MS Live! 制作室

「こどもとおとなのサマースクール 2020」各講座の詳細&チケット

2020.07.10更新

今年の8月、MSLive!では、「こどもとおとなのサマースクール 2020」を開催することとなりました!(開催にあたってのごあいさつはこちら
 
本サマースクールでは、全10回に参加可能な「全講座参加チケット」と、1人の講師の講座へ参加可能な「講師ごとの単独チケット」の2種類のチケットをご用意しました。

以下に各講座内容の詳細をお知らせします。
講師の方々からは、ひとことずつメッセージもいただいています!

また、第1部開催の夜(19:30〜20:00)に、「放課後」と名付けたサポート制度を設けます。後半に向けての質問や課題の確認などご対応しますので、日中お子様だけのご参加も安心です。

目次

いしいしんじさん「作文を書こう」
中田兼介さん「教えて、いきもの博士!」
玉川奈々福さん浪曲に学ぶ にほんごの語り方」
光嶋裕介さん「家を作ろう」
tupera tuperaさん「夏だゾ〜〜〜! tupera tuperaのへんてこおばけ工作」
★全講座参加チケット

「作文を書こう」いしいしんじさん

いしいさん.jpg

希代のストーリーテラーであり、作家のいしいしんじさんが、文章を書くことのおもしろさを教えてくださいます!

第1部では、手を動かしながら、字を書く、文章を書くことに慣れるべために、さまざまな運動をします。

そして第2部までにまとまった文章を書いてもらい、第2部ではそれをふまえ、ことばを書くことがこころにどんな作用をもたらすかをさぐります。ただ、作文を書くだけでなく、ことばによって、思ってもみない自分の内側を再発見できるはず!

この夏、文を書く喜び、そして奥深さを感じながら親子で作家デビューしましょう!

「作文を書こう」いしいしんじ

<開催日時>
第1部:8/2(日)10:00~11:30 
第2部:8/23(日)19:00~20:30 10:00〜11:30 (時間が変更になりました!)

<開催方法>
オンライン配信(オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。)
※ご参加者には、イベント開催の翌日ごろ、録画動画をお送りいたします。
当日、ご都合がつかない場合も、ご安心ください。

<チケット情報>
全講座参加チケット(全10回):¥25,000+税  ¥15,000+税(先着50名限定)
講師ごとの単独チケット(全2回):各¥6,000+税 ¥4,000+税 

<関連書籍>

『きんじよ』いしいしんじ 著/ミシマ社(協力書店:メリーゴーランド 京都)


【参加チケット価格を変更しました!】
サマースクールは来年以降も継続して開催していきたいと思っております。
そして今回はミシマ社としても初めての試みであり、少しでも多くの方にご参加いただけるように、参加チケット価格をあらためました。(来年以降の参加チケット価格は、当初の設定でおこないたく思っております。)

いしいさんからのメッセージ
たのしく、自由に文章をつむぐ技術を身につけながら、「ことばのふしぎ」「こころのひみつ」をさぐっていきます。「書くこと」についての考えが、きっと大きく変わることでしょう。ぼくもいまから、こころ待ちにしています。

いしいしんじ
1966年大阪生まれ。作家。現在、京都のミシマ社の「きんじよ」に在住。お酒好き。魚好き。蓄音機好き。2012年『ある一日』で織田作之助賞、2016年 『悪声』で第4回河合隼雄物語賞を受賞。『ぶらんこ乗り』『麦ふみクーツェ』『ポーの話』『海と山のピアノ』(以上、新潮社)『みずうみ』(河出文庫)など著作多数。

「教えて、いきもの博士!」中田兼介さん

nakata.jpg


第1部:いきものの見つけ方と写真の撮り方
受講者のみなさんから、事前にいきものいまつわるご質問をお送りいただき、当日はクイズ形式を交えながら、博士に答えていただきます。
そして、身のまわりでいきものを見つけるコツ(いつ、どんな場所を探すといいのか?)や、スマートフォンのカメラに工夫をすることで、見つけたいきものを上手に撮影する方法など、もりだくさんでお届けします!

第2部:「みんなのいきもの図鑑」をつくろう
受講者のみなさんが撮影したいきものの写真を、事前に送っていただきます。当日は、博士が、いきものたちの名前や知られざる特技などなどを、解説してくださいます。
最終的には、みなさんが送ってくださった写真や博士のコメントをオンラインクラウド上に集めて「みんなのいきもの図鑑」を完成させたいと思います。全国から参加されるみなさんの身近ないきものを大集合させて、この夏の思い出にしましょう!

「教えて、いきもの博士!」中田兼介

<開催日時>
第1部:8/3(月)10:00~11:30
第2部:8/19(水)19:00~20:30

<開催方法>
オンライン配信(オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。)
※ご参加者には、イベント開催の翌日ごろ、録画動画をお送りいたします。
当日、ご都合がつかない場合も、ご安心ください。

<チケット情報>
全講座参加チケット(全10回):¥25,000+税  ¥15,000+税(先着50名限定)
講師ごとの単独チケット(全2回):各¥6,000+税 ¥4,000+税 

<関連書籍>

『クモのイト』中田兼介 著/ミシマ社(協力書店:メリーゴーランド 京都)

中田さんからのメッセージ
夏はいきものの季節!身近にもたくさんいるので、立ち止まって見てみてください!

中田兼介(なかた・けんすけ)
1967年大阪生まれ。京都女子大学教授。専門は動物(主にクモ)の行動学や生態学。なんでも遺伝子を調べる時代に、目に見える現象を扱うことにこだわるローテク研究者。現在、日本動物行動学会発行の国際学術誌『Journal of Ethology』編集長。著書に『まちぶせるクモ』(共立出版)、『びっくり!おどろき!動物まるごと大図鑑』(ミネルヴァ書房)など。監修に『図解 なんかへんな生きもの』(ぬまがさワタリ著、光文社)。こっそりと薪ストーバー。

浪曲に学ぶ にほんごの語り方」玉川奈々福さん

nanahuku.jpg

出版社につとめる傍ら、趣味で始めた「浪曲三味線」の魅力にどっぷりとはまり、ついには「浪曲師」となり大活躍されている玉川奈々福さん。古典演目だけでなく自ら新作演目もつくりつつ、最近はYouTubeチャンネルも開設した老若男女から愛される浪曲師です。

語り芸である「浪曲」は、同じ言葉を語るにも、声の高低、語る速さ、調子、発音が変われば、まったく違った伝わり方をします。たとえば「ああなりましてこうなって、こうこうしかじかでこうなった」という一文。奈々福さんが語ってみると・・・。あらびっくり、浪曲に!(サマースクールでは、実演くださいます!) このようにいくらでもニュアンスが変わる日本語の語り方について奈々福さんがレクチャーしてくださいます。

第1部では、そもそもなんで浪曲師になったの? というキャリア教育の話から、浪曲の舞台とその魅力の解説。そして第2部では、実際に三味線の音に合わせて声を出したり、奈々福さんがつくった「3分浪曲」を実演したり。こどももおとなも楽しい、浪曲をぜひご体感ください!

「浪曲に学ぶ にほんごの語り方」玉川奈々福

<開催日時>
第1部:8/4(火)10:00~11:30
第2部:8/18(火)19:00~20:30

<開催方法>
オンライン配信(オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。)
※ご参加者には、イベント開催の翌日ごろ、録画動画をお送りいたします。
当日、ご都合がつかない場合も、ご安心ください。

<チケット情報>
全講座参加チケット(全10回):¥25,000+税  ¥15,000+税(先着50名限定)
講師ごとの単独チケット(全2回):各¥6,000+税 ¥4,000+税 

玉川さんからのメッセージ
ふつうにおしゃべりする「にほんご」が、語り芸の「にほんご」になる瞬間、そのテクニックとは? 三味線とともに物語を語る「浪曲」に触れ、それをちょっと稽古してみる2回講座です。

玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
神奈川県横浜市出身。1995年7月、二代目玉川福太郎に入門。三味線の修行をしていたが、師の勧めにより、2001年より浪曲師としても活動。2006年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲や、長編浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。第11回伊丹十三賞受賞。

「家をつくろう」光嶋裕介さん

koushima.jpg

新型コロナウィルスの感染拡大にともなう状況で、わたしたちの住まいや住み方も大きく変わらざるをえません。これからの家って、どうなるんだろう? そんな未来の建築を、自ら考え、つくってみませんか? この講座では、家づくりの第一歩である模型づくりの基本を建築家の光嶋さんに教えていただきます。プロの仕事だと思っていた家づくりが、自分のものに! この夏、ちょっぴり建築家になってみよう。

第1部:家について考えよう
家ってなんだろう? なんのためにあるの? 建築家の光嶋さんに、世界各国の建築物の紹介を交えつつ、わたしたちにとって身近な存在の「家」について教えていただきます。また、家のことをもっと知るために参加者みんなでそれぞれの模型づくりに挑戦します。お金をかけて材料をそろえるのではなく、まわりにあるものを見立てて模型をつくるための方法とコツをご紹介します。

第2部:みんなの「未来の家」発表会
受講者のみなさんによる模型の発表会と光嶋さんによる講評をおこないます。2週間の期間で光嶋さんにも「未来の家」をテーマに模型をつくっていただき、光嶋さんの考える、これからの家についてもお話しいただきます。

「家をつくろう」光嶋裕介

<開催日時>
第1部:8/6(木)10:00~11:30
第2部:8/20(木)19:00~20:30<

<開催方法>
オンライン配信(オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。)
※ご参加者には、イベント開催の翌日ごろ、録画動画をお送りいたします。
当日、ご都合がつかない場合も、ご安心ください。

<チケット情報>
全講座参加チケット(全10回):¥25,000+税  ¥15,000+税(先着50名限定)
講師ごとの単独チケット(全2回):各¥6,000+税 ¥4,000+税 

<関連書籍>

『これからの建築』光嶋裕介 著/ミシマ社(協力書店:メリーゴーランド 京都)

光嶋さんからのメッセージ
ずっと「ステイホーム」してきた今こそ、改めて家について、空間について、心地よく住まうことについて、一緒に手を動かしながら考えてみませんか?

光嶋裕介(こうしま・ゆうすけ)
建築家。一級建築士。1979年、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年同大学院を卒業し、ドイツの建築設計事務所で働く。2008年帰国後、独立。2011年、内田樹氏の自宅兼道場《凱風館》を設計、若手建築家の登竜門であるSDレビュー2011に入選。建築作品に《如風庵》や《旅人庵》など多数。著書に『幻想都市風景』(羽鳥書店)、『建築武者修行―放課後のベルリン』(イースト・プレス)、『これからの建築―スケッチしながら考えた』(ミシマ社)など。近著に『増補 みんなの家。―建築家一年生の初仕事と今になって思うこと』(ちくま文庫)がある。

「夏だゾ〜〜〜!tupera tupera のへんてこおばけ工作」tupera tuperaさん

tupera.jpg

絵本やイラストレーション、ワークショップ、アートディレクションなど、幅広い分野で活動されているtupera tuperaさん。ミシマ社からは6月に『パパパネル』というパパをテーマにした顔はめパネルが発刊となりました。
夏休みといえば、工作! ということで、ユーモア溢れる作品を数多く発表されてきたtupera tuperaのお二人を講師に、とっておきの工作教室を開講します。こどももおとなも、みんなで工作する楽しみを味わってみよう。

第1部:工作テーマ、大発表!
tupera tuperaのお二人にこれまでの作品をご紹介いただきながら、どんなふうにアイデアをふくらませていくの? どこから着想を得ているの? つくることの裏側を教えていただきます。そして、みんなでつくる工作テーマを大発表! 材料のこと、つくりかたのコツ、などなど楽しく考えます。

第2部:みんなの工作発表会
受講者のみなさんと工作の発表会をおこない、tupera tuperaさんに講評をしていただきます。
tupera tuperaのお二人にも同じテーマで作品をつくっていただき、お披露目いただきます。

「夏だゾ〜〜〜!tupera tupera のへんてこおばけ工作」tupera tupera

<開催日時>
第1部:8/7(金)10:00~11:30
第2部:8/21(金)19:00~20:30

<開催方法>
オンライン配信(オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。)
※ご参加者には、イベント開催の翌日ごろ、録画動画をお送りいたします。
当日、ご都合がつかない場合も、ご安心ください。

<チケット情報>
全講座参加チケット(全10回):¥25,000+税  ¥15,000+税(先着50名限定)
講師ごとの単独チケット(全2回):各¥6,000+税 ¥4,000+税 

<関連書籍>

『パパパネル』tupera tupera さく/ミシマ社(協力書店:メリーゴーランド 京都)

tupera tuperaさんからのメッセージ
暑い夏は、ひんやりしたいですよね〜。ゾクッと人を驚かせ、ひんやりと涼しくさせる工作テクニックをみなさんに伝授したいと思います。それ以外にも、tupera tuperaのちょっと怖い絵本の読み聞かせもしますよ。みなさん、ぜひお楽しみください!

tupera tupera(ツペラ ツペラ)
亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、アートディレクションなど、様々な分野で幅広く活動している。絵本に『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)、『パンダ銭湯』(絵本館)、『かおノート』(コクヨ)、『やさいさん』(学研教育出版)、『パパパネル』(ミシマ社)など、著書多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。『わくせいキャベジ動物図鑑』(アリス館)で第23回日本絵本賞大賞。2019年に第1回やなせたかし文化賞大賞を受賞。

「こどもとおとなのサマースクール 2020」全講座参加チケット

 全ての講座(全10回)に参加できるチケットです。

「他ジャンル、枠組みを縦横断する5つの講座を考えました。
 家づくり、ものづくり、自然とのふれあい、文を書く、ハラからの声だし、笑い・・・各講座それぞれのおもしろさに触れるなかで、心身の感覚、五感もよりのびやかに高まり、育っていくのではないかと思います。
 そういう点からも、全講座にご参加いただくことをおすすめします」
開催のごあいさつより

MS Live! 制作室

MS Live! 制作室
(えむえすらいぶ せいさくしつ)

2020年4月より、空間を超えて「生きた言葉」を届ける、ミシマ社主催のオンラインライブ(通称 MSLive!)がスタート。

これから開催するイベントや、開催したイベントのあれこれについて制作チームがお届けします!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内

    MS Live! 制作室

    今年の夏、ミシマ社は、念願のサマースクールを開講することにしました。もとをたどれば2年前、周防大島でサマースクール(プレ)をおこないました(詳しくは「ちゃぶ台」Vol.3をご覧いただければ幸いです)。とはいえ、当時は一般の方々へ開いたかたちではありませんでした。昨年は多忙を理由に断念。このままいけば、今年も「ない」まま流されていたかもしれません。が、今年はなんとしても、開催しよう。しなければいけない、と思うに至りました。

  • 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    ミシマガ編集部

    昨日発売となったいとうせいこうさんの新刊『ど忘れ書道』。その刊行を記念して、「ど忘れ大賞」という前代未聞の賞を開催することになりました! 審査員長はもちろんこの方! 「忘れの天才」こと、いとうせいこうさんです!!

  • 土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    ミシマガ編集部

    2020年6月20日、MSLive!にて、土井善晴先生と中島岳志先生のオンライン対談が行われました。料理研究家と政治学者、そんなお二人のあいだでどんなお話が繰り広げられるのか、一見、想像がつきづらいかと思います。ですが、自分たちの足元からの地続きの未来を考えるとき、中島先生が最近研究のテーマに据えられている『利他』と料理・食事のあいだには、大切なつながりがあることが、対話を通して明らかになっていったのでした。今回の特集では前半と後半の2回にわけて、そんなお二人のお話の一部をお届けします。

ページトップへ