マロン彦の小冒険マロン彦の小冒険

第2回

2018.05.10更新

佐藤 ジュンコ

佐藤 ジュンコ
(さとう・じゅんこ)

イラストレーター。1978年、福島県伊達郡霊山町(現・伊達市)生まれ。仙台市在住。仙台駅前の書店に勤務しながら、手描きマンガの「月刊佐藤純子」を友人知人に押し配りするうち、イラストの仕事をするようになる。2014年に書店を退職。2015年にイラストレーターになる。著書に、シリーズ「コーヒーと一冊」『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』(ミシマ社)、『月刊佐藤純子』(ちくま文庫)、『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』(ポプラ社)などがある。


編集部からのお知らせ

『佐藤ジュンコのおなか福福日記』が2018年5月22日に発売!

2018年5月22日に創刊するミシマ社の新シリーズ「手売りブックス」にて、佐藤ジュンコさんの旧連載「女のひとり飯」が『佐藤ジュンコのおなか福福日記』として本になります。乞うご期待!

fukufuku_shoei.jpg『佐藤ジュンコのおなか福福日記』佐藤ジュンコ(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 数学の贈り物数学の贈り物

    数学の贈り物

    森田 真生

    昨日、二年ぶりに、熊本の長崎書店で「数学ブックトーク」があった。会場の「リトルスターホール」は書店と同じビルの三階にある居心地のいい空間である。窓の外では、クスノキたちが気持ちよさそうに葉を揺らせている。大きな窓から、あたたかな春の光が差し込む。二年前と同じ場所で、同じ光に包まれながら、僕は、公演前最後の準備を進める。

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

この記事のバックナンバー

03月22日
第12回 佐藤 ジュンコ
02月23日
第11回 佐藤 ジュンコ
01月20日
第10回 佐藤 ジュンコ
12月16日
第9回 佐藤 ジュンコ
11月09日
第8回 佐藤 ジュンコ
10月22日
第7回 佐藤 ジュンコ
09月21日
第6回 佐藤 ジュンコ
08月14日
第5回 佐藤 ジュンコ
07月04日
第4回 佐藤 ジュンコ
06月16日
第3回 佐藤 ジュンコ
05月10日
第2回 佐藤 ジュンコ
04月20日
第1回 佐藤 ジュンコ
ページトップへ