MS Live! 制作室

第28回

「こどもとおとなの夏の放課後2022」こんな講座がそろいました!

2022.07.12更新

こんにちは、MSLive!運営チームです。夏休みを彩るようなオンライン講座「こどもとおとなの夏の放課後2022」の開催まで、いよいよ2週間となりました! 本日のミシマガでは、全4講座の内容をご紹介していきます。あわせて、本日公開となった講師の方からのメッセージ動画も掲載しています。どの講座も、身近な世界のみかたが変わるような視点が得られそうな講座ばかりです! みなさまのご参加おまちしております。

※「こどもとおとなの夏の放課後2022」の概要やテーマについてはこちらの記事をご覧ください!

7/26(火)タルマーリー(渡邉格・麻里子)「菌を育ててピタパンをつくろう」

709fd01d05d2181d70d1.jpg

パンをつくるのに欠かせないもの、それは、菌の力。
菌を味方につける! そんな夏休みにしませんか?
この講座では、菌の力を引き出すプロであるパン屋・タルマーリーのお二人が、天然酵母でパンをつくる方法を伝授します。

レーズンなどの甘い食材と、空気の中にいる菌。みなさんの身近にある素材から天然酵母を仕込む技を実演しながら、発酵(菌のはたらきによって、食べものが変化すること)の仕組みやうまく発酵させるポイントをレクチャーしていただきます。
そして、参加者はもれなく、レーズン酵母で作るピタパンのレシピがもらえます!

講座を受けたあとは、お話とレシピを参考に、自分たちの身近な食材で菌を育てて、ピタパンづくりをしてみましょう。うまくいってもいかなくても、写真や文章でレポートを送っていただければ、タルマーリーさんがアドバイスをくださいます!
パンづくりをしてみたい子どもも大人も、この機会にぜひ!

orora-min2.JPG

<講師からのメッセージ>
菌は人間の皮膚にもお腹の中にもたくさんいて、私たちは菌に助けられながら生きています。
そして昔から菌を利用して発酵食品がつくられてきました。
今回はタルマーリー流パンづくりの基礎を教えます。難しそう・・・と思うかもしれませんが、きちんと手順をふめば大丈夫。
この機会に菌が友達みたいに思えたら、世界がまた違って見えるかも・・・。

、1971年東京都生まれ。麻里子、1978年東京都生まれ。
2008年、夫婦共同経営で、千葉県いすみ市に開業。自家製酵母と国産小麦だけで発酵させるパン作りを始める。2011年の東日本大震災の後、より良い水を求め岡山県に移転し、天然麹菌の自家採取に成功。さらに、パンで積み上げた発酵技術を活かし、野生の菌だけで発酵させるクラフトビール製造を実現するため、2015年鳥取県智頭町へ移転。元保育園を改装し、パン、ビール、カフェの3本柱で事業を展開している。著書に『菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案』(ミシマ社)、『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)がある。

「菌を育ててピタパンをつくろう」
詳細 & チケット申込み

7/27(水)土井善晴「土井善晴のお料理学校」

89dea70192f2c24f0588.jpg

「夏休みだから
一緒にお料理しながらみんなで考えましょう。
いろんなことがありすぎて・・・
みんななんだかよく分からなくなっているんですね。
だから料理すればいいんです。
料理することで自然とつながれます。
お料理は生きていくことです。
料理は幸せになる力を磨きます。
食べるだけじゃないんですね。
家族が料理して、家族が食べる。
家族は自分。自分は家族です。
お料理がわかればいいですね。」
――土井善晴先生より

土井先生の、「普段の食事はご飯とみそ汁を中心にしたシンプルなものでも良い」という提案は、多くの大人を救ってきました。
そして、学生や子どもたちにも、自分たちの命を守ってくれる食文化としての料理について、長年指導を続けてこられました。

土井先生の講座を受けると、料理をしたくなります。
その喜びをお伝えしたくて、本講座を企画しました。
子どもも大人も、ふるってご参加ください。

<土井先生より、おとなのみなさまへ>
料理する目的って、おいしいものを作るだけではないって、子どもがいればわかるでしょう。毎日しっかり生きていくために作る。みんなで食べて楽しむために作る。家族の料理は自分の都合で「今日はお休み」って言えないんですね。趣味じゃないから。毎日のことなんです。だから何を作るか、家族の基本があればいいですね。家族みんながお料理できればいですね。お料理で嫌な思いをするのはダメですね。お料理はやっぱり楽しいものですね。料理はレシピじゃない。だから、どうするのか・・・。そんなことを考えています。

土井善晴(どい・よしはる)
料理研究家。十文字学園女子大学招聘教授(健康栄養学科/食事学・料理学)、甲子園大学客員研究員、学習院女子大学講師。東京大学最先端化学研究センター「LEARN」客員研究員。和食の観点から「一汁一菜」を提唱。著書に『一汁一菜でよいという提案』『暮らしのための料理学』など。中島岳志との共著に『料理と利他』がある。

「土井善晴のお料理学校」
詳細 & 申込みはこちら

7/28(木)村上慧「家をつくる、その前の「アイデア」の練習」

efd9a49f15c906ad687c (1).jpg

アーティストの村上慧さんと「アイデア」をふくらませる練習をしよう!

村上さんはこれまでに、「家」にまつわる実験をたくさんおこなってきました。
自分でつくった発泡スチロールの家をせおって日本各地を歩いたり(この取り組みは、『家をせおって歩く』という絵本にもなっています)、冬の札幌で電気や火を使わずに生活するために、落ち葉の発酵熱を使った暖房を手づくりしたり。夏の名古屋では、水の気化熱を利用した「自然の冷蔵庫」の仕組みで冷房をつくる挑戦もしています。

この講座では、そんな村上さんと「〇〇から守る家」をテーマに、アイデアをふくらませる練習をします。

雨から、暑さから、騒音から、ナメクジから、悲しみから......
「〇〇から守る家」を自由に考え、スケッチしながら、「家」ってどういうものなのかを知り、アイデアのふくらませかたを楽しく学ぶ、そんな夏を過ごしませんか?

この講座を通して村上さんに教えていただくのは、「つくりかた」ではなく「考えかた」
自分で考えることのおもしろさを味わったら、一生忘れられない夏になるかも!?

<講師からのメッセージ>
近所でキジバトが木の枝をくわえて歩いていました。巣を作っていたのでしょう。彼らの巣は雛や卵を「天敵から守る家」と言えます。
またこれも最近の話ですが、動かなくなった芋虫を持ちながら、地面を歩いているハチを見つけました。たぶんアナバチの一種で、彼らは自分で掘った穴に芋虫を入れ、そこに卵を産みつけます。孵化した幼虫は、芋虫を食べて成長します。生まれた時からご飯が隣にある、これは「空腹から守る家」と言えそうです。
さて、みなさんにとって「家」とは、何から守るためのものですか? そしてそれはどんな形になるのか、一緒に考えてみましょう。

村上慧(むらかみ・さとし)
1988年生まれ。2011年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。2014年より自作した発泡スチロール製の家に住む「移住を生活する」プロジェクトを始める。著書に『家をせおって歩く かんぜん版』(福音館書店)、『家をせおって歩いた』(夕書房)、『移住を生活する』(金沢21世紀美術館)などがある。ミシマガにて「自分の地図をかきなおせ」を連載中。

「家をつくる、その前の「アイデア」の練習」詳細 & 申込みはこちら

7/29(金)松村圭一郎「はじめてのフィールドワーク」

bc62ca864e490e3b9fc7.jpg

「学校が嫌いで、毎日、放課後が待ち遠しくてしかたなかった」そう話す人類学者の松村さん。彼の「フィールドワーク」の原点には、日々の遊びがありました。そのフィールドワークってどうやるの?
ーー写真を撮ってみる? 本を読む? 誰かに話を聞いてみる? 空想する?

外に出かけて、そこにあるものをきちんと「見る」。自分なりに「考えて説明する」。すると、世界がちょっとだけ変わって見えてくる!
そんなとっておきの方法を学びましょう。

<講師からのメッセージ>
文化人類学者も、最初はフィールドワーク初心者でした。でも、その初心者のフィールドワークがけっこううまくいくんです。身近にあるよく知らない人の営み。そこに一歩ふみこんで観察したり、話を聞いたりしてみると、世界の見え方ががらりと変わります。この夏、そんな世界を変えるフィールドワークに挑戦してみましょう。

松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)
1975年熊本生まれ。岡山大学文学部准教授。専門は文化人類学。所有と分配、海外出稼ぎ、市場と国家の関係などについて研究。著書に『うしろめたさの人類学』(ミシマ社、第72回毎日出版文化賞特別賞)、『くらしのアナキズム』(ミシマ社)、『はみだしの人類学』(NHK出版)、『これからの大学』(春秋社)など、共編著に『文化人類学の思考法』(世界思想社)、『働くことの人類学』(黒鳥社)。

「はじめてのフィールドワーク」詳細 & 申込みはこちら

MS Live! 制作室

MS Live! 制作室
(えむえすらいぶ せいさくしつ)

2020年4月より、空間を超えて「生きた言葉」を届ける、ミシマ社主催のオンラインライブ(通称 MSLive!)がスタート。

これから開催するイベントや、開催したイベントのあれこれについて制作チームがお届けします!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『ええかげん論』、いよいよ明日発売です!!

    『ええかげん論』、いよいよ明日発売です!!

    ミシマガ編集部

    土井善晴さんと中島岳志さんの『ええかげん論』が、いよいよ明日10月15日に、リアル書店先行発売となります!(一般発売日は10/21)こちらの記事では、本書誕生の背景や、特典情報、読みどころをたっぷりご紹介します!

  • 「千利休」「茶の湯」を学ぶならいま!

    「千利休」「茶の湯」を学ぶならいま!

    MS Live! 制作室

    こんにちは、MSLive!運営チームです。 最近、雑誌やテレビ、新聞などのメディアで、「千利休」や「茶の湯」に関する特集が組まれていることをよく目にします。それもそのはず、今年2022年は、千利休の生誕500年という記念すべき年なのです! それまで日本で主流だった中国由来の喫茶とは異なる、日本独自の茶の湯を大成し、日本人の根底に流れる美意識にも影響を与えた「わび茶」という概念を提唱した人物として知られる千利休。千利休を知ることは、日本文化の原点を知ることと言っても過言ではありません。

  • 村瀨孝生さんに聞く「若者と介護」(1)

    村瀨孝生さんに聞く「若者と介護」(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人の大堀です。本日のミシマガは先月刊行した伊藤亜紗さん・村瀨孝生さんの往復書簡『ぼけと利他』から、わたしのように介護やケアにあまりなじみがない若い世代は、ぼけのあるお年寄りとどうかかわっていけばいい? という問いを知るべく、村瀨孝生さんにインタビューをさせていただきました。  ぜひ前編と合わせてお読みください。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

この記事のバックナンバー

11月01日
第33回 中田兼介×本上まなみ 「教えてもえもえ博士!もっと いきもののりくつ」 MS Live! 制作室
10月10日
第32回 「千利休」「茶の湯」を学ぶならいま! MS Live! 制作室
09月19日
第31回 イスラム、アフリカ、多様な他者と共生していくために(後編) MS Live! 制作室
09月18日
第31回 イスラム、アフリカ、多様な他者と共生していくために(前編) MS Live! 制作室
09月16日
第85回 「こどもとおとなの夏の放課後2022」大充実で幕を閉じました! MS Live! 制作室
08月04日
第30回 「夏の放課後」はまだまだ終わりません! 後編 MS Live! 制作室
08月03日
第29回 「夏の放課後」はまだまだ終わりません! 前編 MS Live! 制作室
07月12日
第28回 「こどもとおとなの夏の放課後2022」こんな講座がそろいました! MS Live! 制作室
06月25日
第27回 「こどもとおとなの夏の放課後2022」開催します! MS Live! 制作室
03月09日
MSlive! 大人のためのスプリング講座2022、開催します! MS Live! 制作室
01月21日
土井善晴先生のMSLive!まとめ MS Live! 制作室
11月10日
第24回 特集『くらしのアナキズム』刊行記念対談 松村圭一郎×藤原辰史「政治を自分たちの生活にとり戻す!」(後編) MS Live! 制作室
11月09日
第24回 特集『くらしのアナキズム』刊行記念対談 松村圭一郎×藤原辰史「政治を自分たちの生活にとり戻す!」(前編) MS Live! 制作室
10月06日
第23回 ミシマ社15周年の10月、MSLive!もお祭りです! MS Live! 制作室
07月08日
第22回 瀬戸昌宣さんインタビュー この夏は、ベースキャンプで「自分のわくわく」に出会おう! MS Live! 制作室
07月02日
第21回 後藤正文×藤原辰史 公害をめぐる対話――1976年12月2日の新聞から MS Live! 制作室
06月24日
第20回 「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」各講座の詳細&単独チケットのご案内 MS Live! 制作室
06月09日
第19回 「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」通しチケットのご案内 MS Live! 制作室
05月22日
MSLive! 大人のためのサマー講座2021、開催します! MS Live! 制作室
05月04日
第17回 MSLive! 1周年。これまで開催してきた講座を一挙紹介します!! MS Live! 制作室
05月01日
MSLive! 配信とアーカイブ一覧 MS Live! 制作室
04月29日
第16回 「学習権」をめぐる対話〜森田真生・瀬戸昌宣 MS Live! 制作室
01月13日
第15回 「学びの未来」のこれまでとこれから MS Live! 制作室
01月02日
MSLive!の参加方法 MS Live! 制作室
12月30日
第14回 「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催します! MS Live! 制作室
10月29日
第12回 11月のMSLive! MS Live! 制作室
09月28日
第11回 「大人のためのオータム講座2020」開催します! MS Live! 制作室
09月22日
第10回 10月のMSLive! MS Live! 制作室
09月15日
MSLive!が定額・見放題に! MS College、はじめます。 MS Live! 制作室
08月27日
第8回 MS Live! 制作室
07月12日
第7回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」各講座の詳細 MS Live! 制作室
07月10日
「こどもとおとなのサマースクール 2020」各講座の詳細&チケット MS Live! 制作室
07月07日
第6回 「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内 MS Live! 制作室
07月07日
第5回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」開催のごあいさつ&チケットのご案内 MS Live! 制作室
07月03日
第4回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」&「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催します! MS Live! 制作室
06月22日
MSLive! 連続講座、続々開催中! MS Live! 制作室
05月27日
第1回 MSLive!の裏側、お届けします MS Live! 制作室
ページトップへ