第9回 ミシマ社の本屋さんの1日店長 ミシマガ編集部
05月12日
第8回 ミシマ社の本屋さん、5月19日に営業します。 ミシマガ編集部
03月23日
第7回 ミシマ社の本屋さん、3月も元気に営業します! ミシマガ編集部
02月03日
第6回 ついに営業再開! 2月も営業日決定! そして「ミシマ社特製エコバッグ」再販について ミシマガ編集部
12月27日
第5回 今年もやります! 本屋さんの福袋! そして本屋さん営業再開のお知らせ ミシマガ編集部
10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ