電子書籍しません宣言、撤回します!

第23回

電子書籍第23弾、いしいしんじさん本&手売りブックスが電子化!

2022.05.10更新

 こんにちは。電子書籍制作部です。

 4月に発刊した、いしいしんじさんの新刊がさっそく電子書籍化。新刊と合わせて読みたい『きんじよ』。さらに『きんじよ』と同シリーズ「手売りブックス」から『京をあつめて』の3点がリリースです!

いしいしんじ『書こうとしない「かく」教室』(2022年)
いしいしんじ『きんじよ』(2018年)
丹所千佳『京をあつめて』(2018年)

書こうとしない「かく」教室

書こうとしない「かく」教室.jpg

ことばはどこから来るのか? 

なぜそれが"生きる"のか?

東京、三崎、松本、京都...移り住む土地、数奇なる半生、

創作、この三つの関係を初めてふりかえり、その謎に迫った感動の授業を一冊に!

『ぶらんこ乗り』『トリツカレ男』『ポーの話』『みずうみ』『港、モンテビデオ』...

こうした名作は、書こうとしない作家によって、どのように"かかれた" のだろうか?

 いしいしんじさんが書いてきた著作が、どういう場所で、どうやって書かれたのか。
 その背景と「かく」作業に迫る一冊が仕上がりました。
 いしいさんが実際に「かく」生活を綴った「午前の部」、いしいさんと作文で「かく」授業を行う「午後の部」。密度の濃い授業の様子を、ぜひ体験してみてください!

本の元になったMSLive!が視聴できるチケットを販売中です。
蓄音機でレコードを聴く場面も収録されています。(書籍ではp163に掲載されています)
【書籍化記念! アーカイブ特別再販(全3回分)】いしいしんじ「書こうとしない『かく』講座」通しアーカイブ視聴チケット

きんじよ

きんじよ.jpeg

いしいしんじさんと息子ひとひ君の「きんじよ」には、ホホホ座、誠光社、ミシマ社、三月書房、Hi-fiCafe・・・いろんなお店があって、へんな大人たちがいっぱい。

川端丸太町の周辺だった「きんじよ」はいつしか京都駅近くから北大路まで伸び、気づけば福岡もまた「きんじよ」になっていたのでした。

稀代の文章家いしいしんじさんによる抱きしめたくなるほどの愛おしいエッセイ集。

『書こうとしない「かく」教室』と合わせて読んでいただきたいのが、2018年に発刊した『きんじよ』。発刊当時、ミシマ社の京都オフィスといしいしんじさんの住まいが「ご近所」でした。ご近所の京都周辺から沖縄やバリまで世界を広げながら、いしいさん親子の日々が綴られています。題字はいしいさんの息子さんであるひとひくんが書いたものです。

きんじよシール.jpeg▲表紙の車のシールも、ひとひくん作。電子版でも表紙に画像として入っているので、拡大して見ることもできます。

京をあつめて

京をあつめて.jpeg

たくさんの「好き」がわたしを形づくる。

好きなものを、愛したい。大切なものを、大事にしたい。

いくつもの「好き」を、いつまでも忘れないように。

京都に住み、京都を愛する編集者が、春夏秋冬を彩るかわいい、おいしい、切ない、楽しい、心踊る「京」の断片を綴る。

 『きんじよ』と『京をあつめて』は、「手売りブックス」というシリーズで同時発刊した書籍です。「京都」が主な舞台になっていることも共通点の一つ。
 『京をあつめて』は「PHPスペシャル」や「mille」の編集長を務める丹所千佳さんが、京都で過ごす日常の断片を綴った一冊。この本を携えて京都巡りをすればもっと楽しくなります。

京をあつめてカラー.JPG

▲電子書籍版でも、カラー写真がきれいに入っています!

 「手売りブックス」シリーズは「本屋さんで読者さんに手渡しをする」時に感じた熱量を形にしたいという思いから生まれたシリーズです。専用の「手売りブックスシール」は、書店さんがおすすめコメントを書いたり、著者さんのサインが入っていたりと、アレンジ無限大のシールです。
(残念ながら電子書籍版にはありませんので、気になった方はぜひ書籍でお求めください。)

「『手売りブックス』についてもっと知りたい!」と思った方は、ぜひミシマガジン「手売りブックス通信」をご覧ください。シリーズ発足の話や、装丁にまつわるあれこれが読めます!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

「手売りブックス」シリーズ、2ヶ月連続で電子化!
来月6月は「手売りブックス」の『佐藤ジュンコのおなか福福日記』、松樟太郎『究極の文字を求めて』、宮本しばに(文)・野口さとこ(写真)『おむすびのにぎりかた』をリリース予定です。
なかなか「手売り」が難しい状況が続きますが、いろいろな届け方を模索していきます。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

この記事のバックナンバー

05月10日
第23回 電子書籍第23弾、いしいしんじさん本&手売りブックスが電子化! ミシマガ編集部
04月11日
電子書籍第22弾、『教えて!タリバンのこと』&『<貧乏>のススメ』がリリース! ミシマガ編集部
03月10日
電子書籍第21弾、平川克美先生の新刊『共有地をつくる』&既刊『消費をやめる』 ミシマガ編集部
02月14日
電子書籍第20弾、話題新刊『気のはなし』&ロングセラー『女、今日も仕事する』 ミシマガ編集部
01月10日
電子書籍第19弾、身体が元気になる3冊リリース! ミシマガ編集部
12月14日
電子書籍第18弾、『みゃーこ湯のトタンくん』電子版同時リリース! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第17弾、10月刊『思いがけず利他』『その農地、私が買います』ほか電子化! ミシマガ編集部
10月10日
電子書籍第16弾、話題の『くらしのアナキズム』が早速電子化! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第15弾、8月刊辛口サイショーDX&仲野教授ほか3点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第14弾、安田登先生新刊『三流のすすめ』ほか ミシマガ編集部
07月12日
電子書籍第13弾、『辛口サイショーの人生案内』ほかコーヒーと一冊3点リリース! ミシマガ編集部
06月10日
電子書籍第12弾、『菌の声を聴け』『選んだ理由。』の2点をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第11弾、『時代劇聖地巡礼』『つくるをひらく』『街場の文体論』の3点をリリース! ミシマガ編集部
04月14日
電子書籍第10弾、後藤正文さん既刊&ミシマ社最新刊を一挙リリース! ミシマガ編集部
03月09日
電子書籍第9弾、『ないようである、かもしれない』『ホホホ座の反省文』 ミシマガ編集部
02月12日
電子書籍第8弾、『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』を刊行! ミシマガ編集部
12月22日
電子書籍第7弾、『上を向いてアルコール』『縁食論』を刊行! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第6弾、安田登先生『あわいの力』など4タイトル刊行! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第5弾、話題の『日本習合論』他4タイトル刊行! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第4弾、映画原作『ボクは坊さん。』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
08月11日
電子書籍第3弾、将棋ノンフィクション『等身の棋士』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
ページトップへ