MS Live! 制作室

第19回

「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」通しチケットのご案内

2021.06.09更新

昨年の夏に開催した「こどもとおとなのサマースクール 2020」(去年のラインナップはこちら)。作文、いきもの、芸能、工作、建築と、さまざまな分野の第一線で活躍する5名の素敵な講師をおむかえし、こどももおとなも遊ぶように学ぶ、最高の夏になりました(昨年の参加者の声を、記事の最後に掲載しています!)。

そしてこの夏は「こどもとおとなのサマーキャンプ2021」を開催します!

今年のテーマは、「この夏、もれよう!」。昨年と状況は変わらず、これをしてはいけない、という息苦しさに囲まれるなか、それらをすべて取っ払って、自分の枠からもれ、はみだし、のびのびと思いっきり楽しむ。そんな願いを込めました。

今年は7月末と8月末に、1泊2日を2セット(オンライン)行い、ぎゅっと凝縮。各講座ともに、第1部(7/31〜8/1)では、各講師のお話をメインに、やり方やコツなどをうかがいます。インターバル期間(8/2〜8/27)は、第1部の講座の最後に講師の方からいただいた課題を実践。そして第2部(8/28〜8/29)で発表します。

通しでの参加が難しい、という方のために単独のチケットもご用意する予定です。こどももおとなも心身ともに眠っている力を解放し、自分の潜在力に気づく夏にしよう! 

また、通しチケットをご購入くださった方には、「こどもとおとなのサマーキャンプ2021Tシャツ」を1枚プレゼントいたします! ご注文受付次第、随時発送。この機会にぜひ!

IMG_5290.jpg

サマーキャンプの通しチケットはこちら

各講座の詳細と単独チケットはこちら

summercamp.jpg

講座一覧

8/2〜8/27はインターバル期間になります。通しチケット購入者は、第1部と第2部の間のインターバル期間に、瀬戸昌宣さんのベースキャンプを受けられます。詳しくは後述。)

サマーキャンプとは?

各講座ともに、第1部では、各講師のふだんのご活動をおもしろくご紹介いただきつつ、やり方や技術やコツなどをうかがいます。講座の最後に、講師の方から課題のようなものをご提示いただく予定です。

課題はできるだけ近所で、自然と触れ合ったり、家で手足を動かしたりしながら、楽しくできる課題ばかり。そして、課題の提出があった方で希望される方には、第2部で発表してもらう場合もあります。皆さんの提出課題にたいして、講師の方々からコメントをいただき、最後に、夏休みが終わってからの日々で継続的に力を高めていくためのポイントをお話いただきます。

なお、課題の提出は自由です。課題は出さず、講師のお話を聞くだけの参加もまったく問題ありません。

ベースキャンプとは?

「通しチケット」での参加者は、インターバル期間(8/3〜8/27)に、週に1度、瀬戸昌宣さんによる「ベースキャンプ」が受けられます。

教え、育む「教育」ではなく、導き出す「エデュケーション」。ひとりひとりがもっている資質をいかに引き出していくかが大切で、そのためにできることは、「ひとが育つ環境をととのえること」だと瀬戸昌宣さんは語ります。(瀬戸さんと森田真生さんが毎週対話を重ねている「学びの未来」プロジェクトもぜひ。)

瀬戸さんが高知県土佐町でスタートし、いまは福岡県福津市を拠点に活動する「i.Dare」では、ひとりひとりのこどもたちに「あなたは、なにがしたい?」と問いかけ、向き合い、ひとりひとりが学びたいように学ぶ日々を送れるようさまざまな環境づくりを実践中。

今回はそんな子どもの話をきく「壁打ち」のスペシャリストである瀬戸さんが、インターバル期間の週に1度、参加者のみなさんとの対話の場を設けてくださります。対話のなかで、科学的なものの見方の作法を教えてくださったり、また「自分だけのワクワク」に気づいたり。学びの場がより豊かになるような環境づくりのお手伝いをしてくださります。瀬戸さんという最高の「壁」に疑問をぶつけたり、言葉を放つ。そのワンクッションがあるだけで、子どもの理解の浸透度合はぐんと増すはずです。

瀬戸昌宣(せと・まさのり)
1980年東京生まれ。農学博士(農業昆虫学)。米国コーネル大学にて博士号を取得後、同大学で博士研究員として研究と教育に従事。通算13年の米国生活を経て、2016年から土佐町役場に勤務し地域の教育に参加。2017年にNPO法人SOMAを設立し、4000人の町で全世代への教育を展開。林業を教育素材として総合的な学習に取り組める杣の学び舎の設立や、町内外誰でもが分け隔てなく「居る」ことができるprivate public space (私的公共空間)「あこ」など、環境を整える事業を展開する。高知県の起業支援事業 Kochi Startup Parkのコーディネーターとしてアントレプレナーシップ教育にも取り組む。2021年4月より、活動の拠点を福岡県福津市に移して活動中。

瀬戸さんからのメッセージ

ミシマ社サマーキャンプにご参加を希望の皆さま、はじめまして!NPO法人SOMA代表理事の瀬戸昌宣と申します。ミシマ社では森田真生さんと学びや教育について語り合う、「学びの未来」でお世話になっています。

ミシマ社のサマー講座への参加を希望されるなど皆さまお目が高い!僕も昨年息子と参加しましたが、とても楽しかったことを覚えています。

各講師のお話も面白いし、取り組んだプロジェクトも面白かったです。ひとりでプロジェクトに没頭するもよしですが、誰かと「あーでもない、こーでもない」と自分の考えを表現しながらともに思い惑うのも、長くて短い夏の過ごし方としても良いかもしれません。

講座と講座の間の時間に、参加者が各講座のテーマやプロジェクトについて存分に考え、思いを巡らせ続けるため「ベースキャンプ」を担当します。

ベースキャンプでは週に一度集まって、自分の思いを表現したり、ひとの話を聞いたり、プロジェクトのアイデアを練ったり、他の参加者と仲良くなったり、問いや疑問をシェアしたりできます。使い方はあなた次第です!僕は答えを持っていませんが、みなさんと一緒に考え悩みます。

自分の思いと出会う夏にできたら素敵ですね!(瀬戸昌宣)

開催方法

オンライン配信(オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。)
※ご参加者には、開催翌日に録画動画をお送りいたします。
当日、ご都合がつかない場合も、ご安心ください。

チケット情報


2種類のチケットをご用意しております。「キャンプ」のように、参加者のみなさんとの一体感が味わえる、通しチケットでのご参加がおすすめです。気になる講座が複数ある方は、ぜひ、通しチケットでご参加ください!

昨年の参加者の声

・大人一人での参加でしたが、お子さんたちと一緒だったからこそ、楽しく学ぶことができたなと思っています。子どもの素晴らしさ、すごさを実感しつつ、私の頭も多少柔らかくなったかな。
講師陣の素晴らしさは言うまでもありません。自宅に居ながらにして講座を受けられたこともとても幸せでした。
講座以外のところでのアフターフォローも素晴らしく、すっかりミシマ社さんのファンになりました。

・ずいぶん前になりますが、私は田舎生まれの田舎育ち...自然の中の夏休みでしたが、正直毎年退屈でした。でも今年は、素晴らしい先生方の授業でことばに! 虫に! 自分の声に!
毎日発見があってとても楽しかったです!!! 一緒に学んだ小学生の皆さんの感性に触れられたのも良かったです。「みんなの家」最高に素敵でした。実はこんな面白いものに囲まれていたなんて、ミシマ社さんに感謝してます。

・とても楽しかったです!幅広いジャンル、双方向のコミュニケーションなど、子どもだけでなく大人もしっかり学べて楽しい講座ばかりでした。興味のあるものだけをピックアップせずに、全講座受講してよかったと思っています。新たなジャンルと出会えたこともこの講座を受講したよさです。

・夏休みの時期だったので学校の宿題(自由研究)として取り組めたのも親としてはありがたかったです。講師の先生方が、プロならではの厳しさをきちんともちながら、その世界のおもしろさを、本当におもしろい!大好きだ!!と思いながらお話ししてくださっていたのが印象的でした。子どもたちに「本物」を味わってもらえたことで、珍しく親として(我ながらいい機会作ったな)と自画自賛できました。

・その道のプロ、その道を楽しんで探究されている方々の講座を、鹿児島に居ながらにして視聴でき、感激しています!! コロナのおかげかもしれません。勿論企画してくださったミシマ社さんあってのことです。ありがとうございました。視野が広がり、人生が前より楽しく豊かになった気がします。

・子どもたちが普段はなかなか手をつけなかったり、楽しみを見出だせていなかったことについて(特に作文や虫)、楽しそうにやってる姿を見られて良かったです♪

・地方に住んでいるので、出向かなくてもオンラインで話を聞いて楽しく学べるのは、教育の地域格差を埋めるようにも思い、これからも続いていってほしいオンライン文化です。

・課題発表の時は、子どもたちがめっちゃ緊張して、事前に文章を考えたり、正座して背中もピンとして発表をしていて、かわいくも頼もしくなったと成長を感じました。人前で発表する事にこんなに真摯に取り組めるんだ!と感動もしました。

・めっちゃ楽しかった!課題を出されて、みんなで発表して、質問しあったりするのもよかった!(娘)

・親子一緒におなじ課題を作ったり考えたり、うなったりできたのがとってもよかったです。まったく違うジャンルの5つの講座でしたが、どれも面白さや濃さは互角で、とても楽しいひとときを過ごせましたし、ちょっぴり新しい世界が開けた!って感じです。ありがとうございました!(母)

<よくあるご質問>

Q.当日、急に予定が入って参加できなくなってしまったら、どうすればよいですか?
A.参加者全員に、録画動画を開催翌日にお送りいたしますので、ご安心ください。

Q.オンラインイベントの参加方法がわかりません。
A.こちらのページをご覧ください。また、メール(shop@mishimasha.com)やお電話(ミシマ社京都オフィス:075-746-3438)でも、お気軽にお尋ねください。

Q.講座の前半だけのチケットは販売していないのですか?
A.こちらの講座は、全2回を受講いただくことで、内容が身につくように講師の方に講座を設計いただいています。そのため、恐れ入りますが、前半のみ・後半のみのチケットは販売しておりません。

Q.この講座の対象年齢は何歳から何歳までですか?
A.ここでの「こども」は小学生~中学生を対象としております。ただし、もっと小さくても、そして、大人の方でも楽しめる講座となっております。

Q.大人1人だけで参加してもいいですか?
A.もちろん大歓迎です! おとなでも楽しめる講座ばかりですので、ぜひご参加ください!

Q.忙しくて課題に取り組む暇がないのですが・・・
A.課題の提出は必須ではございませんのでご安心ください。

MS Live! 制作室

MS Live! 制作室
(えむえすらいぶ せいさくしつ)

2020年4月より、空間を超えて「生きた言葉」を届ける、ミシマ社主催のオンラインライブ(通称 MSLive!)がスタート。

これから開催するイベントや、開催したイベントのあれこれについて制作チームがお届けします!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

07月08日
第22回 瀬戸昌宣さんインタビュー この夏は、ベースキャンプで「自分のわくわく」に出会おう! MS Live! 制作室
07月02日
第21回 後藤正文×藤原辰史 公害をめぐる対話――1976年12月2日の新聞から MS Live! 制作室
06月24日
第20回 「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」各講座の詳細&単独チケットのご案内 MS Live! 制作室
06月09日
第19回 「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」通しチケットのご案内 MS Live! 制作室
05月22日
MSLive! 大人のためのサマー講座2021、開催します! MS Live! 制作室
05月04日
第17回 MSLive! 1周年。これまで開催してきた講座を一挙紹介します!! MS Live! 制作室
05月01日
MSLive! 配信とアーカイブ一覧 MS Live! 制作室
04月29日
第16回 「学習権」をめぐる対話〜森田真生・瀬戸昌宣 MS Live! 制作室
01月13日
第15回 「学びの未来」のこれまでとこれから MS Live! 制作室
01月02日
MSLive!の参加方法 MS Live! 制作室
12月30日
第14回 「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催します! MS Live! 制作室
11月21日
第13回 土井善晴先生のMSLive!まとめ MS Live! 制作室
10月29日
第12回 11月のMSLive! MS Live! 制作室
09月28日
第11回 「大人のためのオータム講座2020」開催します! MS Live! 制作室
09月22日
第10回 10月のMSLive! MS Live! 制作室
09月15日
MSLive!が定額・見放題に! MS College、はじめます。 MS Live! 制作室
08月27日
第8回 MS Live! 制作室
07月12日
第7回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」各講座の詳細 MS Live! 制作室
07月10日
「こどもとおとなのサマースクール 2020」各講座の詳細&チケット MS Live! 制作室
07月07日
第6回 「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内 MS Live! 制作室
07月07日
第5回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」開催のごあいさつ&チケットのご案内 MS Live! 制作室
07月03日
第4回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」&「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催します! MS Live! 制作室
06月22日
MSLive! 連続講座、続々開催中! MS Live! 制作室
05月27日
第1回 MSLive!の裏側、お届けします MS Live! 制作室
ページトップへ