電子書籍しません宣言、撤回します!

電子書籍第37弾、『桃を煮るひと』&『ここだけのごあいさつ』をリリース!

2023.07.10更新

 こんにちは。編集チームのスミです。
 今月は、くどうれいんさんの新刊『桃を煮るひと』と、ミシマ社代表・三島邦弘の『ここだけのごあいさつ』の電子書籍をリリースします。
 本日のミシマガでは、私スミがこの2冊の魅力をご紹介いたします!

【詳細はこちらから】
くどうれいん『桃を煮るひと』
三島邦弘『ここだけのごあいさつ』

桃を煮るひと

momowoniruhito_330.jpg

家事なんかしてる暇ないくらい忙しい自分と、いきいきと夕飯を作る自分をどうしても両方やりたい。

衝撃のデビュー作『わたしを空腹にしないほうがいい』から5年。
小説、エッセイ、絵本、児童書、歌集・・・多方面で活躍する気鋭の作家が、
満を持して、2作目の「食エッセイ集」を解禁。

日経新聞「プロムナード」(2022年7月〜12月)に掲載されたエッセイに、
書き下ろしをたっぷり加えた、珠玉の41編。

 6月の新刊は、くどうれいんさんによる食エッセイ集です。

 「カリカリ梅」「ひとりでご飯を食べられない」「瓶ウニ」「てのひらで切る」「あのファミチキ」「ぶどうあじあじ」・・・など、食にまつわる41編を収録。食材や料理、そして誰かとあいだで起こった食のエピソードについて、くどうさんの思い入れや「うっとり」が綴られています。味覚や食欲をとにかく刺激されるのですが、この本は「食べる」だけでなく、「生きる」そのものがぎっしり詰まった一冊です。

 とくに私の心をわしづかみにしたのは、本書内で全力で食べつづけ生活しつづけているくどうさんが、つねに全力で働きつづけている人でもあるということです。
 残業の日々で趣味に割く時間もとれないなか、慌ててコンビニで手に取るお菓子やホットスナック。自分へのご褒美として駅のお土産売り場で買った美しい和菓子。本当につらいことが起きたときに百貨店にこっそりに駆け込み飲んだフレッシュジュース。もうやだ! と仕事を切り上げて、夜に大根をまる一本調理すること。

「どんなかたちであれ、働くということは辛抱や苦悩の伴うことだなあ、と思う。夢のような職業に見えたとしても、その夢の下でちゃんとつらいという事実が、ちゃんと仕事してるぞ、という安心でもある。とはいえもうやだったらもうやだなので、きょうはもう、大根のことだけ考えようと思います。」(P100「大根の面取り」より)

 つらくなったり疲れたりすることは、ちゃんと仕事しているという実感にもつながっている。そして、そんな自分を労いふんばらせるためにも「食」は存在してくれていて、台所に立つことや、どんな状況であれ食べ物を手にすることそのものが、自分で立ち上がって生きていくための支えになる。本書を読み終えると、おいしいものをお腹いっぱい食べたような感覚とともに、全身をつかって生きている、という充実感でじわりと体温が上がるはずです。

ここだけのごあいさつ

goaisatsu_330.jpg

「ああ、これかも!」 
ちいさな組織で「おもしろい」をつづけるために――

今、感じている「危機」をどうのり超えていけばよいのか?
ある出版社の代表がぼろぼろになりながら辿り着いた、「一般論」の向こう側。

5年にわたり書きつづけた自身のテキストを読み返し、
会社を運営する喜び、痛み、気づき、反省、実感・・・を赤裸々に綴る。
いまの時代を生きる、すべてのちいさな責任者へ。

「『おもしろい』をちいさな組織や会社でつづけるために、いま必要な変化とは?」

 本書は、ミシマ社代表・三島がこの問いを抱えながら、2018年4月~2023年3月まで自身が毎月書きつづけてきたミシマ社サポーターさん宛の文章(会社の活動報告や、三島個人が当時考えていたことなど)を読みかえし、悩み、考えあぐね、その先で「ああ、これかも・・・!」という地点に辿りつくまでの道のりが綴られています。
 会社を運営し、組織を維持しながらも、同時に、あるルールや規格におさまらない「おもしろい」に果敢に挑戦したい。そう切に願う責任者の、葛藤と気づきの記録です。三島が本書に込めた思いは、ぜひこちらからお読みください。

 個人的、かつ、ミシマ社の中にいる者の感想で恐縮ですが、入社3年目の私は、本書に出てくる「自転車」というフレーズに出会い、働くということへの心構えが大きく変わりました。そうか、ミシマ社の会社員をしている私は、自分自身の身体で自転車を漕ぐ走者にならなければならないのか、と。
「自転車操業をしようとすれば、経営層も、現場も、皆が走者である」「自転車操業が基本であるちいさな会社では、メンバー全員がそれぞれ漕いで進んだ合計分だけが、会社の稼ぎとなる」「まずは自転車走者になる。そのための脚力、バランス感覚、体力、あらゆる点で、身体をつくらなければ始まらない」(P231~234より)
 今の私は、何かを始めるまえに身体をつくっている段階だと思います。誰かに引っ張ってもらうのではなく、自分で自転車に乗り、まっすぐ漕げるようにならなければならない、と思うとプレッシャーも小さくありませんが、そのぶん、仕事の基本を身につけ、自力で働ける身体を持つチャンスが開かれているとも言えます。

 ちいさな組織や会社でどう働く? ものづくり、出版、本はこれからどう変わる? そんな問いを抱えて日々頑張っているみなさま、そして、ミシマ社ってどんなことしているの? と興味を持ってくださっているみなさまにも、ぜひお手に取っていただけたらうれしいです。


 本日は『桃を煮るひと』『ここだけのごあいさつ』をご紹介しました。

 これからも、電子書籍、ライブ配信、アーカイブ動画、そしてもちろん紙の本。さまざまな形で「おもしろい!」をお届けしてまいります! 来月も、どうぞお楽しみに。


ミシマ社が電子書籍を始めた経緯はこちら

ミシマ社の電子書籍一覧はこちら

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

08月16日
【第38弾】電子書籍リリース記念、木村俊介さんの著作をご紹介します! ミシマガ編集部
07月10日
電子書籍第37弾、『桃を煮るひと』&『ここだけのごあいさつ』をリリース! ミシマガ編集部
06月12日
電子書籍第36弾、5月新刊『ピッツァ職人』&勢古浩爾さんの書籍をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第35弾、『一泊なのにこの荷物!』『人生、行きがかりじょう』の2点リリース! ミシマガ編集部
04月10日
電子書籍第34弾、『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』『言葉はこうして生き残った』の2点リリース! ミシマガ編集部
03月14日
電子書籍第33弾、『おそるおそる育休』『飲み食い世界一の大阪』の2点リリース! ミシマガ編集部
02月11日
電子書籍第32弾、『小さき者たちの』『逆行』の2点リリース! ミシマガ編集部
01月09日
電子書籍第31弾、山口ミルコさんの著作をリリース! ミシマガ編集部
12月11日
電子書籍第30弾、江弘毅さんの著作をリリース! ミシマガ編集部
11月12日
電子書籍第29弾、好評新刊『ええかげん論』&既刊2点リリース! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第28弾、話題の新刊3点を一挙リリース! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第27弾、ご飯が食べたくなる2点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第26弾、『もえる!いきもののりくつ』&『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』の2点リリース! ミシマガ編集部
07月16日
電子書籍第25弾、『中学生から知りたいウクライナのこと』ほか2点リリース! ミシマガ編集部
06月13日
電子書籍第24弾、手売りブックス3点が電子化! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第23弾、いしいしんじさん本&手売りブックスが電子化! ミシマガ編集部
04月11日
電子書籍第22弾、『教えて!タリバンのこと』&『<貧乏>のススメ』がリリース! ミシマガ編集部
03月10日
電子書籍第21弾、平川克美先生の新刊『共有地をつくる』&既刊『消費をやめる』 ミシマガ編集部
02月14日
電子書籍第20弾、話題新刊『気のはなし』&ロングセラー『女、今日も仕事する』 ミシマガ編集部
01月10日
電子書籍第19弾、身体が元気になる3冊リリース! ミシマガ編集部
12月14日
電子書籍第18弾、『みゃーこ湯のトタンくん』電子版同時リリース! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第17弾、10月刊『思いがけず利他』『その農地、私が買います』ほか電子化! ミシマガ編集部
10月10日
電子書籍第16弾、話題の『くらしのアナキズム』が早速電子化! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第15弾、8月刊辛口サイショーDX&仲野教授ほか3点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第14弾、安田登先生新刊『三流のすすめ』ほか ミシマガ編集部
07月12日
電子書籍第13弾、『辛口サイショーの人生案内』ほかコーヒーと一冊3点リリース! ミシマガ編集部
06月10日
電子書籍第12弾、『菌の声を聴け』『選んだ理由。』の2点をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第11弾、『時代劇聖地巡礼』『つくるをひらく』『街場の文体論』の3点をリリース! ミシマガ編集部
04月14日
電子書籍第10弾、後藤正文さん既刊&ミシマ社最新刊を一挙リリース! ミシマガ編集部
03月09日
電子書籍第9弾、『ないようである、かもしれない』『ホホホ座の反省文』 ミシマガ編集部
02月12日
電子書籍第8弾、『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』を刊行! ミシマガ編集部
12月22日
電子書籍第7弾、『上を向いてアルコール』『縁食論』を刊行! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第6弾、安田登先生『あわいの力』など4タイトル刊行! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第5弾、話題の『日本習合論』他4タイトル刊行! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第4弾、映画原作『ボクは坊さん。』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
08月11日
電子書籍第3弾、将棋ノンフィクション『等身の棋士』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
ページトップへ