ミシマ社の話ミシマ社の話

第93回

『ここだけのごあいさつ』――自著を告知できなかった理由について

2023.06.24更新

 もう、お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、5月に単著を出しました。
 タイトルは『ここだけのごあいさつ』
「ここだけ」というだけあり、かなり閉じた状態で発刊を迎えました。そうして現在、そのまま数カ月が過ぎようとしています。自分のtwitterやInstagramなどでも未だ告知せず。書影もあげておりません。
 読んでほしくない。・・・わけがありません。
 が、それでも告知に踏み切れずにいた。
 たぶん、私のなかでは理由はふたつあります。
 ひとつ目の理由は、それほど大きなものではありませんが、自社から出したからです。そこから生じる多少の気恥ずかしさがあったのは間違いありません。
 これまで拙著は3冊書きましたが、すべて他社版元さんから出してもらいました。なぜなら、自社には「担当編集者」がいない。もちろん、私以外にも単行本を編集しているメンバーがこの10年ほどは常時二人はいます。けれど、ふだんから私がけっこう教えたり、指示をだしたり、つまり世に言う上司と部下の関係です。対等な関係とは言いがたい。すると、どうしても遠慮が生まれ、結果、作品へのアプローチが甘くなりかねない。編集側が、著者に忖度して言うべきことを躊躇する。そんなことはあってはいけない。作品にとっては絶対に避けなければいけません。
 それだけに自著の刊行は自社からはむずかしい。そう捉えてきました。
 ところが今回の本は、自社レーベル以外の刊行こそ、よりむずかしい。なぜなら、当初、企画時は、ミシマ社サポーター向けに書いた文章(本書第2章収録)だけを集めて一冊にする予定だったからです。
 自社刊行しかないのだとすれば、編集者は? うーん。
 と、このように唸ったかといえば、そうでもありません。この数年、雑誌「ちゃぶ台」の制作で、私の書くコーナーをノザキが担当してくれていたので、その延長で担当してもらうことになりました。最近、くどうれいんさんの『桃を煮るひと』を企画・編集したことからもわかるように、メキメキと地力をつけている時期だったのも大きかったかもしれません。自社刊行でありながら担当編集者問題は浮上することなく、ごく自然に、違和感なく進みました。
 ちなみに、発行元はミシマ社ではなく、ちいさいミシマ社です。小部数レーベルを掲げて始まった「ちいさいミシマ社」は、作家さんのデビューの場であったり(前田エマ『動物になる日』など)、実験的な本をつくる場であったり(ロビン・ロイド、中川学『幸せに長生きするための今週のメニュー』など)、そうした役割も担っています。
 今回、両レーベルを通じてミシマ社でははじめて「文庫サイズ」の本にしました。こうした実験も、自分の本だからこそ、そして「ちいさいミシマ社」レーベルだからこそできたことと思っています。
 その意味で、自社レーベルで出す以外になく、それがベストだったと思っています。
 なので、自社刊行であることは、告知を数ヶ月もためらうほどの大きな理由だったわけではありません。
 それより、もっと大きな理由があったように感じています。
 先日、そのことに思い至りました。実はミシマ社の著者の方々へ献本もできていなかったので、献本に添えるお手紙に次のような文章を書いたのでした。

 献本が遅くなりましたこと、大変失礼いたしました。お詫びの気持ちでいっぱいです。
 言い訳になりますが、なぜこの本(とりわけ、第1章と第3章の書き下ろし)を書いたのか、自分自身わからずにおりました。その整理がつかないまま献本することにためらいがありました。
 ようやく最近になって、執筆の理由が自分のなかで腑に落ちてきた次第です。
 それは、会社を形骸化せずに、どうすればいきもののまま維持できるか、その問いを切実に自分自身が欲していたからにほかなりません。執筆当時、ちょっと気を抜けば、ルールと形式で会社をぬりかためかねない、そう感じていたのだと思います。そのとき、こうも思いました。
 ――融通の効かないガチガチな会社も最初からそうだったわけではないのではないか? ガードを下げ、風通しよく、みんな和気藹々とやっていた。むき身で。ところが、あるとき、とても傷つくことが起こる。必然、生物としての防御本能が働く。もう二度と傷つきたくない。そうして、あらかじめ傷つかないための「規定」を作成。それでもまた傷つく。規定の追加、ルールの強化。さらに・・・こうしたことをくりかえした結果、会社はいきものではあることを諦め、血の通わぬ無機物へ。多くの会社はこのような過程を経てきた。そして、ミシマ社も例外であることは免れない・・・。
 このような危機感のもと、次の問いを探しつづけた記録が本書です。
 形骸化した無機物にならず、血の通ったいきものとしての会社でありつづけるためには、どうすればいいのか?

 「第3章 ああ、これかも・・・!」は、発刊直前まで無我夢中で書きました。なぜこれを書くのか、自分でもわからないまま、それでも書かないではいられない。何かにつき動かされるように、上記の問いを求めて書いたのだと今は思います。
 結果、本書の最後で一つの着地点へ辿りつくことができました。
 そうして今、発刊から数ヶ月が経ち、会社がふたたびいきものへと変化しているのを感じています。
 おそらく、そう感じられたからこそ、今こうして告知をする気持ちになったのでしょう。ミシマ社の周りの方々のなかには、この数ヶ月のミシマ社のことを心配してくださっていた方もいると思われます。ご心配おかけして、すみません。
 もう、大丈夫です!
 いずれ、この間の変化についてもご報告したいです。
 まずは自著を出したからこそ、この変化が生まれた。そう実感している。というご報告だけに今日のところはとどめ、筆を置こうと思います。

三島 邦弘

三島 邦弘
(みしま・くにひろ)

1975年京都生まれ。 ミシマ社代表。「ちゃぶ台」編集長。 2006年10月、単身で株式会社ミシマ社を東京・自由が丘に設立。 2011年4月、京都にも拠点をつくる。著書に『計画と無計画のあいだ 』(河出書房新社)、『失われた感覚を求めて』(朝日新聞出版)、『パルプ・ノンフィクション~出版社つぶれるかもしれない日記』(河出書房新社)、新著に『ここだけのごあいさつ』(ちいさいミシマ社)がある。自分の足元である出版業界のシステムの遅れをなんとしようと、「一冊!取引所」を立ち上げ、奮闘中。みんなのミシマガジンで「はじめての住民運動 ~ケース:京都・北山エリア整備計画」を連載。 イラスト︰寄藤文平さん

編集部からのお知らせ

『ここだけのごあいさつ』刊行記念イベント
@大阪・梅田

『ここだけのごあいさつ』刊行を記念して、ミシマ社代表・三島邦弘と、インセクツ代表・松村貴樹さんの対談「ちいさな出版社の歩み方」を開催します!

 リトルプレス、zineなど、ちいさな出版活動のうねりが全国で起きています。
 その先駆け的存在とも言えるのが、大阪を拠点にするインセクツと、京都と東京・自由が丘の二拠点で活動するミシマ社。
 今回、両者の代表が、個人出版から商業出版まで、今ならではの「やり方」(つくり方、届け方)を紹介します。また、本や書店、出版活動がすこしでも好きな人たちにとっての「これからの楽しみ方」も語り合います。
 同時に、それぞれ出版社運営を通して感じている、「人とお金」の話や、「チームづくり」についても言及する予定です。

日  時| 2023年6月26日(月) 18:00 講演開始(17:30開場受付開始)

場  所| OIT梅田タワー2階 セミナー室201号室

     ※アクセスはこちらをご覧くださいませ

参加方法|チケット1,000円(税込)を、紀伊國屋梅田本店③番カウンターにてご購入でご参加頂けます。(定員:先着50名様)

お問合せ・ご予約| 紀伊國屋書店梅田本店 06-6372-5821 10:00~21:00

詳細はこちら

0606-8.jpg

ここだけのごあいさつ

0606-7.jpg

INSECTS Vol. 16

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

06月25日
第99回 父からの贈り物
(あるいは、「芸術と組織」考)
三島 邦弘
05月15日
第98回 時間を友だちにする 三島 邦弘
03月04日
第97回 遠くへ 三島 邦弘
01月23日
第96回 雑誌の特集は誰が決める?――読者・著者・編集者をめぐる一考察 三島 邦弘
12月21日
第95回 ここだけの2023年ミシマ社ふりかえり 三島 邦弘
10月05日
第94回 捨てない構想 三島 邦弘
06月24日
第93回 『ここだけのごあいさつ』――自著を告知できなかった理由について 三島 邦弘
04月19日
第92回 ぼけとやさしさとおもしろさと  三島 邦弘
12月22日
第91回 一冊!リトルプレスと定価について 三島 邦弘
08月27日
第90回 那須耕介さん、小田嶋隆さん、二人の遺稿集を編集してみて、今 三島 邦弘
02月21日
第89回 「さびしい」と共有地 三島 邦弘
09月17日
第88回 MIRACLE、ミラクル、みらいくる 三島 邦弘
02月09日
第87回 お金を分解する~「テマヒマかけたものをこの値段で」問題を端緒に 三島 邦弘
01月21日
第86回 遊び・縁・仕事 三島 邦弘
11月30日
第85回 ことばは自分に属さない 〜「生活者のための総合雑誌」を刊行してみて〜 三島 邦弘
07月21日
第84回 こどもも大人も遊ぶように学ぶ 三島 邦弘
06月20日
第83回 「価格破壊」から「価格創造」へ 三島 邦弘
06月08日
第82回 非常時代宣言―「ちゃぶ台Vol.6」を始める前に 三島 邦弘
04月29日
第81回 いま、出版社としてできること 三島 邦弘
04月05日
第80回 「布マスク2枚」でけっして得られない安定を 三島 邦弘
02月26日
第79回 一冊!取引所、はじめます。 三島 邦弘
01月01日
第78回 自分の足元から少しずつーー「思いっきり当事者」として 三島 邦弘
08月11日
第77回 社内クーデター勃発!? 三島 邦弘
05月29日
第76回 「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの 三島 邦弘
04月27日
第75回 編集者「捕手」論 三島 邦弘
03月28日
第74回 大義名分(笑) 三島 邦弘
02月27日
第73回 これからの出版社とこれからの書店 三島 邦弘
01月30日
第72回 ワタナベ城を落とすのじゃ! 三島 邦弘
12月25日
第71回 2期目の1年目を迎えて 三島 邦弘
11月29日
第70回 意味はわからない。けれど、やる。 三島 邦弘
10月28日
第69回 「これからの雑誌」はまだ誰も見たことがない 三島 邦弘
09月29日
第68回 紙の商業出版は、これから  三島 邦弘
08月18日
第67回 縮小しているのに成長している 三島 邦弘
07月29日
第66回 イベントが減り、営業の時代がやってくる説 三島 邦弘
06月29日
第65回 働く場所があってこそ 三島 邦弘
05月13日
第64回 当社調べ・世界初のシリーズ名 三島 邦弘
04月07日
第63回 得意な「かたち」を発見した日 三島 邦弘
ページトップへ