電子書籍しません宣言、撤回します!

電子書籍第4弾、映画原作『ボクは坊さん。』など5タイトル刊行!

2020.09.10更新

 こんにちは。電子書籍担当のモリこと岡田森です。

 毎月10日ごろにリリースしております、ミシマ社の電子書籍。
 今日のミシマガでは、本日電子版をリリースした5タイトルをご紹介します。
 懐かしい本もありますので、この機に、電子でも紙でも、お好みの方法で楽しんでいただければ幸いです。

 さらに!
 今回、『ボクは坊さん。』の著者、白川密成さんから電子化に寄せてメッセージをいただきました!
 早速お読みください。

ボクは坊さん。

0910_1.jpg

『ボクは坊さん。』

ー初めての本を書いてー

 このたび、僕の書籍デビュー作である『ボクは坊さん。』が電子書籍として発売されることになり、とてもうれしく思っています。僕自身、紙の本を読むことの方が多いですが、自分にとって大切な本を色々な場所で読みたくて、電子書籍でも同じ本を買ったり、はじめて読む本を電子書籍で買う機会も増えてきました。

 この『ボクは坊さん。』は、不思議な魅力を持った本で、本を書くたびに意識していました。最近、読み直す機会があって「もうこの本と対決するのはやめよう」と思いました。なぜなら今の僕にしか書けないものがあるように、この本には、「あの時」にしか書けないキラキラとした輝きが詰め込まれているからです。

 坊さん1年生の青春小説のような疾走感、その中でストンと登場する釈尊や空海の言葉、現代の中で自分なりに宗教からのメッセージを聴こうとすること...、それをそのままパッケージしたこの本は、あらゆる年代の方に読まれ何年もかけて版を重ねてゆき、映画化も実現しました。

 今、電子書籍という新しい形で、仏教に興味がある人もない人も、若い人も年齢を重ねた人も、そっとこの本をポケットやバッグに入れて、時々手にとってもらえると、うれしいです。

 僕は、自分の人生を終える時にもそんなことを思うのかも知れません。「本を開いてくれれば、そこにいるから」と。

 『ボクは坊さん。』は、『坊さん、父になる。』『坊さん、ぼーっとする。』と続いています。
 また、現在、MSLive!のオンライン講座として「密成和尚の土曜講話ーーサタデー・ミッセイーー」を開催しています。(次回は9/26(土)開催)
 白川密成さんの言葉に、さまざまな形で触れていただければ幸いです。

『増補版 街場の中国論』

0910_2.jpg

『増補版 街場の中国論』

内田樹先生が「街場のふつうの人だったら、知っていそうなこと」に基づいて中国という国を分析。名推理が冴えわたる中国論です! 発刊後、内田先生は公安調査庁の人に「中国の内部情報をどうやって手に入れたのか?」と聞かれたそうです。

※内田先生ニュース!※
内田先生の新刊、『日本習合論』を来週9/19(土)に発刊します!
(後日、電子版もリリース予定です)
『街場の戦争論』以来、6年ぶりの書き下ろし単著です!
9/17(木)には、刊行記念イベントとしてオンライン対談「内田樹×朴東燮「『日本習合論』発刊記念 これからの時代は<習合>で生きる」を開催します!

『小田嶋隆のコラム道』

0910_3.jpg

『小田嶋隆のコラム道』

コラムニスト・小田嶋隆さんが、コラムそのものについて語った傑作です。コラムの書き方について語っている文章自体が読み物として面白いという、実用性もエンタメ性も高い深遠なコラム道。この本の実践編というべき『小田嶋隆のコラムの切り口』も紙・電子で大好評発売中!

『書いて生きていく プロ文章論』

0910_4.jpg

『書いて生きていく プロ文章論』

数々のベストセラーを手がける上阪徹さんが明かす文章論。文章の書き方のみならず、取材の仕方や、コミュニケーションの取り方など、文章を書く上で必要な技術や姿勢がぎっしり詰まった1冊です。全ての「書く人」の参考になる本です。

『モヤモヤの正体 迷惑とワガママの呪いを解く』

0910_5.jpg

『モヤモヤの正体 迷惑とワガママの呪いを解く』

この本の発売は2020年の1月だったのですが、その後のコロナ禍を経て読み返すと、「ああ、いま私たちが感じているモヤモヤの正体は、これか・・・」という新たな発見があります。この息苦しい状況を脱するための糸口となりうる本だと思います。


電子書籍を始めるまでの経緯はこちら

リトルモアさんとの共同特設ページはこちら

→特設ページからも各書籍の販売ページにリンクできます!

 今月もリトルモアさんとの共同リリースです。
 リトルモアさんの今回のリリースは、鄭義信さんの戯曲2冊です!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

この記事のバックナンバー

05月10日
第23回 電子書籍第23弾、いしいしんじさん本&手売りブックスが電子化! ミシマガ編集部
04月11日
電子書籍第22弾、『教えて!タリバンのこと』&『<貧乏>のススメ』がリリース! ミシマガ編集部
03月10日
電子書籍第21弾、平川克美先生の新刊『共有地をつくる』&既刊『消費をやめる』 ミシマガ編集部
02月14日
電子書籍第20弾、話題新刊『気のはなし』&ロングセラー『女、今日も仕事する』 ミシマガ編集部
01月10日
電子書籍第19弾、身体が元気になる3冊リリース! ミシマガ編集部
12月14日
電子書籍第18弾、『みゃーこ湯のトタンくん』電子版同時リリース! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第17弾、10月刊『思いがけず利他』『その農地、私が買います』ほか電子化! ミシマガ編集部
10月10日
電子書籍第16弾、話題の『くらしのアナキズム』が早速電子化! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第15弾、8月刊辛口サイショーDX&仲野教授ほか3点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第14弾、安田登先生新刊『三流のすすめ』ほか ミシマガ編集部
07月12日
電子書籍第13弾、『辛口サイショーの人生案内』ほかコーヒーと一冊3点リリース! ミシマガ編集部
06月10日
電子書籍第12弾、『菌の声を聴け』『選んだ理由。』の2点をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第11弾、『時代劇聖地巡礼』『つくるをひらく』『街場の文体論』の3点をリリース! ミシマガ編集部
04月14日
電子書籍第10弾、後藤正文さん既刊&ミシマ社最新刊を一挙リリース! ミシマガ編集部
03月09日
電子書籍第9弾、『ないようである、かもしれない』『ホホホ座の反省文』 ミシマガ編集部
02月12日
電子書籍第8弾、『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』を刊行! ミシマガ編集部
12月22日
電子書籍第7弾、『上を向いてアルコール』『縁食論』を刊行! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第6弾、安田登先生『あわいの力』など4タイトル刊行! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第5弾、話題の『日本習合論』他4タイトル刊行! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第4弾、映画原作『ボクは坊さん。』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
08月11日
電子書籍第3弾、将棋ノンフィクション『等身の棋士』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
ページトップへ