マロン彦の小冒険マロン彦の小冒険

第9回

2018.12.16更新

佐藤 ジュンコ

佐藤 ジュンコ
(さとう・じゅんこ)

イラストレーター。1978年、福島県伊達郡霊山町(現・伊達市)生まれ。仙台市在住。仙台駅前の書店に勤務しながら、手描きマンガの「月刊佐藤純子」を友人知人に押し配りするうち、イラストの仕事をするようになる。2014年に書店を退職。2015年にイラストレーターになる。著書に、シリーズ「コーヒーと一冊」『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』(ミシマ社)、『月刊佐藤純子』(ちくま文庫)、『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』(ポプラ社)などがある。


編集部からのお知らせ

2018年10月19日(金)発売の『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台vol.4 「発酵×経済」号』には、佐藤ジュンコさんによる「女のひとり飯 はじめてのOJS(沖縄ジェットセット)号」が掲載されています。そちらもぜひお読みください!

chabudai4_shoei.jpg
ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台vol.4 「発酵×経済」号

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月24日
第23回 佐藤 ジュンコ
01月28日
第22回 佐藤 ジュンコ
12月22日
第21回 佐藤 ジュンコ
11月21日
第20回 佐藤 ジュンコ
10月25日
第19回 佐藤 ジュンコ
09月20日
第18回 佐藤 ジュンコ
08月27日
第17回 佐藤 ジュンコ
07月18日
第16回 佐藤 ジュンコ
06月23日
第15回 佐藤 ジュンコ
05月11日
第14回 佐藤 ジュンコ
04月20日
第13回 佐藤 ジュンコ
03月22日
第12回 佐藤 ジュンコ
02月23日
第11回 佐藤 ジュンコ
01月20日
第10回 佐藤 ジュンコ
12月16日
第9回 佐藤 ジュンコ
11月09日
第8回 佐藤 ジュンコ
10月22日
第7回 佐藤 ジュンコ
09月21日
第6回 佐藤 ジュンコ
08月14日
第5回 佐藤 ジュンコ
07月04日
第4回 佐藤 ジュンコ
06月16日
第3回 佐藤 ジュンコ
05月10日
第2回 佐藤 ジュンコ
04月20日
第1回 佐藤 ジュンコ
ページトップへ