マロン彦の小冒険マロン彦の小冒険

第6回

2018.09.21更新

佐藤 ジュンコ

佐藤 ジュンコ
(さとう・じゅんこ)

イラストレーター。1978年、福島県伊達郡霊山町(現・伊達市)生まれ。仙台市在住。仙台駅前の書店に勤務しながら、手描きマンガの「月刊佐藤純子」を友人知人に押し配りするうち、イラストの仕事をするようになる。2014年に書店を退職。2015年にイラストレーターになる。著書に、シリーズ「コーヒーと一冊」『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』(ミシマ社)、『月刊佐藤純子』(ちくま文庫)、『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』(ポプラ社)などがある。


編集部からのお知らせ

【栗尾根マロン彦のたらちねロマン飛行・里帰りSJS編】

今年7月にオープンした仙台市の本屋さん<ボタン>さんで、マロン彦の小さな展示を開催します。那覇市の<市場の古本屋ウララ>さん訪問時に製作したイラストも展示します。

2018年9月22日(土)〜10月5日(金)
*9月24日(月)・25日(火)・30日(日)・10月1日(月)お休み

ボタン
宮城県仙台市青葉区花京院2-1-40南側
11:00〜19:00

期間中、小さな会も開かれます。

【小さなお話会と手売りサイン会】

ボタン店主・薄田さんが「ジュンコさんがどんな本を読んだり、何を見たりしてきたのかが気になる」ということで、ふたりでお話をする小さな会です。
トーク終了後、手売りサイン会を開催します。対象書籍は当日の手売り販売分のみとなります。

2018年9月23日(日)
17:00〜小さなお話会「読んできたもの、見てきたもの」
17:30〜手売りサイン会

定員:15名(要予約)
参加費:無料(投げ銭歓迎・ささやかなおまけ付き)

*お申し込み
件名を「9/23イベント」として、本文にお名前・人数・お電話番号をご記入の上、
memes_z@yahoo.co.jp
までお送りください。
ご予約確定の返信をもって、受付完了といたします。(メールの受信設定にご注意ください。)

また、2018年10月19日(金)発売の『ちゃぶ台Vol.4』には、佐藤ジュンコさんによる「女のひとり飯 はじめてのOJS(沖縄ジェットセット)号」が掲載されます。どうぞご期待ください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

この記事のバックナンバー

09月21日
第6回 佐藤 ジュンコ
08月14日
第5回 佐藤 ジュンコ
07月04日
第4回 佐藤 ジュンコ
06月16日
第3回 佐藤 ジュンコ
05月10日
第2回 佐藤 ジュンコ
04月20日
第1回 佐藤 ジュンコ
ページトップへ