電子書籍しません宣言、撤回します!

第24回

電子書籍第24弾、手売りブックス3点が電子化!

2022.06.13更新

 こんにちは。ミシマ社電子書籍制作チームです。
 6月は手売りブックス3点が電子書籍化します。
 コミックエッセイや写真がたくさんの本など盛りだくさん!

佐藤ジュンコ『佐藤ジュンコのおなか福福日記』(2018年)
松樟太郎『究極の文字を求めて』(2018年)
宮本しばに(文)・野口さとこ(写真)『おむすびのにぎりかた』(2018年)

佐藤ジュンコのおなか福福日記

re.onaka1.jpg

お腹いっぱい、胸いっぱい。

地元で、旅先で、親しい仲間や一期一会の人たちと、しみじみ味わう季節の味。
ちょっとばかりおっちょこちょいなジュンコさんの、春夏秋冬、ほがらかな日常。

 ジュンコさんが食べ歩く姿がゆるりと描かれたコミックエッセイ。タイトルの「福福」の名前の通り、読んだ後にはなんだか心が満たされる一冊です。(おなかが空くかもしれませんので、ぜひ美味しいものを食べながらお読みください)

onaka_nakami.JPG▲担当編集のホシノが登場しているコマも。

究極の文字を求めて

re.kyukyoku1.jpg


中学生の頃、自分オリジナルの文字を作ることに熱中し、青春のページをムダに破り捨てた著者は考えた。

「あれから20年、いろいろな文字を知ったうえで今、究極の文字を作ろうとしたら、もっとすばらしい文字ができるのではないか?」
そんなバカな試みに全力投球したウェブ連載は、多くのファンを獲得。そしてついに――

前著『声に出して読みづらいロシア人』にて、津村記久子氏、恩田陸氏など、そうそうたる作家陣に絶賛された松樟太郎、満を持しての新作!!


 コーヒーと一冊『声に出して読みづらいロシア人』に続き、松樟太郎先生のクセのある一冊が電子書籍化です。世界にあふれる文字をこんなふうに面白く書けるのは、おそらく松先生だけではないでしょうか。
 なかなか気軽に海外へ旅行できなくなってしまった今、文字で世界を旅行できる「世界文字紀行」を体験できます。

kyukyoku_nakami.JPG

本書に登場するいろんな古代の文字や画像、もちろんフォントがないので、
電子版の雑誌のように各ページを一枚の画像として制作しています。

*みんなのミシマガジンでは松樟太郎先生の新連載「語尾砂漠」が始まりました!
 こちらも合わせてお楽しみください。

おむすびのにぎりかた

re.omusubi1.jpg


「おむすびは単純に練習を重ねるだけでは上手くならない」

ほかほかご飯に好きな具材を合わせるだけ。
シンプルで安くて、だれでも作れる。
なのに、なんでこんなにおいしいんだろう?

酒蔵の杜氏、僧侶、染色家、醬油屋......日本各地で暮らすさまざまな人たちのにぎる「おむすび」のおいしさの謎を、料理研究家が訪ね歩く。

 創作野菜料理家の宮本しばにさんが、写真家の野口さとこさんと全国を巡り、様々な職業に携わる人の「おむすび」を取材していく一冊。
 「おむすび」からそれぞれの生き方や考え方が見えてきます。
 たかがおむすび、されどおむすび。
 読むときっとおむすびを作りたくなります。レシピ集としてもぜひ。

omusubi_nakami.JPG▲巻頭の見開き写真は、電子版でも見やすく入っています! 美味しそう。

*過去には恵文社一乗寺店@京都でおむすびのワークショップも行いました。
おむすびワークショップ&写真展開催レポート

*自由が丘オフィスメンバーで「おむすび会」をやったことも!
おむすびのにぎりかた 自由が丘編

おわりに

 電子化にあたり、改めてこの3冊を読み直しました。なんだこれ、とてもおもしろい・・・。
 電子書籍は「手から手へ」本を渡す形とは異なりますが、どの本もふとした時に読み返して、お手元に置いていただきたい本ばかりです。
 紙の書籍同様、読みやすいように制作しております!
 来月のリリースもお楽しみに。


これからも、電子書籍、ライブ配信、アーカイブ動画、そしてもちろん紙の本。
さまざまな形で「おもしろい!」をお届けします。
お好みの方法で楽しんでいただければ幸いです。


ミシマ社が電子書籍を始めた経緯はこちら

ミシマ社の電子書籍一覧はこちら

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

この記事のバックナンバー

06月13日
第24回 電子書籍第24弾、手売りブックス3点が電子化! ミシマガ編集部
05月10日
第23回 電子書籍第23弾、いしいしんじさん本&手売りブックスが電子化! ミシマガ編集部
04月11日
電子書籍第22弾、『教えて!タリバンのこと』&『<貧乏>のススメ』がリリース! ミシマガ編集部
03月10日
電子書籍第21弾、平川克美先生の新刊『共有地をつくる』&既刊『消費をやめる』 ミシマガ編集部
02月14日
電子書籍第20弾、話題新刊『気のはなし』&ロングセラー『女、今日も仕事する』 ミシマガ編集部
01月10日
電子書籍第19弾、身体が元気になる3冊リリース! ミシマガ編集部
12月14日
電子書籍第18弾、『みゃーこ湯のトタンくん』電子版同時リリース! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第17弾、10月刊『思いがけず利他』『その農地、私が買います』ほか電子化! ミシマガ編集部
10月10日
電子書籍第16弾、話題の『くらしのアナキズム』が早速電子化! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第15弾、8月刊辛口サイショーDX&仲野教授ほか3点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第14弾、安田登先生新刊『三流のすすめ』ほか ミシマガ編集部
07月12日
電子書籍第13弾、『辛口サイショーの人生案内』ほかコーヒーと一冊3点リリース! ミシマガ編集部
06月10日
電子書籍第12弾、『菌の声を聴け』『選んだ理由。』の2点をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第11弾、『時代劇聖地巡礼』『つくるをひらく』『街場の文体論』の3点をリリース! ミシマガ編集部
04月14日
電子書籍第10弾、後藤正文さん既刊&ミシマ社最新刊を一挙リリース! ミシマガ編集部
03月09日
電子書籍第9弾、『ないようである、かもしれない』『ホホホ座の反省文』 ミシマガ編集部
02月12日
電子書籍第8弾、『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』を刊行! ミシマガ編集部
12月22日
電子書籍第7弾、『上を向いてアルコール』『縁食論』を刊行! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第6弾、安田登先生『あわいの力』など4タイトル刊行! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第5弾、話題の『日本習合論』他4タイトル刊行! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第4弾、映画原作『ボクは坊さん。』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
08月11日
電子書籍第3弾、将棋ノンフィクション『等身の棋士』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
ページトップへ